注目のスタートアップ

コンテンツ販売プラットフォームサービス展開の「LITEVIEW」(旧:Pulit)が1億円調達

company

2022年6月1日、LITEVIEW株式会社は、約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、2022年5月13日に、Pulit株式会社からLITEVIEW株式会社に社名変更したことも併せて発表しています。

LITEVIEWは、コンテンツ販売プラットフォームサービス「LITEVIEW(ライトビュー)」を展開しています。

デジタルコンテンツを生み出すクリエイターが、独自の配信サービス(オリジナルサイト・オリジナルアプリ)を開設することができるサービスです。

動画・ライブ配信、ブログ、ライブコマース、ラジオ・音源、オンラインカウンセリング、オンライン握手/サイン会、オンラインスクールなど、あらゆるコンテンツの配信を行うことができます。

コンテンツの登録、料金設定、アプリ・サイトのデザインはすべてノーコードで自由に設定・管理することができます。

利用料金は、2021年8月基準では、コンテンツ視聴可能ユーザー数が50人、もしくは月5万円以上の売上となった場合、毎月固定のシステム利用料が発生するというモデルにしています。

現在、法人向けには正式サービスを提供しています。また、一般クリエイターにはβ版を提供しており、正式リリースは2022年7月を予定しています。

今回の資金は、人材採用、システムアップグレード、PR・マーケティングに充当します。

インターネットの広がりや、スマートフォンの普及、SNSの普及などにより、インターネットを主な活動場所とするクリエイターが数多く存在しています。

しかしインターネットは広く、アマチュアのクリエイターが無料で作品を発表することが多いため、マネタイズが難しいという環境となっています。

そのためクリエイターは作品の販売ではなく、ファンとなってくれた人からの投げ銭や有料のコミュニティの運営などを通じて収益を得るという方法をとることが多くなっています。

その主たるプラットフォームとしてパトロンサイトが挙げられます。パトロンサイトは、月額会員になってくれたファンに対し、限定のコンテンツを提供することができるサービスです。いわばファンクラブのようなものです。

一方でこのパトロンサイトはサイトデザインがプラットフォームによって固定されています。そのためクリエイターがブランディングを行ったりしたい場合は、別にオリジナルサイトなどを開設する必要があります。

パトロンサイトやオンラインサロンなど、クローズドなコミュニティや配信サイトを構築できるサービスはいくつかあります。「LITEVIWE」はそのうちのひとつで、利用料金が安価であること、簡単かつ自由にサイト・アプリをデザインできることを特徴としています。

コミュニティの運営はファンとの関係を深めるものとして、近年ビジネスにおいても注目されているマーケティングのひとつです。「冊子版創業手帳」では、インターネットを活用したPR・マーケティングのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LITEVIEW Pulit アプリ オリジナル クリエイター コンテンツ サイト デジタル プラットフォーム ライトビュー 株式会社 販売 資金調達 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

BtoB事業用駐車場プラットフォーム「at PORT」展開の「ランディット」が7,000万円調達
2021年10月13日、ランディット株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 BtoB専用の事業用駐車場手配サービス「at PORT(アットポート)」を提供しています。…
アクセラレーター・プログラム「TOHOKU GROWTH Accelerator」が開催
2019年7月25日、株式会社MAKOTOキャピタルは、仙台市と共同で、「TOHOKU GROWTH Accelerator」を実施することを発表しました。 「TOHOKU GROWTH Accele…
複業で先生をしたい人と学校をつなぐ「複業先生」運営の「LX DESIGN」が資金調達
2021年12月1日、株式会社LX DESIGNは、資金調達を実施したことを発表しました。 複業で先生をしたい人と学校をつなぐ「複業先生」を運営しています。 学校や教育施設が、教育に関わりたい多様な民…
「オリックス」が足場・仮設機材レンタル大手の「杉孝グループホールディングス」に出資
2020年12月14日、オリックス株式会社は、株式会社杉孝グループホールディングスの発行済み株式の過半数を取得することで合意したことを発表しました。 杉孝GHDは、足場機材を取り扱う株式会社杉孝を中核…
AI店舗支援SaaS「口コミコム」運営の「mov」が7億円調達
2022年5月25日、株式会社movは、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 movは、AI店舗支援SaaS「口コミコム」、店舗のマーケティングノウハウを提供するデータ・ニュースサイト…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ