「ジェトロ」が拠点都市8カ所においてオンラインによるアクセラレーションプログラムを実施

subsidy

2021年8月26日、ジェトロ・スタートアップ支援課は、内閣府「スタートアップ・エコシステム形成推進事業」拠点都市8カ所のスタートアップを対象としたアクセラレーションプログラムをオンラインで実施することを発表しました。

このアクセラレーションプログラムは、世界トップレベルのアクセラレーターとジェトロが提携し、日本のスタートアップのグローバル展開を支援することを目的としたものです。

販路開拓・事業提携・資金調達を目的とした「Global Scale」ステージと、グローバル展開の基礎知識の習得と海外市場展開意欲向上を目的とした「Global Preparation」ステージの、2つのステージが用意されています。

「Global Scale」には6つの専門コースが設定されています。
・Global Scale:分野問わず
・Enterprise:B2B、B2B2C、SaaS
・Bio/Healthcare:バイオ、デジタルヘルス、ヘルスケア、医療機器
・CleanTech:クリーンテック、マテリアル、エネルギー、サスティナビリティ
・University:大学発、ディープテック

「Global Scale」ではそれぞれのコースごとに10~15社(計60~70社)、「Global Preparation」では40~50社程度の支援を行います。

プログラム参加対象は、「スタートアップ・エコシステム拠点都市」のスタートアップ企業です。
・スタートアップ・エコシステム東京コンソーシアム(東京都、川崎市、横浜市、和光市、つくば市、茨城県等)
・Central Japan Startup Ecosystem Consortium(愛知県、名古屋市、浜松市等)
・大阪・京都・ひょうご神戸コンソーシアム(大阪市、京都市、神戸市等)
・福岡スタートアップ・コンソーシアム(福岡市等)
・札幌・北海道スタートアップ・エコシステム推進協議会 (札幌市等)
・仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会 (仙台市等)
・広島地域イノベーション戦略推進会議 (広島県等)
・北九州市SDGsスタートアップエコシステムコンソーシアム (北九州市等)

募集期間は、2021年8月26日(木)~9月27日(月)17時です。

参加費は無料となっています。

日本のマーケットの規模を考え海外展開を目指すスタートアップは少なくありません。しかしなかなか成功事例が生まれていません。

多くのビジネスはなんらかの課題を解決するものですが、海外でもその課題を抱えている場所はあります。

つまりニーズはあるのです。海外展開が成功しないのは、そのニーズを把握しきれていないことが大きな要因です。

そのため、自身・自社がよく見知っている国や信用できるパートナーのいる国からグローバル展開をはじめていくスタートアップもいくつか見られます。

また、海外のVCの力を借りられるのであれば、これほど頼もしいものはないでしょう。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ アクセラレーター ジェトロ スタートアップ プログラム 事業提携 支援 海外 海外展開 販路開拓 資金調達
詳細はこちら

全国8拠点スタートアップを対象とする集中支援プログラムの募集を開始

この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産の企画・開発「Unito」が7,000万円調達 サブスク住居「unito」をリリース
2020年2月25日、株式会社Unitoは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、外泊したら家賃が安くなる住居「unito(ウニット)」のサービス・サイトをオープンしたこ…
IoT通信プラットフォームやセンサーソリューション提供の「センスウェイ」が1.35億円調達
2021年5月26日、センスウェイ株式会社は、総額1億3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoT向けの通信規格LoRaWANを活用したIoT通信プラットフォーム「SenseWay …
スマートフォン向けゲーム開発などの「フリーバル」が資金調達
株式会社フリーバルは、資金調達を実施したことを発表しました。 エンターテイメント・エコシステム事業や、IPプロデュース事業、スマートフォン向けゲーム・アプリの海外配信や、ローカライズ、運営・開発、運営…
顧客対応クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が1.5億円調達
2020年8月31日、株式会社インゲージは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メール・チャット・LINE・Twitterなど様々な問い合わせ情報の一元管理・社内共有を可能…
O2Oマーケティングなどの「GENEROSITY」がMBO実施 9億円調達
2019年9月18日、株式会社GENEROSITYは、経営陣が保有する特別目的会社(SPC)を通じて、親会社であるニューホライズンキャピタル株式会社から当社株式の100%を取得し、マネジメント・バイア…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ