注目のスタートアップ

出張支援クラウド「BORDER」運営の「ボーダー」が1.5億円調達

2020年1月22日、ボーダー株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

出張支援クラウド「BORDER」を運営しています。

以下の点を特徴としています。
・出張規程の取込や過去の出張情報の活用に伴う出張者の手配に係る業務負荷の大幅な軽減
・出張情報の集約に伴う、出張者の安全管理
・出張情報に基づく出張費用の可視化・削減

今回の資金は以下の取組みに充当されます。
・出張データ活用によるユーザー利便性向上のための開発
・提供サービス拡充のためのアライアンス強化
・新規顧客獲得のためのマーケティング強化

ボーダー株式会社 代表取締役社長 細谷 智規氏のコメント

今回のニュースにつきまして、ボーダー株式会社 代表取締役社長 細谷 智規氏よりコメントが届きました!

細谷 智規(ホソタニ トモキ)
慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、日本総合研究所にて、官公庁系のコンサルティングに従事。
2012年~2014年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にMBA留学。
MBA取得後、ボーダー株式会社を創業。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

細谷:UCLA(MBA)に留学したことがきっかけです。MBAでは、企業を取り上げたケーススタディというものがあるのですが、そこに登場する日本企業はいつまでもトヨタやホンダなど伝統的な企業であり、新興系の企業は出てきません。

様々な分野の日本企業がもっともっと世界で戦えるようになったら良いなと思い、ビジネス出張に特化したサービスを開始しました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

細谷:既にいくつかのメディア様にご紹介いただき、記事を見た企業様からお問い合わせをいただいています。また、採用面で多くの反響がありました。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

細谷:まずはビジネストラベルマネジメント(BTM)ツールとしての地位を確立したいと考えています。BTMは欧米では当たり前のように導入されていますが、日本では導入企業は多くありません。

日本企業の海外進出はこれからも増えてくると思うので、お客様の要望を取り入れながら、業務渡航の手配や管理に必要な機能を提供していきたいと思います。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BORDER ボーダー 出張 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

受付から終了まで30分で完了する脳ドック「スマート脳ドック」などを展開する「スマートスキャン」が13.7億円調達
2022年4月11日、スマートスキャン株式会社は、総額13億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートスキャンは、脳ドックのWeb予約サイト「スマート脳ドック」や、脳ドック専用の…
インフラ点検現場に特化したタブレットCADアプリを提供する「DAC-NOTE」が資金調達
2023年7月12日、DAC-NOTE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 DAC-NOTEは、インフラ点検現場に特化したタブレットCADアプリ「DAC-NOTE」を開発・提供しています…
ラグジュアリーファッションのシェアリングプラットフォームを展開する「HIVE Collective」が1.2億円調達
2022年11月16日、株式会社HIVE Collectiveは、総額約1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 HIVE Collectiveは、ラグジュアリーファッションのシェア…
ブロックチェーンゲームを開発する「TOKYO CREATION」が資金調達
2022年11月25日、株式会社TOKYO CREATIONは、資金調達を実施したことを発表しました。 TOKYO CREATIONは、ブロックチェーンを利用したTPSゲーム『Sector Seven…
電動キックボード・電動自転車のシェアリングサービス「LUUP」を展開する「Luup」が45億円調達
2023年4月25日、株式会社Luupは、約38億円の第三者割当増資および約7億円の銀行借入・リースを合わせ、計約45億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Luupは、電動キックボードや小型電…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】