「オルトプラス」と「NHNテコラス」が共同でゲーム運営支援サービス「ゲーム運営コスト最適化サービス」をリリース

tips

2021年9月8日、株式会社オルトプラスは、NHNテコラス株式会社と共同で、「ゲーム運営コスト最適化サービス」を2021年9月から提供することを発表しました。

オルトプラスは、『ヒプノシスマイク』などのスマートフォン・タブレット向けゲームアプリの開発や、ゲームクリエイターを支援するプラットフォーム「ゲームクリエイターズギルド」、ゲーム業界に特化したオープンコミュニティ「ゲームコミューン」の運営などを展開しています。

NHNテコラスは、AWSの導入支援や、最適化、データ活用などを幅広く支援する、ITインフラ事業を展開しています。

また親会社であるNHN JAPAN株式会社は、『ディズニー ツムツム』など様々なゲームアプリを開発・運営しています。

今回の「ゲーム運営コスト最適化サービス」は、オルトプラスが保有するゲーム運営ノウハウやニアショア/オフショアを活用したローコスト運用体制の構築による人件費削減と、NHNテコラスの提供するAWSを活用したサーバー費用の最適化サービス、NHNグループが保有するゲーム運営に関する各種運営ツールのmBaaS(mobile Backend as a Service)て今日によるインフラコストの削減を提供するパッケージサービスです。

また、新規ゲームの開発から運営まで、幅広いフェーズで必要な支援を提供する「開発運営サービス」、ゲームタイトル/ゲーム運営権を買い取り、運営を継続する「セカンダリー/運営移管サービス」も提供します。

国内のゲーム市場規模は約2兆円で、そのうちゲームアプリは1.3兆円と過半数を上回る市場規模となっています。

ゲームアプリ市場の拡大は、ゲームアプリのクオリティの向上や、新型コロナウイルスの影響による巣篭もり需要が要因だと考えられています。

スマートフォンのスペックの向上や5Gの普及も考えると、今後もゲームアプリ市場は拡大を続けると予測されています。

しかしゲームアプリ業界は非常に厳しい競争にさらされており、リリースを待たずして開発中止が発表されるタイトルも見受けられます。

またゲームの運営に人材が割かれていまい、新規ゲームを開発するための人材を確保できないといったケースもあり、ゲームアプリの運営権を売買するゲームセカンダリー市場や、ゲームアプリ運営の外部委託市場も拡大しています。

アウトソーシングは、人手の足りない場合に非常に役に立つ手段のひとつです。上手に活用できれば創業期でも事業を拡大することができます。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングのメリットや導入ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ NHN NHN JAPAN NHNテコラス アプリ インフラ オルトプラス ゲーム ゲーム運営コスト最適化サービス コスト削減 サーバー 支援 株式会社 運営
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

相続税申告書作成クラウド・サービス提供の「better」が5,000万円調達
2020年1月15日、株式会社betterは、約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ニッセイ・キャピタル株式会社です。 また、相続税申告書が作成できるクラウド・サービス「…
サブスクリプション・ビジネス効率化・収益最大化プラットフォーム「Scalebase」運営の「アルプ」が3.15億円調達
2020年3月23日、アルプ株式会社は、総額3億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 企業におけるサブスクリプション・ビジネスの効率化・収益最大化を支援するプラットフォーム「Scal…
書類管理や顧問先質問機能などにより税理士業務を効率化する「ZoooU」開発の「Beso」が3,000万円調達
2021年12月14日、株式会社Besoは、約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 税理士業務を効率化するクラウドサービス「ZoooU(ゾー)」を開発しています。 顧問先とのやり取り…
夫婦の共有家計簿・貯金アプリ開発・運営の「OsidOri」が9,300万円調達
株式会社OsidOriは、総額約9,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 夫婦の共有家計簿・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」を開発・運営しています。 夫婦共有のお金と個人のお金を…
家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」運営の「クラス」が21億円調達
2021年9月8日、株式会社クラスは、総額約21億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」を運営しています。 100社以上のメーカーの商品と、10…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ