個人事業主が事業用口座を作るメリットとは?

個人事業主の事業用口座ならおすすめはPayPay銀行。屋号付きの銀行口座をスマホで簡単に開設できる!

個人事業主・フリーランスとして開業したばかり、あるいはこれから開業しようという方のなかには、事業用の口座を新たに開設したほうが良いのか、既に持っている個人用の口座でこと足りるのか、判断に悩む方も多いのではないでしょうか。
では、個人事業主・フリーランスの方が、事業用として個人用口座をそのまま利用した場合、問題なく使い続けることはできるのでしょうか。

個人事業主・フリーランスの方の事業用口座でおすすめはPayPay銀行です。個人事業主の屋号付き口座がスマホで簡単に作れます。振込手数料は他行よりも比較的安く、インターネットで24時間365日取引可能です。本記事では、PayPay銀行の事業用口座(PayPay銀行ではビジネス用口座と呼びます)のメリットもご紹介します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

事業用として個人用口座を利用し続けるデメリット

既に持っている個人用口座を事業用口座としても利用することはできます。しかし、個人用口座を事業用として利用し続けるといくつかのデメリットが生じてしまいます。

お金の流れが見えず、確定申告がより面倒に

ひとつの口座を個人用としても事業用としても利用することになるので、個人資金と事業資金が混ざり、お金の流れが見えづらくなります。会計ソフトを利用した売上・利益の分析や、不正なお金の流れがないかの確認もやりにくくなりますし、確定申告にも余計な手間と時間がかかる可能性があります。
特に開業したての頃は、税理士に確定申告を依頼するほどの事業規模ではない場合が多いので、自分自身で確定申告することを考えて、あらかじめ事業用口座を作っておいたほうが無難です。

取引先から信用を得られない

個人用口座のまま取引をしていると、取引先に「個人用口座を利用しているということは、事業規模はそれほど大きくないだろう」と判断され、信用を得られない可能性があります。
もちろん個人用口座であることが原因で取引停止や支払不能が発生するということはありませんが、取引先が不安に感じてしまう可能性は否定できません。

事業用口座でデメリットを解消

個人用口座とは別に事業用口座を作ることで、事業資金の「見える化」が可能になり、会計ソフトとの連携による仕分けや、売上、利益、経費などもスムーズに確認でき、確定申告の作業も楽になります。

資金が厳しいスタートアップ時だからこそ、事業用口座にメリットあり

事業のスタートアップ時は売上も安定しないため、資金管理はよりシビアになります。
事業用口座を作ると、事業資金が「見える化」されるので、ファクタリングやビジネスローンなどの資金調達の予定を立てやすくなります。実際に、多くのフリーランスがこうしたファイナンス手段を利用しています。
また、屋号名義付きの銀行口座は、取引先などからは信用が得られるのはもちろん、口座名義が個人用口座と異なるので、口座間違えを防止できる効果もあります。

事業用口座ならPayPay銀行のビジネス用口座がおすすめ

個人事業主・フリーランスの方の事業用口座なら、PayPay銀行のビジネス用口座がおすすめです。

屋号付き口座を開設できて信用が得られる

PayPay銀行のビジネス用口座なら、個人事業主やフリーランスの方であっても、事業実績を証明できる書類があれば、屋号付き口座で開設可能です。

口座開設はスマホ完結

PayPay銀行でビジネス用口座を開設するのは非常に簡単。スマホから専用サイトを開き、申し込みフォームを入力し、必要書類をアップロードするだけで手続完了。銀行窓口に出向かずに、自宅にいながらにしてすべての手続きができます。

24時間365日取引可能

PayPay銀行は、スマホアプリやパソコンから24時間365日いつでも振り込みや借り入れなどの銀行取引が可能です。またコンビニATMで、好きなときに現金を引き出すことができるので、銀行の営業時間にあわせて行動する必要がなくなります。

審査不要でカード決済がすぐ使える

事業用のクレジットカードは審査や手続きに手間がかかりますが、PayPay銀行のキャッシュカードはVisaデビット機能がついているので、追加の手続きや審査なしでVisaのカード決済が利用できます。会計ソフトの月額利用料やAmazonビジネスなどのネットショッピングなどにも、もちろん使えます。

振込手数料が安い

振込手数料は、振込金額にかかわらずPayPay銀行宛が55円、他の金融機関宛が160円と、比較的安い水準なので、送金回数が多い事業であれば、コスト節約の面でもおおすめです。

ネット完結でビジネスローンを借りられる

今は大丈夫でも、未来になにがあるかわからないのがビジネスの世界。いざという時のために複数のファイナンス手段を事前に考慮するのは、事業継続のコツでもあります。
PayPay銀行には起業したてでも借りられる個人事業主向けのビジネスローンがあり、契約だけならば無料でできます。あらかじめ契約しておけば、ピンチの時はすぐに対応できるので安心です。

スマホでの取引も安心、充実のアプリ

PayPay銀行は「スマホで日本一使われる銀行」を目指しているだけあって、スマホでもわかりやすく簡単に銀行取引ができるのが特長です。ビジネス専用のアプリをはじめ、各種アプリの利便性も高いので、業務であまりパソコンを使用しない事業主の方でもスムーズに日常利用ができます。

PayPay銀行のビジネス用口座の開設方法

PayPay銀行のビジネス用口座は、個人事業主・フリーランスの方ならたった3ステップで開設できます。

STEP1:Webで必要事項を入力
Webから屋号や住所などの必要事項を入力します。

STEP2:必要書類の提出
日本国籍で「運転免許証」「マイナンバーカード」「カード型の健康保険証」のいずれかをお持ちの方ならスマホでアップロードするだけで書類の提出ができます。

STEP3:キャッシュカードが届く
キャッシュカードが郵送で送られてきます。

必要な書類

口座開設にあたり、必要な書類は2つだけです。

①本人確認資料
②事業実態確認資料

「事業実態確認資料」は事業を行っていることを銀行が確認するための書類です。
「個人事業の開業等届出書」や「所得税の青色申告承認申請書」などが使えます。
詳しくはPayPay銀行のページを確認してください。

口座開設に必要な書類(個人事業主のお客さま)

個人事業主にはPayPay銀行のビジネス用口座開設がおすすめ

以上、個人事業主が事業主用口座を作るメリットなどについてご説明しました。
個人事業主・フリーランスの方なら事業用口座を作り、個人用の口座と分けることをおすすめします。

事業用用口座としておすすめなのはPayPay銀行のビジネス用口座です。PayPay銀行なら、屋号付き口座が作れて取引先への信用にも繋がります。また、24時間365日取引できて、ビジネス向けのサービスが充実している点も魅力です。

これから個人事業主として開業したい方、あるいは開業してまもなく、これから口座開設を考えている方はぜひ、以下のリンクからPayPay銀行のビジネス用口座を開設してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせページ:https://www.paypay-bank.co.jp/business/customer.html
(お電話の他、メールフォーム・チャットでもお問い合わせ可能です)

営業時間:平日9:00〜17:00(休業日:土曜日・日曜日・祝日、12月31日〜1月3日)

(監修: PayPay銀行株式会社
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ