注目のスタートアップ

クラウド人事労務ソフトを提供する「SmartHR」が214億円調達

company

2024年7月1日、株式会社SmartHRは、総額約214億円の資金調達を実施したことを発表しました。

リード投資家は、カナダの年金基金であるオンタリオ州教職員年金基金(Ontario Teachers’ Pension Plan)のレイターステージおよび成長投資部門であるTeachers’ Venture Growth(TVG)、米大手投資会社のKKRです。

SmartHRは、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を開発・提供しています。

雇用契約、入社手続き、年末調整など、さまざまな労務手続きをペーパーレス化・効率化するサービスです。

2024年は、「HRアナリティクス」「学習管理(LMS)」「採用管理(ATS)」など複数の新規プロダクトの提供を開始しています。

また、外部システムとの豊富な連携やアプリストア「SmartHR Plus」を通じて、幅広い顧客ニーズに対応したサービスを提供しています。

今回の資金調達により、HR領域における新規プロダクト開発を推進し、マルチプロダクト展開を見据え、S&M組織を積極的に拡大していく予定です。


人事労務管理は、従業員の給与計算、社会保険手続き、入社・退社手続き、雇用契約、年末調整など、「ヒト」という経営資源に関するさまざまな管理を行っています。

人事労務管理は企業経営にとって必要不可欠の業務であり、人材の適切な管理を通じ、企業の成長をサポートしています。

このように人事労務管理は多岐にわたる業務を担っており、またその重要性も高いにも拘わらず、人手不足などによって業務が逼迫しているなどの課題を抱えている企業が多くあります。

また近年は、働き方改革、テレワーク、労働時間の適正管理など、複数の大きな変化にも対応する必要があり、より一層人事労務管理における業務効率化の重要性が高まっています。

こうした背景のもと、SmartHRは、HRテクノロジー領域におけるリーディングカンパニーとして、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の提供を通じ、人事労務管理における課題解決に貢献しています。

創業期から経営の土台となるバックオフィス体制を構築することで結果的に業務が円滑になり、より多くの利益を上げられることになります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

また、企業の成長においては資金調達が重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB HRTech SmartHR クラウド ペーパーレス化 人事 人事労務 労務 効率化 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コロナ時代の安心安全な次世代スポーツ施設を開発する「エアデジタル」が4,000万円調達
2022年3月2日、エアデジタル株式会社は、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 センサー、AR、プロジェクションマッピング技術を活用した、各種スポーツの体験型シミュレーション…
複合型ビューティーシェアサロン「SALON VILLAGE」運営の「WBP」が資金調達
2023年4月6日、株式会社WBPは、資金調達を実施したことを発表しました。 WBPは、美容従事者向け複合型ビューティーシェアサロン「SALON VILLAGE(サロンビレッジ)」を運営しています。 …
AIを活用した3Dデジタルコンテンツ制作サービスを提供する「bestat」が8,000万円調達
2023年8月18日、bestat株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 bestatは、AIを活用し3Dデジタルコンテンツを制作するサービスを提供しています。 3D画…
リテンションボット開発・提供の「Smash」が8,000万円調達
2022年1月11日、株式会社Smashは、総額8,016万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リテンションボット「Smash」を開発・提供しています。 サブスクリプションサービスや定期通販を…
コーヒーのサブスクリプションサービス運営の「POST COFFEE」が1.5億円調達
2021年7月13日、POST COFFEE株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コーヒー豆をポストに届けるサブスクリプションサービス「PostCoffee」を運…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】