法人・個人事業主向けのEコマース「Amazonビジネス」の魅力とは

登録無料!購買するならビジネスに役立つサービスが満載のAmazonビジネス

コロナ禍の影響から、「日々の生活必需品の購入をオンラインで行いたい」という消費者は増えています。
それに伴い個人向けのサービスだけでなく、個人事業主や法人オンラインで購買するケースが増えてきました。

Amazonビジネスは、個人向けのEコマースであるAmazon.co.jpの利便性そのままに、ビジネス向けの機能やサービスを追加したEコマースです。
日本では2017年に開始し、様々な事業規模・業種の法人・個人事業主のお客様の調達・購買ニーズに対応しています。
アカウント登録は無料で、一部商品に法人価格や数量割引が適用されるほか、請求書払いを利用することが可能です。

ビジネスでのご利用に特化したAmazonビジネス専用の会員制プログラム「Businessプライム」(有料)では、「お急ぎ便」や「当日お急ぎ便」「お届け日時指定便」を追加料金なしで利用できるなどの特典があります。

Businessプライムの会費はユーザー数に応じて変化します。
例えば最大3ユーザーまで利用可能な年会費4,900円(税込)のEssentialsプランでは、上記の配送特典に加え、購買制限や推奨商品などを設定できる購買コントロール機能など、より多くの会員特典を利用することができます。
少規模で事業を立ち上げる起業家の方にも利便性の高いサービスです。

今回は、創業期の購買活動や備品購入の最適化を支援するAmazonビジネス」をご紹介します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

 

Amazonビジネスの魅力とは

東証一部上場企業のうち75%以上が、Amazonビジネスに登録しているのをご存じでしょうか(2020年7月31日時点)。
さらに、日本の国立大学の90%以上がAmazonビジネスに登録をしています。
業界や法人の規模にかかわらず、ビジネスにまつわる購買活動の効率を高め、ビジネスの成長を加速する基盤作りを支援する存在です。

購買のコスト削減を実現

Amazonビジネスにはさまざまなメリットがあります。

Amazonビジネスでは3,000万種類以上の法人価格が付いた商品を販売しているほか、購入数量に応じて割引が適用されることも。
さらに、後述する「Businessプライム会員」のお客様は、対象商品を購入した際に、お急ぎ便やお届け日時指定便を何度でも追加料金なしで利用することができます。

創業期は無駄な出費をなるべく抑えたいものですよね。

ビジネス購買をシンプルに

Amazonビジネスでは、個人向けAmazon.co.jp同様、ビジネス購買でも利便性の高い購買体験の提供を目指しています。
仕事で必要な商品な商品の購買活動を効率化するための様々な機能を利用できます。

数億種類の品ぞろえを提供するAmazonビジネスを利用することで、近所のお店では取り扱っていないような商品でも必要なものが見つかります。
商品にはカテゴリーが指定されており、商品名が分からなくてもキーワード検索で探すことができるのも魅力のひとつです。

日々の購買活動に費やす時間を減らし、人的リソースを確保することができるので、創業期にピッタリです。

また、Amazonの配送はスピーディーなのも嬉しいポイントです。
数億種類の豊富な商品がすぐに手に入ります。

さまざまな決済方法を選べるのも魅力の一つ

Amazonビジネスなら、注文商品や予算の管理を簡素化し分析できます。
グループごとに支払い方法の設定が可能なため、請求書払いやクレジットカード払いなど、社内ルールにあわせた決済方法を選べるのも使いやすいポイント。

請求書払いの場合、締め日を毎月5日・10日・15日・20日・25日・末日のなかから、選ぶことができます。
請求期間内に発送された商品をまとめた請求書がアカウントの管理者にEメールで届きます。
商品を注文するたびに決済したり、経費精算したりする手間がありません。
買掛け払いはキャッシュフローの観点でも嬉しいポイントです。
請求書払いの利用には、別途審査があり購入可能限度額が定められていますのでご注意ください。

承認ルールの設定や購買制限でビジネス購買のコントロールが可能

Amazonビジネスは1つのアカウントに複数ユーザーの登録が可能で、ユーザーをグループでまとめることもできます。
部署ごとにグループ分けをしたり、管理者や会計担当者など各役割をユーザー毎に設定したりできるので、アカウントの管理も簡単です。

一定の金額以上の注文は承認を必要とするなど、従業員が勝手に購買してしまうことを防ぐことも可能です。
また、商品カテゴリー単位で購買制限を行ったり、推奨商品などを設定したりできるので、購買商品を管理しやすいのも魅力の一つ。

さらに、購買にあたってガイドラインを設定し、承認ワークフローを統合することで効率化を実現できます。
購買データを活用すれば購買履歴を1か所で管理・分析できるので、クレジットカードの明細との照合なども簡単にできます。

買い物を合理化できる

Amazonビジネスには、大企業だけではなく、中小企業、個人事業主まで、幅広い事業規模で使用できるツールと機能が備わっており、購買業務を効率化することができます。

シングル・サインオン(SSO)を使えば、安全で一元化されたアクセスが可能になります。
ID管理システムの管理者がそれぞれのIDを有効化・無効化しアクセスを一元管理できるほか、既存の認証情報に基づき購買が可能なのです。
パスワードを追加で作成したり管理したりする必要がありません。
ワンクリックでログインし安全かつ簡単に利用することができます。

さらに、従業員が退職した際に生じるリスクを軽減することも可能です。
既存の購買システムやID管理システムとの統合が可能なので、統合することで購買業務の管理をシンプルにすることができます。

プライベートと仕事のアカウントが使い分けられる

Amazonでは、個人向けのAmazon.co.jpアカウント法人向けのAmazonビジネスアカウント簡単に切り替えることができます。
個人の買い物とビジネス購買を使い分けられるので、都度メールアドレスを入力する手間はありません。
情報が別々に管理されるので、セキュリティ面でも安心です。
PCだけではなくスマホなど、どんなデバイスでもアカウントの切り替えができるのも嬉しいポイントです。

ビジネス購買に特化した「Businessプライム」

Amazonビジネスには、「Businessプライム」という会員制プログラムがあります。

Businessプライム会員になると、「お急ぎ便・当日お急ぎ便が無料」で利用できます。
対象商品はプライムマークが表示されているだけではなく、Businessプライム該当商品のみを検索することができるので便利です。
さらに、追加料金なしのお届け日時指定便を利用すれば、オフィスに出社する日を指定して、商品の受け取りができるので安心です。

配送特典について詳しくは規約をご確認ください。

Businessプライム会員プラン

Businessプライムの会費のお支払いには、会員登録時にクレジットカード払いもしくは請求書払いを選ぶことができます。

会員プランは、事業規模に合わせて5種類のプランが用意されています。

【DUO】
個人向けAmazon.co.jpの会員制プログラム「Amazonプライム」会員の方限定のプランで、年間2,450円(税込)で、1ユーザーのみ利用できます。
お急ぎ便・当日お急ぎ便、お届け日時指定便が追加料金なしで利用できるだけではなく、累積購入割引も受けることができます。

【ESSENTIALS】
年間4,900円(税込)で、最大3ユーザーまで利用できます。
上記の配送特典や累積購入割引のほか、購買分析ダッシュボード(3参照者)、購買コントロール(推奨+制限+禁止)が利用可能です。

【SMALL】
年間13,500円(税込)で、最大10ユーザーまで利用できます。
配送特典や累積購入割引のほか、購買分析ダッシュボード(1設定者 + 10参照者)、購買コントロール(推奨+制限+禁止)が利用可能です。

【MEDIUM】
年間37,800円(税込)で、最大100ユーザーまで利用できます。
配送特典や累積購入割引のほか、購買分析ダッシュボード(1設定者 + 100参照者)、購買コントロール(推奨+制限+禁止)が利用可能です。

【UNLIMITED】
年間270,000円(税込)で、ユーザー数無制限のプランです。
配送特典や累積購入割引のほか、購買分析ダッシュボード(2設定者 + 100参照者)、購買コントロール(推奨+制限+禁止)が利用可能です。

創業期の購買ならお任せ!Amazonビジネス

ご紹介したようにAmazonビジネスでは、ビジネスに欠かせない事務・オフィス用品を、工数をかけずにお求めやすい価格で購入できます
工数をかけないことによって業務時間を確保でき、コスト削減を可能にするワンストップサービスは、創業期に嬉しい魅力ですよね。

Amazonビジネスでは、Businessプライム会員の「30日間の無料体験」も実施中です。
創業期のビジネスを加速させたい方は、この機会をお見逃しなく。

※Amazon、Amazon.co.jp、Amazon Business及びそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

(監修: アマゾンジャパン合同会社
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ