メディア・プラットフォームの「note」がECプラットフォームの「BASE」と資本業務提携

company

2021年1月12日、note株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、BASE株式会社と資本業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。

noteは、メディア・プラットフォーム「note」を運営しています。

BASEは、ECプラットフォーム「BASE」を運営しています。

今回の提携により、D2Cビジネスを手がけるクリエイターや、個人、スモール・ビジネスで活動するクリエイターの、ファン形成・集客・販売を支援します。

具体的には、以下の取組みを行います。
・noteとBASEで開設されたネットショップ、相互への導線設置
・BASEで開設されたネットショップの管理画面から、noteに記事を投稿できる機能の設置
・noteのショッピングカテゴリの記事が集まるメディアの活性化

経済産業省の調査によると、2019年の国内のEC市場規模(BtoC)は19.4兆円(前年18.0兆円、前年比7.65%増)、BtoBは353.0兆円(前年344.2兆円、前年比2.5%増)に拡大しています。

また、2019年のCtoCの市場規模は、1兆7,407億円(前年比9.5%増)と推計されています。

商品を売るために様々な手法が使われていますが、noteは、商品の魅力やコンセプトをストーリーとして伝え共感を得るストーリーテリングに注目しています。

D2Cにおいてストーリーテリングは重要だと言われています。今後、D2C型のプロダクトが増えていくと考えられるため、noteのようなメディアがECとして影響力を持ってくるかもしれません。

プロダクト販売のためにECを考えている起業家もいるでしょう。しかしECにはいくつもの種類があり、どれが最適なのかわからないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、創業期におすすめのECや、ECの構築について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BASE D2C EC note クリエイター ネットショップ プラットフォーム メディア 支援 株式会社 販売 資本業務提携 資金調達 集客

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

組込みに特化したディープラーニング・フレームワーク「KIABER」など提供の「ディープインサイト」が資金調達
2020年7月29日、ディープインサイト株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 エッジ端末側AI処理技術を活用したソリューション事業を展開しています。 具体的には、 ・画像認識のエッジAI…
金融包摂型FinTechベンチャーの「Global Mobility Service」が17億円調達
2019年9月2日、Global Mobility Service株式会社は、総額約17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoTデバイスと管理プラットフォームを車に搭載することで、これ…
小売・商業施設のDX支援を手掛ける「COUNTERWORKS」が6.5億円調達
2020年7月14日、株式会社COUNTERWORKSは、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 小売・商業施設のDX支援を手掛けています。 具体的には、短期貸し店舗やイベント…
意欲的な学生のためのプラットフォーム「croom college」運営の「croom」が資金調達
2020年1月24日、株式会社croomは、資金調達を実施したことを発表しました。 学生の効率的なインプット、効果的なアウトプット、そしてキャリア選択を一気通貫で行えるプラットフォーム「croom c…
Webやアプリにおいて映像の視点を自由にスイッチングできる技術「SwipeVideo」提供の「AMATELUS」が資金調達
2020年7月7日、AMATELUS株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 自由視点映像やマルチ・アングル映像をWeb配信できる特許技術「SwipeVideo(スワイプビデオ)」を保有して…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ