注目のスタートアップ

法人向けオンラインキャリアカウンセリングプラットフォーム運営の「Kakedas」が資金調達

company

2022年3月25日、株式会社Kakedasは、資金調達を実施したことを発表しました。

Kakedasは、法人向けオンラインキャリアカウンセリングプラットフォーム「Kakedas(カケダス)」を運営しています。

これまでの組織構造では、上司・人事と従業員間で可視化・理解・心理障壁・言語化といった壁があったため、最適なコミュニケーションがとりにくいという課題がありました。

「Kakedas」は、この課題を解決するため、キャリアコンサルタント有資格者が上司・人事-従業員の間に立ち、従業員に相談しやすい環境を提供し、客観的なフィードバックを組織に提供するサービスです。

新しい働き方が定着してきたことや、フリーランス・副業が増加してきたこともあり、多くの企業では以前よりも人材の流動性が高まっています。一方で、人手不足が深刻となっているため、企業では優秀な人材の獲得競争が激しくなっています。

また、優秀な人材を獲得できたとしても組織に定着できなければ意味がありません。しかし、多くの組織では従業員と上司・人事の間で壁があり、従業員の本音が聞き出せず、最適なフォローが行えないという課題が生じています。また、従業員としても自身のキャリアアップなどのために組織内で配置換えをしてほしいと思いつつも言い出すことができないというケースもあるでしょう。

これまで人材の評価は上司・人事によって主観的に行われてきましたが、企業の成長や人材の定着、従業員の生産性の向上のためにも、客観的な評価が必要となってきてるのです。

Kakedasは上記の課題を解決するため、組織内で国家資格であるキャリアコンサルタントと従業員をマッチングし、上司・人事では聞き出せなかった本音を聞き出し、組織に客観的にフィードバックするサービス「Kakedas」を提供しています。

株式会社Kakedasのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Kakedas 代表取締役 渋川駿伍氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回は、今後の大規模な利用想定を見越したインフラやセキュリティに対する投資をするために、資金調達をしました。

・今後の展望を教えてください。

今後は販路を拡大していくことと同時に、収集しているデータを顧客に還元していくことで、より高い価値を提供していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

今回の資金調達を含めると、累計で5社の事業会社やベンチャーキャピタルの方々、並びに11名の個人株主の方々に支えられて、弊社は今日まで事業を営むことができております。

時折、私はこんなことを考えます。
“未来”とは、その“未来”を描く人の総量によって帰結されるものだと。
出資をしてくれた株主の皆様、会社に携わってくださる皆様、サービスを利用してくれている企業の皆様。
カケダスが存在することで生まれた未来は、もう既に、そして確かに、この世界に出現しており、あとはどれだけその総量を増やしていけるのかが、実現までの時間軸に影響する変数となります。

私たちは、働く人のWell-beingを実現させることをビジョンとして掲げています。
これは、SDGsにおいてはターゲット8に該当する、働きがいと経済成長を両立させること。
日本をはじめとする先進国では、経済成長によってこそ、すべてを癒してくれると信じて今日まで躍進してきました。
ですが各国では軒並み、GDPの向上とともに幸福度は比例して上昇しておりません。
いわゆる、この「幸福のパラドクス」を打破するための一手はどこにあるのでしょうか?

私たちは、盲目に脱成長を標榜するのではなく、働く人々が一人一人、真の意味で生き甲斐を見つけ、働く意味を認識することこそが、その答えだと考えます。

そのために必要なのは、徹底的な内省による自律的なライフキャリアの設計です。
そして、キャリア設計においては適切な相談相手がいることで、その解像度がさらに高まり、価値は増幅するでしょう。
カケダスではこれらの対話をデザインし、21世紀に必要とされる優しいインフラを、ユビキタスな相談環境を提供することで実現します。

人材の採用は、企業の成長にとって重要です。しかし創業期の人材採用は大きな投資のため失敗ができません。「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HR Kakedas オンライン カウンセリング カケダス キャリア キャリア・コンサルタント コミュニケーション プラットフォーム 人事 可視化 従業員 相談 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

保護犬猫マッチング・サイトなど運営の「シロップ」が2億円調達
2020年1月29日、株式会社シロップは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ペットライフ・メディア「ペトこと」、保護犬猫マッチング・サイト「OMUSUBI」を運営しています。 また、…
「創業手帳」によるセミナー「キャッチコピーの作り方講座」が1/20に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は「キャッチコピーの作り方講座」を2021年1月20日(水)に開催することを発表しました。 「キャッチコピーの作り方講座」は、キャッチコピー=伝わる文章だと捉え、伝わる文章を書くための…
人事評価クラウド・サービス提供の「HRBrain」が4億円調達
2019年10月9日、株式会社HRBrainは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事評価クラウド・サービス「HRBrain」を開発・提供しています。 従業員の目標設定から評価まで…
運送管理SaaS「アセンド・ロジ」開発の「ascend」が5,500万円調達
2021年3月10日、ascend株式会社は、5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 業務改善とデータ分析の二つの領域でDXを推進する、運送管理SaaS「アセンド・ロジ」を開発していま…
ソーシャルカレンダーアプリ「Skele」運営の「pow」が5,100万円調達
2021年7月27日、株式会社powは、総額5,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、ソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」の正式版(iOS)を公開したこともあわせて発…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ