「メルカリ」が物流サービスの企画・開発・運営を行う新規子会社「メルロジ」を設立

tips

2021年10月28日、株式会社メルカリは、100%子会社として株式会社メルロジを設立し、新規事業を開始することを決議したことを発表しました。

メルロジは、物流サービスの企画・開発・運営を行うことを目的としています。

メルカリの持つタッチポイントを基盤に、データとテクノロジーを活用した効率的な集荷物流網を構築します。

具体的には、メルカリが持つ月間利用者2,000万人の取引データをもとに、荷量が多い場所を特定し、集荷の精度を上げることで、効率的な集荷物流網を構築します。

ほかにも全国約1,000か所で展開している「メルカリポスト」を2024年までに全国8,000か所に拡大し、リアル店舗「メルカリステーション」とあわせてタッチポイントとして活用することで、集荷効率の最大化を図ります。

これらの集荷物流網を通じ、梱包レス発送や、発送前の商品のクリーニング、リペアなどの付加価値サービスの提供を目指します。

メルカリは新規ユーザーの獲得に向けた施策を各種展開しており、着実に月間アクティブユーザー数と流通取引総額を伸ばしています。

マーケティングのほか、アプリ自体の使いやすさの向上と、発送における使いやすさの向上がユーザー獲得に結びついているとしており、今後もこの路線を継続していくようです。

EC最大手のAmazonの創業者ジェフ・ベゾス氏はAmazonをロジスティクス企業であると語っています。

彼の言葉通り、Amazonは当日配送の実現など、物流に力を入れることで大きなシェアを獲得しました。

これにより、ECでは商品の購入体験だけでなく、受け取りの体験も重要であることが示唆されています。

ユニクロとGUを運営するファーストリテイリングは物流改革を掲げ、2016年に有明に大型物流倉庫を設置し、実店舗とデジタル店舗を融合させた買い物体験を提供していくという方針を明らかにしています。

メルカリはBtoCのECではなく、個人間の取引であるCtoCのECを展開しています。

そのため、商品発送も顧客体験のひとつであり、これを改善することが市場での競争力となります。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。ただ販売するだけでなく、企業・ブランドの価値観を発信するためのものとして活用することもできます。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CtoC EC フリマ メルカリ メルロジ 新規事業 株式会社 物流
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アパレルの定額制・組み合わせ自由の購入体験型サービス「WAGOON」が台湾で本格始動
2020年9月23日、株式会社WAGOONは、「WAGOON」のWebサービスを本格ローンチしたことを発表しました。 「WAGOON」は、台湾台北市で展開されている、アパレルの定額制・組み合わせ自由の…
太陽光発電投資ファンドの「ゼック」とドイツのVPP事業者「in.power」の合併会社「ZECPOWER」が始動
2020年12月4日、株式会社ゼックは、in.power GmbHとの合併で今年新たに設立した株式会社ZECPOWERが始動したことを発表しました。 ゼックは、太陽光発電投資ファンド事業を展開していま…
クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」・クラフトバタースイーツブランド「Butters」展開の「HiOLI」が3億円調達
2021年9月3日、株式会社HiOLIは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」とクラフトバタースイーツブランド「Butter…
「Vanguard Smith」が「Strobo」と業務提携 新サービス「近隣トラブルサポート by Pサポ」を提供
2021年12月16日、株式会社Vanguard Smithは、株式会社Stroboと業務提携契約を締結したことを発表しました。 Vanguard Smithは、警察官出身者による会員制トラブル解決支…
定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス運営の「アドレス」が資金調達
2020年8月6日、株式会社アドレスは、資金調達を実施したことを発表しました。 定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス「ADDress(アドレス)」を展開しています。 “住居”を自由にするだ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ