注目のスタートアップ

空き家管理の全国ネットワーク「日本空き家サポート」などを展開する「L&F」が資金調達

company

2022年8月8日、株式会社L&Fは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、ユナイテッド株式会社です。

L&Fは、空き家管理の全国ネットワーク「日本空き家サポート」、不動産と家族信託の相談窓口「家族信託の相談窓口」、賃貸管理会社向けオーナーWebアプリ「オーナーズクラウド」を展開しています。

「日本空き家サポート」は、独立系空き家管理専門事業者として、空き家管理、売買、賃貸、リフォーム、解体など、空き家所有者からの相談にワンストップで対応できる全国ネットワークを構築しています。

「家族信託の相談窓口」は、会員不動産会社と登録専門家(法律専門家)による全国ネットワークです。不動産と家族信託の相談窓口として、家族信託と信託契約後のアフターフォローとしての不動産経営までをサポートしています。

今回の資金は、「家族信託の相談窓口」の組織体制・テクノロジー強化に向けた人材採用、サービス認知拡大のためのマーケティングの強化に充当します。

日本では少子高齢化が進展し、65歳以上の人口は2021年に約29%だったものが、2045年には約37%になると予測されています。これに伴い認知症高齢者の数も増加すると考えられます。

認知症を患うと社会生活・対人関係に支障をきたすようになります。さらには正常な判断ができていないとみなされた場合、銀行口座が凍結されてしまう可能性があります。

口座が凍結されてしまった場合、家族が生活費を立て替えたり、口座の凍結を解除する手続きを行うことになります。

成年後見制度によって口座の凍結を解除できますが、この制度を利用するには、家庭裁判所への申立が必要となりますし、成年後見人はすべての資産の管理と定期的な家庭裁判所への報告が求められるため、大きな負担がかかります。

そのため、認知症による口座凍結の対策として、家族信託を活用することが推進されています。

家族信託とは、資産保有者が事前に家族信託を組成しておくことで、認知症などを患った際に子や孫などの家族に資産の管理・運用・処分を託せる制度です。

管理・運用・処分についてはルールを取り決めることで第三者を設定できるため、第三者に資産運用を任せ、その利益を家族が受け取ることも可能です。

一方で、家族信託は2007年からはじまった新しい制度であるため認知度が低かったり、運用のサポートのためのサービスなどが充実していないなどの課題があります。

そのため近年は家族信託の活用を促すサービスが登場しており、今後さらに広く利用されていくことが予測されます。

企業経営でも先を見据えた資金の運用・管理が重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期における資金繰り表の作成術など、資金に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ L&F サポート ネットワーク 不動産 全国 家族信託 家族信託の相談窓口 日本空き家サポート 空き家 管理
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

IoTホテルなど展開の「and factory」と不動産テックの「スマサポ」が業務提携
and factory株式会社は、株式会社スマサポと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 and factoryは、エンターテイメント、宿泊、ヘルスケアなど様々な領域でスマートフォンの事業可能…
情報ライフサイクル管理SaaS提供の「Scrumy」が4,500万円調達
2022年1月6日、株式会社Scrumyは、総額約4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 情報ライフサイクル管理SaaS「Scrumy」を提供しています。 ガバナンスと情報セキュリティ…
遠隔ICUサポートサービス提供の「T-ICU」が5.7億円調達
2021年12月28日、株式会社T-ICUは、総額5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 重症患者診療現場向けの遠隔相談サービス「リリーヴ」や、ICU・一般病棟向け遠隔モニタリング…
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を運営しています。 出張の要件を入力するだけで…
入退室管理システム「Akerun入退室管理システム」提供の「Photosynth」が17.5億円調達
2021年7月7日、株式会社Photosynthは、総額17億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートロックを活用した入退室管理システム「入退室管理システム」を提供しています。…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ