「ヘイ」が店舗アプリ作成サービス「STORES ブランドアプリ」を提供開始

tool

2022年7月7日、ヘイ株式会社は、「STORES ブランドアプリ(ストアーズブランドアプリ)」の提供を開始することを発表しました。

ヘイは、ネットショップ作成サービス「STORES」や、ネットショップと連携したPOSレジアプリ「STORES レジ」、キャッシュレス決済「STORES 決済」などを展開しています。

今回提供開始した「STORES ブランドアプリ」は、店舗のアプリを簡単に作成できるサービスです。

実店舗・ネットショップの顧客・購買情報を一元管理し、顧客の利用状況を可視化・分析できます。

また、顧客情報や、最終来店からの日数、曜日、天気などさまざまな条件を組み合わせ、顧客ごとに最適化したプッシュ通知やクーポンを提供することも可能です。

小売業など実店舗型ビジネスは、コロナ禍によって大きなダメージを受けることになりました。

これをきっかけにECへと参入する事業者も増えており、大きな変化を迎えています。

実店舗は、運営にコストがかかることや顧客データを得にくいことを課題として抱えていますが、顧客との距離が近い、ブランディングがしやすいといったメリットも持ち合わせています。

そのため完全にECのみに切り替えるのではなく、ECと実店舗双方の良さをかけ合わせ、価値を最大化することが成長のために重要なことであるといわれています。

このオンラインとオフラインを融合させたマーケティング手法をOMO(Online Merges with Offline)と呼びます。

たとえば、これまでオフライン店舗とECで別々に管理されていた顧客情報を統合し、ECの購買履歴を活用しながら接客するといったことがOMOの典型的な事例となります。

一方で、このOMOの立ち上げにあたっては複雑なシステムを構築しなければならず、中小規模の事業者ではコスト・リソースの面から難しいことでもあります。

そのためOMOの立ち上げを支援するサービスやシステムのニーズが高まっているのです。

ECサイトの構築には専用のサービス・ツールが便利です。「冊子版創業手帳」では、ECサイトの構築や、ECプラットフォームの選び方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ OMO STORES アプリ ネットショップ ヘイ 一元管理 作成 分析 可視化 店舗 情報 株式会社 顧客
詳細はこちら

hey、店舗アプリ作成サービス「STORES ブランドアプリ」を提供開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

材料を識別できる超高感度・高解像X線カラー・イメージ・センサー開発の「ANSeeN」が10.8億円調達
2020年9月7日、株式会社ANSeeNは、総額10億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 静岡大学の技術である化合物半導体放射線センサの製造技術をコアとして、2011年に設立した大…
成長企業向け法人カード提供の「UPSIDER」が資金調達
2022年7月13日、株式会社UPSIDERは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、みずほキャピタルと、SMBCベンチャーキャピタルです。既存株主である三菱UFJキャピタルとあわせ、国内…
プレスリリース配信「PR TIMES」とクラウドファンディングの「CAMPFIRE」が業務提携
2019年8月29日、株式会社PR TIMESは、株式会社CAMPFIREと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 これにより、、2019年8月29日(木)から、CAMPFIREが運営するクラウ…
ヒト神経作製技術や人工シナプス形成技術を有する「Jiksak Bioengineering」が8億円調達
2022年8月29日、株式会社Jiksak Bioengineeringは、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Jiksak Bioengineeringは、神経オルガノイド「Nerv…
感覚過敏の啓蒙活動や企画開発・研究の「感覚過敏研究所」展開などの「クリスタルロード」が1,700万円調達
2021年7月15日、株式会社クリスタルロードは、総額1,700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2018年12月に、加藤路瑛氏が12歳で創業したスタートアップです。 感覚過敏の課題解決の…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ