注目のスタートアップ

SaaS開発/運営を容易にするプラットフォームを開発する「アンチパターン」が9,200万円調達

company

2022年4月6日、株式会社アンチパターンは、総額9,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。

アンチパターンは、SaaS開発/運営を容易にする、SaaS開発支援SaaSを開発しています。

ほかにも以下のサービス・事業を展開しています。
・AWSエンジニア特化型のスカウトサービス「engineed(エンジニード)」
・ソフトウェア開発支援事業「GATEWAY(ゲートウェイ)」
・ソフトウェア開発内製の診断から実行までを包括的に支援する「SaaSus(サースアス)」
・表参道のエンジニア特化型コミュニティスペース「HarborS(ハーバーズ)」
・プログラミング未経験の大学生が仲間と共に学ぶコミュニティ「POSSE(ポッセ)」

今回の資金は、SaaS開発支援SaaSのブラッシュアップに充当されます。

SaaS(Softwere as a Service)とは、直訳するとサービスとしてのソフトウェアという意味になります。簡単にいえばクラウドサービスとして提供されるソフトウェアのことです。

かつて法人向けのソフトウェアといえば、PC1台ごとにインストールする、買い切り型のソフトウェアや、企業のサーバーにインストールしそこにアクセスして利用するオンプレミス型が主流でした。それから高速通信が可能なブロードバンド回線が整備されるにつれ、クラウドサーバーにあるソフトウェアをユーザーがブラウザ経由で利用するというSaaSの形式が増加してきました。

SaaSは、ユーザー側にインストールなどの手間を必要とせず、PC環境が変わってもログインすれば今までと同じように使えること、多くは月額制(サブスクリプションモデル)で提供され、初期費用が抑えられること、ソフトウェアが常に最新の状態に保たれることなどのメリットがあり大きく普及しました。

一方で、SaaSの開発/運用は難度が高いものであり、多くのSaaS提供事業者が苦労している部分です。アンチパターンはこの課題を解決するため、これまでの自社でのSaaSの開発/運用経験をもとに、SaaSの開発/運用を支援するSaaSを開発しています。

今後、DXがさらに推進されるに伴ってSaaSの需要も増加していくと考えられます。SaaS開発に参入する企業の増加も予測される中、アンチパターンがSaaS開発企業にとってどのような存在となっていくのか注目が必要です。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ engineed GATEWAY HarborS POSSE SaaS SaaSus アンチパターン プラットフォーム 株式会社 資金調達 運営 開発 開発支援
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド営業支援ツール「Senses」 VC19社と提携してスタートアップ支援プランを提供開始
2021年12月22日、株式会社マツリカは、提供するクラウド営業支援ツール「Senses」において、ベンチャーキャピタル19社と提携し、スタートアップ支援プランの提供を開始したことを発表しました。 こ…
超小型人工衛星を活用した新たな宇宙利用の実現を目指す「ASTROFLASH」が資金調達
2020年12月7日、株式会社ASTROFLASHは、資金調達を実施したことを発表しました。 超小型人工衛星(CubeSat)を活用した新たな宇宙利用の実現を目指しています。 具体的には、多くの人が体…
ウェルビーイング実現のためのメンタル・トレーニング・サービス運営の「emol」が2,000万円調達
2019年12月2日、emol株式会社は、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、エンプロイー・ウェルビーイングを実現するメンタル・トレーニング・サービス「emol work…
AIカフェ・ロボット「root C」開発の「New Innovations」が1.7億円調達
2020年6月24日、株式会社New Innovationsは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIカフェ・ロボット「root C(ルートシー)」を開発しています。 A…
行政サービスのデジタル化を展開する「グラファー」が4.5億円調達
2019年12月20日、株式会社グラファーは、総額約4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 神戸市における複数の行政デジタル化プロジェクトや、近畿エリアの複数の自治体にソリューショ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ