注目のスタートアップ

家計簿アプリ「おカネレコ」運営の「スマートアイデア」が3,500万円調達

company

2022年2月4日、スマートアイデア株式会社は、約3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、AGキャピタル株式会社です。

スマートアイデアは、家計簿アプリ「おカネレコ」・「おカネレコプラス」、開発支援サービス「サブスク開発」などを展開しています。

「サブスク開発」は、開発チームが毎月上限時間までプロダクト開発をトータルサポートする開発支援サービスです。

プロダクト開発に必要な役割・スキルをすべて持つチームのリソースを月々48万円から利用することができます。

ITビジネスではサービスやアプリの開発が必要不可欠です。

自社にエンジニアがいない、もしくは必要なだけの人手を確保できない場合は、開発を外注することとなります。

しかしコストの問題もありますし、柔軟な対応をしてもらいたいなどの要望を聞き入れてくれるような開発パートナーと出会えないこともあります。

アイデアがありながらプロジェクトを開始できないと、企業としては大きな損失につながってしまいます。

また、近年はアジャイル開発という、すばやい開発とリリースをくり返しながら次々と機能を実装していくという方法が取り入れられています。

変化の激しい市場に対応するための方法ですが、外注で最適なアジャイル開発を行う場合はビジネス側と開発側との密なコミュニケーションが必要となります。

しかしビジネス側に開発に関する知識がない場合、思った通りにプロジェクトが進まないといったことになってしまいます。

スマートアイデアはこういった課題を解決するため「サブスク開発」を提供しています。

ビジネス側と開発側に立つプロダクトマネージャーを据えることで、スムーズにプロジェクトを進行させ、仕様書がなくても新規事業を形にすることを提案しています。

またエンジニアはベトナムの人材を活用することで、高品質かつ低価格なプロダクト開発を実現しています。

創業期は必要なだけの人材を集めることが困難なこともあるでしょう。しかしスピーディな事業展開が求められるため、外注を上手に活用することが重要です。。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アプリ おカネレコ サブスク開発 スマートアイデア プロダクト開発 家計簿 株式会社 資金調達 開発 開発支援
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アート専門のWebマガジンなどを運営する「KAMADO」が資金調達
2022年9月28日、株式会社KAMADOは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、スタートアップスタジオの株式会社ガイアックスです。 KAMADOは、アート専門のWebマガジンの運営や、…
「岩谷産業」がブロックチェーンインテグレーターの「chaintope」に出資
2022年7月4日、岩谷産業株式会社は、株式会社chaintopeに出資したことを発表しました。 chaintopeは、ブロックチェーン開発プラットフォーム「Tapyrus(タピルス)」や、ブロックチ…
「ポック」が3,300万円調達 中小事業者向けサステナブルパッケージ制作サービス「POC」提供開始
2023年1月23日、株式会社ポックは、総額3,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、中小事業者向けサステナブルパッケージ制作サービス「POC(ポック)」を正式にローンチすることも…
購入型クラウドファンディングなどを展開する「CAMPFIRE」が10.6億円調達
2023年3月1日、株式会社CAMPFIREは、総額10億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CAMPFIREは、購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」や、ソーシャルグッ…
ヘリコプター遊覧・タクシーサービス「ARIAir」を展開する「アリラ」が資金調達
株式会社アリラは、2023年4月28日付けで資金調達を実施し、当初の1000万円から3600万円に増資したことを発表しました。 アリラは、ヘリコプターの遊覧・タクシーサービス「ARIAir(アリエア)…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】