注目のスタートアップ

独自の無線多段中継テクノロジーによる無線通信ソリューションを提供する「PicoCELA」が「西尾レントオール」から資金調達

company

2023年1月16日、PicoCELA株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、西尾レントオール株式会社です。

PicoCELAは、無線通信に関する特許技術を活用した無線通信製品の販売・ソリューション・ライセンスの提供、クラウド監視システムの販売を行っています。

西尾レントオールは、法人向けメッシュWi-Fiソリューションを実現する製品群「PCWLシリーズ」をレンタル提供しています。

「PCWLシリーズ」は、独自の無線多段中継テクノロジーにより、広大な無線LAN空間を簡単に構築し、LANケーブルを削減しつつも、高速・スムーズ・安定・連続な無線ネットワークを提供するソリューションです。


企業ではこれまで以上に継続的な成長・発展のため、デジタル化とデータ活用によって企業活動を根本的に変革する取り組みであるDX(デジタルトランスフォーメーション)が求められています。

DXの推進に伴い、企業ではSaaSやクラウドサービスの利用率や取り扱うデータ量が増加しています。

こうしたデジタル化・DXを推進するにあたって重要なのが、ネットワーク環境の構築です。

データ量が増加している時代においては、ネットワークにはスピード・安定性・柔軟性などさまざまな要件が求められます。

とくに情報通信端末が固定されていない現場などでは、Wi-Fiなどの無線通信が活用されます。

PicoCELAは、独自の無線多段中継テクノロジーにより、これまで無線LANの構築が難しかった場所の無線化や、一時的な無線LANの構築を可能にする製品群「PCWLシリーズ」を提供しています。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要であり、そのためのIT環境を構築することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ PCWLシリーズ PicoCELA Wi-Fi ネットワーク メッシュネットワーク 技術 株式会社 無線ネットワーク 無線通信 西尾レントオール 資金調達 通信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デザインコンサルティング会社「SEESAW」が「Relic」と資本業務提携
2022年11月29日、株式会社SEESAWは、株式会社Relicと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 SEESAWは、新規事業のUI/UXやブランディングに特化したデザインコンサルティ…
子ども向けプリペイドカード「シャトルペイ」展開の「シャトル」が5.5億円調達
2022年7月6日、シャトル株式会社は、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「シャトルペイ」を正式リリースしたことも併せて発表しました。 「シャトルペイ」は、子ども…
保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」やフレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」などを展開する「PETOKOTO」が資金調達
2023年5月10日、株式会社PETOKOTOは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、JR 東日本スタートアップ株式会社や、Spiral Innovation Partners LLP(…
HRテックサービスなどを開発する「N2i」が第1回無担保社債の発行により1億円調達
2023年4月26日、株式会社N2iは、2023年4月25日に、株式会社名古屋銀行を財務代理人および引受人として第1回無担保社債を発行し、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 N2iは、チャ…
メタボ予防・治療のための総合的な保健医療サービスを開発する「メドミライ」が資金調達
2023年6月28日、株式会社メドミライは、資金調達を実施したことを発表しました。 メドミライは、健康診断データ等の解析から数年後のメタボリスクを予測・可視化し行動変容につなげるアプリ「MIRAMED…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】