注目のスタートアップ

ファッションとメタバースをつなぐ「クリアーション」が1.7億円調達

company

2022年3月1日、クリアーション株式会社は、総額150万ドル(約1.7億円)の資金調達を実施したことを発表しました。

また、米国法人Kreation Verse Inc.の設立も併せて発表しました。

2021年10月に、ファッション特化のNFTマーケットプレイス「KREATION」をローンチしています。

ファッションブランドのNFT商品を購入できるプライマリーマケット(1次流通)と、購入した商品をユーザー間で売買できるセカンダリーマーケット(2次流通)から構成されているプラットフォームです。

今後、ファッションブランドのゲーム業界への進出の促進(オンラインゲームへのデジタルスキンの企画・提供など)や、オリジナルブランドの立ち上げ、サイバーファッションに特化した自社メディアの作成などを行っていく予定です。

今回の資金は、米国を中心とした組織の拡充、プロダクト開発の加速などに充当されます。

2021年10月28日、Facebookはメタバース事業に注力していく姿勢を示し、社名をMeta(メタ)に変更しました。

これによりメタバースは急速に注目を集めることになり、多くの企業の参入が相次いでいます。

メタバースとは大雑把に言えばネット上に構築されたデジタル空間(≒3D空間)のことです。

当初はVRデバイスなどを装着してアクセスする、VR空間よりもさらに大規模で自由度の高い空間のことを指していました。

しかし今日ではPCやスマートフォンからアクセスできるデジタル空間もメタバースと呼ばれることもあり、その意味が多様化してきています。

ゲーム領域では、2003年に正式リリースされた『Second Life』がメタバースのさきがけとして考えられています。

『Second Life』内では、アバター、景観、建物、ファッションなど多種多様なものをユーザー自身が制作・販売することが可能で、自由度が高く、独自の経済圏が構築されていることが特徴的です。

また、近年ではオンラインバトルロワイヤルゲーム『Fortnite(フォートナイト)』が、同作の3D空間上で音楽ライブの開催やショートフィルムの上演などを行ったことで、メタバースとしての可能性を提示しています。

そして、こういったオンラインゲームでは、基本プレイが無料で、キャラクターのスキン(見た目)などを課金で手に入れるというビジネスモデルが採用されていることがあります。

オンラインFPS/TPSゲームとして非常に多くの同時接続人数を誇る人気ゲーム『Fortnite』、『Apex Legends』、『VALORANT』は、この基本プレイ無料・スキン課金のモデルを採用しています。

クリアーションは、このようなメタバースやゲームのスキン制作において、ファッションブランドの参入を促すための事業を展開していくようです。

所詮デジタルデータだという見方もあるかもしれません。しかしファッションは自己表現の一種であり、他者との関わりが主となるメタバースでは、スキン・アバターの重要度はもっとも高いと言っても過言ではないかもしれません。

NFTといった技術が登場したことにより、デジタルデータでも唯一無二の価値を持つことができるようになったため、デジタルなファッション(サイバーファッション)も、今後現実世界のファッションと同様に広まっていくと予想されます。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KREATION VR クリアーション ゲーム ファッション メタバース 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「AnyMind Group」がインフルエンサー向けD2Cインキュベーション事業「AnyMind D2C for Influencers」を開始
2020年6月9日、AnyMind Group株式会社は、「AnyMind D2C for Influencers」の提供を開始したことを発表しました。 「AnyMind D2C for Influe…
「ボケて」「TVer」など開発の「bravesoft」が4億円調達 イベント管理プラットフォーム「eventos」の機能拡充へ
2020年3月26日、bravesoft株式会社は、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン黎明期からアプリの開発を行い、「ボケて」や「TVer」など、800件以上のアプリ…
“いいモノ”を探せる情報検索サービス開発の「goo-dy.」が2,000万円調達
2020年12月24日、株式会社goo-dy.は、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 “いいモノ”を探せる情報検索サービスを開発しています。 “いいモノ”の情報を知りたい消費者…
店舗向け仕入れプラットフォーム「PORTUS」がリリース 運営元が3,000万円調達
2019年10月8日、park&port株式会社は、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、店舗向け仕入れプラットフォーム「PORTUS(ポルタス)」をリリースする…
ウィークリー/マンスリーマンション・家具家電付き賃貸プラットフォーム運営の「NOW ROOM」が4.8億円調達
2021年11月26日、株式会社NOW ROOMは、総額約4億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ウィークリー/マンスリーマンション・2年以上の家具家電付き賃貸プラットフォーム「N…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ