注目のスタートアップ

グローバルVC「Antler Japan」が医薬品流通プラットフォーム「Yap-cloud」を開発する「Yap」に出資

company

2024年2月27日、グローバルベンチャーキャピタルAntlerの日本法人Antler株式会社は、Yap株式会社に出資したことを発表しました。

Yapは、医薬品流通管理BPO「Yap-BPO」の提供と、医薬品流通プラットフォーム「Yap-cloud」の開発を行っています。

「Yap-BPO」は、製薬企業の流通管理に付帯する業務をDXし、正確な情報を医療機関やHCP(医療従事者)に提供することを目的としたBPOサービスです。

「Yap-cloud(ヤップ・クラウド)」は、医薬品業界に新たな医薬品流通の形を提供する独自プラットフォームです。2024年夏頃のβ版リリースを目標に、複数パートナー企業と開発しています。


少子高齢化に伴う医療費の増大への対策として、政府は薬価抑制政策を実施しています。これにより、製薬業界は売上減少に直面し、厳しい状況に置かれています。そのため、新たな市場を開拓する必要性から、製薬業界では新薬の開発がますます重要となっています。近年では、バイオ医薬品などの革新的な製品が登場し、新薬開発が活発化していますが、その一方で創薬の難易度も増しています。

このような状況下で、製薬業界は創薬にリソースを集中させるために、DXなどによる業務効率化を推進しています。

その中でもデジタル化が遅れている領域が医薬品の流通管理です。

医薬品の流通管理においては適正使用のための管理が求められます。また、最新の治療法の進化に伴い、管理が必要な品目が増加しているという課題を抱えています。

医薬品の流通管理プロセスでは、医療機関からの発注を受けた特約店(卸)が製薬企業の流通管理担当に納品の可否を確認し、施設や医師の要件を考慮して判断します。納品が不可の場合は、MR(医療情報担当者)が医療機関と調整し、再度判断を行います。

このプロセスは複雑であり、卸との連絡にはしばしばFAXが使用され、非効率な業務となっています。

Yapは、この医薬品流通管理の課題に対処するため、「Yap-BPO」を導入し、製薬企業のDXに貢献することを目指しています。

さらに新たな医薬品流通を実現する独自プラットフォームの開発も進めており、さらなるDX・流通改善に貢献していくとしています。

事業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Antler BPO BtoB DX Yap Yap-BPO アウトソーシング プラットフォーム 医療従事者 医療機関 医薬品 株式会社 業務効率化 流通 流通管理 流通管理品目 管理 製薬 製薬企業
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

卸売向けクラウド販売管理システム「DEXTRE」を展開する「One’d Technologies」とセレクトショップ「PARIGOT」やグローバル事業などを展開する「アクセ」が業務提携
2023年4月21日、One'd Technologies株式会社は、株式会社アクセと、業務提携を締結したことを発表しました。 One'd Technologiesは、卸売向けクラウド販売管理システム…
神経・精神疾患領域における革新的な新薬を開発する「アキュリスファーマ」が68億円調達
2021年10月28日、アキュリスファーマ株式会社は、総額約68億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、フランス・パリに本社を置く製薬会社Bioprojet Pharmaとの間で、睡眠障害…
金融機関における債権管理・督促回収業務をワンストップで支援する「Lecto」が1億円超調達
2021年3月22日、Lecto株式会社は、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 金融事業の複雑なオペレーション設計や属人的になりがちな債権管理・督促回収業務を一貫して支えるプロダクト…
「Swish」が1.2億円調達 オフィス空間づくりの見積時間を効率化する「Swish」β版の提供を開始
2023年4月13日、株式会社Swishは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、営業担当者・積算担当者・デザイナーの見積業務効率化を実現する「Swish」β版の提供を…
ノーコード予測AI「UMWELT」を提供する「トライエッティング」が2.5億円調達
2023年9月7日、株式会社トライエッティングは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 トライエッティングは、ノーコード予測AI「UMWELT(ウムベルト)」、自動シフト作…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】