注目のスタートアップ

位置情報データの活用を可能にするクラウドサービスなどを提供する「クロスロケーションズ」が3.8億円調達

company

2022年8月4日、クロスロケーションズ株式会社は、総額3億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

クロスロケーションズは、独自開発の位置情報ビッグデータ解析エンジン「Location Engine」の開発と、このエンジンを使った位置情報データの活用を可能にするクラウドサービス「Location AI Platform(LAP)」など、ロケーションテック事業を展開しています。

「Location Engine」は、AI技術により膨大な量の位置情報ビッグデータを、地図・エリア・施設情報と関連づけて解析することで、さまざまな統計データとしてアウトプットする位置情報ビッグデータ解析エンジンです。

この人流データは、BI(Business Intelligence)ツールやGIS(地理情報システム)などに取り込むことでより高精度の分析を可能とします。また、クラウドDBシステム経由でCRMやDMPなどの企業システムとシームレスに連携することも可能としています。

「Location AI Platform」は、「Location Engine」によって得られる統計データを活用し、エリア分析や、人流データの準リアルタイムでの把握、生活動線や顧客のライフスタイルの推測などを可能にし、ニーズに合わせたさまざまな機能を提供しています。

GPSを搭載したスマートフォンなどから得られる位置情報データとテクノロジーをかけ合わせた領域をロケーションテックといいます。

ロケーションテックは、コロナ禍によって人流の分析のニーズが高まったことからプレイヤーの参入が増加し、一気に注目が高まりました。

位置情報データは、地図情報・店舗情報と合わせた人流の分析・需要予測・エリアマーケティング、自然災害の被害予測、物流などにおけるルートの最適化、位置情報を活用した広告の配信など、さまざまな領域で活用されています。

また、2018年11月から、日本版GPSの準天頂衛星「みちびき」4機体制によるサービス提供が開始されています。2023年には7機体制への拡充が予定されています。

「みちびき」の運用開始により、さらに位置情報データの精度が向上しデータの種類・量が飛躍的に拡大することが予測されており、これに伴いロケーションテックもさらに注目されると考えられます。

AI技術の発展により、これまでビジネスでの活用が難しかったデータの活用も可能となり、さまざまなソリューションが提供されています。また、こうしたソリューションの効果を最大化させるには、データ活用を前提とした業務環境を整えることも重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI GPS LAP Location AI Platform Location Engine エンジン クラウドサービス クロスロケーションズ ビッグデータ ロケーションテック 人流 位置情報 地図 株式会社 解析 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「フューチャーベンチャーキャピタル」が外国人向け求人掲載メディアなどを運営する「YOLO JAPAN」に投資実行
2023年4月27日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社YOLO JAPANに投資を実行したことを発表しました。 YOLO JAPANは、在留・在日外国人向けライフサポートメディア「…
量子インターネット実現を目的とした量子中継器・量子通信システム・関連技術の開発に取り組む「LQUOM」が資金調達
2023年1月31日、LQUOM株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 LQUOMは、量子インターネットの実現に必須となる量子中継器や、量子通信システム、関連技術の開発を行っています。 開…
ISMSオートメーションツール提供の「SecureNavi」が1.3億円調達
2022年3月1日、SecureNavi株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)オートメーションツール「Secure…
ゲーム・マシン・レンタルの「ミダスエンターテイメント」が5,000万円調達
2020年7月31日、、株式会社ミダスエンターテイメントは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アミューズメント施設へのゲーム・マシンのレンタル事業や、オンライン・クレーン・ゲ…
CO2排出量可視化・削減クラウドサービス「アスゼロ」提供の「アスエネ」が7億円調達
2022年9月14日、アスエネ株式会社は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 直近では、2022年4月13日に18億円の資金調達を発表しています。 CO2排出量見える化・削減SaaS…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】