注目のスタートアップ

家計簿アプリ「おカネレコ」運営の「スマートアイデア」が3,500万円調達

company

2022年2月4日、スマートアイデア株式会社は、約3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、AGキャピタル株式会社です。

スマートアイデアは、家計簿アプリ「おカネレコ」・「おカネレコプラス」、開発支援サービス「サブスク開発」などを展開しています。

「サブスク開発」は、開発チームが毎月上限時間までプロダクト開発をトータルサポートする開発支援サービスです。

プロダクト開発に必要な役割・スキルをすべて持つチームのリソースを月々48万円から利用することができます。

ITビジネスではサービスやアプリの開発が必要不可欠です。

自社にエンジニアがいない、もしくは必要なだけの人手を確保できない場合は、開発を外注することとなります。

しかしコストの問題もありますし、柔軟な対応をしてもらいたいなどの要望を聞き入れてくれるような開発パートナーと出会えないこともあります。

アイデアがありながらプロジェクトを開始できないと、企業としては大きな損失につながってしまいます。

また、近年はアジャイル開発という、すばやい開発とリリースをくり返しながら次々と機能を実装していくという方法が取り入れられています。

変化の激しい市場に対応するための方法ですが、外注で最適なアジャイル開発を行う場合はビジネス側と開発側との密なコミュニケーションが必要となります。

しかしビジネス側に開発に関する知識がない場合、思った通りにプロジェクトが進まないといったことになってしまいます。

スマートアイデアはこういった課題を解決するため「サブスク開発」を提供しています。

ビジネス側と開発側に立つプロダクトマネージャーを据えることで、スムーズにプロジェクトを進行させ、仕様書がなくても新規事業を形にすることを提案しています。

またエンジニアはベトナムの人材を活用することで、高品質かつ低価格なプロダクト開発を実現しています。

創業期は必要なだけの人材を集めることが困難なこともあるでしょう。しかしスピーディな事業展開が求められるため、外注を上手に活用することが重要です。。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アプリ おカネレコ サブスク開発 スマートアイデア プロダクト開発 家計簿 株式会社 資金調達 開発 開発支援
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

折り畳み電動バイクのシェアリングサービス「Shaero」運営の「シェアード・モビリティ・ネットワークス」が3億円調達
2022年2月21日、シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 折り畳み電動バイクのシェアリングサービス「Shaero(シェアロ)」を運営し…
オンライン展示会「IT&MARKETING EXPO」運営やイベントテック事業展開の「ストラーツ」が2,500万円調達
2020年11月18日、株式会社ストラーツは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン展示会「IT&MARKETING EXPO」などBtoB向けイベント事業の運営や、大…
スタートアップの資金調達をCFO/顧問として内部から主導する「T Accelerator」が会社設立
2019年8月29日、T Accelerator株式会社は、会社設立を発表しました。 スタートアップの資金調達をCFO/顧問として内部から主導する専門家集団です。 非公開の支援・投資先を含め、現在10…
電気自動車のファブレスメーカー「ASF」が12.5億円調達
2022年9月22日、ASF株式会社は、総額約12億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、コスモ石油マーケティング株式会社、JA三井リース株式会社、東京貿易グループのCVC…
ウェルネス・データ・プラットフォーム開発の「スマートスキャン」が資金調達
2019年11月22日、スマートスキャン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 医療現場の徹底的なIT化を図ることで、低価格な自費診断の脳ドック検診サービス「スマート脳ドック」を提供するク…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ