注目のスタートアップ

家計簿アプリ「おカネレコ」運営の「スマートアイデア」が3,500万円調達

company

2022年2月4日、スマートアイデア株式会社は、約3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、AGキャピタル株式会社です。

スマートアイデアは、家計簿アプリ「おカネレコ」・「おカネレコプラス」、開発支援サービス「サブスク開発」などを展開しています。

「サブスク開発」は、開発チームが毎月上限時間までプロダクト開発をトータルサポートする開発支援サービスです。

プロダクト開発に必要な役割・スキルをすべて持つチームのリソースを月々48万円から利用することができます。

ITビジネスではサービスやアプリの開発が必要不可欠です。

自社にエンジニアがいない、もしくは必要なだけの人手を確保できない場合は、開発を外注することとなります。

しかしコストの問題もありますし、柔軟な対応をしてもらいたいなどの要望を聞き入れてくれるような開発パートナーと出会えないこともあります。

アイデアがありながらプロジェクトを開始できないと、企業としては大きな損失につながってしまいます。

また、近年はアジャイル開発という、すばやい開発とリリースをくり返しながら次々と機能を実装していくという方法が取り入れられています。

変化の激しい市場に対応するための方法ですが、外注で最適なアジャイル開発を行う場合はビジネス側と開発側との密なコミュニケーションが必要となります。

しかしビジネス側に開発に関する知識がない場合、思った通りにプロジェクトが進まないといったことになってしまいます。

スマートアイデアはこういった課題を解決するため「サブスク開発」を提供しています。

ビジネス側と開発側に立つプロダクトマネージャーを据えることで、スムーズにプロジェクトを進行させ、仕様書がなくても新規事業を形にすることを提案しています。

またエンジニアはベトナムの人材を活用することで、高品質かつ低価格なプロダクト開発を実現しています。

創業期は必要なだけの人材を集めることが困難なこともあるでしょう。しかしスピーディな事業展開が求められるため、外注を上手に活用することが重要です。。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アプリ おカネレコ サブスク開発 スマートアイデア プロダクト開発 家計簿 株式会社 資金調達 開発 開発支援
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デジタル・ヘルスの「FiNC Technologies」が50億円調達
2020年1月6日、株式会社FiNC Technologiesは、総額約50億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ヘルスケア/フィットネス・アプリ「FiNC」を運営しています。 悩みや毎日の体…
不動産領域の資産運用・管理プラットフォーム提供の「WealthPark」が9億円調達
2020年8月5日、WealthPark株式会社は、総額9億700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 保有不動産の管理・運用をサポートし保有不動産の価値の最大化を支援するアプリ「Wealth…
CO2モニタリング/換気アラートシステム「hazaview」展開の「cynaps」が2,800万円調達
2021年5月12日、cynaps株式会社は、総額2,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoT対応のCO2モニタリング/換気アラートシステム「hazaview(ハザビュー)」を展開し…
チケット販売・管理システムを展開する「ECBOスクエア」が1.2億円調達
2022年4月4日、株式会社ECBOスクエアは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 直近では、2021年12月6日に総額4億6,000万円の資金調達を実施しています。 EC…
ネイリストに直接予約できるアプリ提供の「ネイリー」が1.5億円調達
2019年10月8日、株式会社ネイリーは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ネイリストに直接予約できるアプリ「Nailie(ネイリー)」を提供しています。 ネイリストが投…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ