初心者でも企業ホームページが自分で簡単に作れる?おすすめ作成ツール紹介

ツールを使えば初心者でも高機能なホームページが作れる。一番のおすすめはサポートが手厚い「ペライチ」

これから創業を考えている方や、創業したばかりの方で、ホームページ作成を業者に頼むか、自分でやってしまうか検討されている方は少なくないでしょう。自分で作れるツールがあったとしても、個人用のホームページではなく、企業用のホームページとなれば、「やっぱり難しいのでは」と考えてしまう方も多いはずです。

しかし、本記事でご紹介するホームページ作成ツールを利用すれば、ホームページ作成初心者の方であっても、簡単にプロ並みの企業ホームページが作成できてしまいます。ほかにも、ホームページの意義や、ホームページ作成で気をつけるべきポイントなどについてもご説明しますので、企業ホームページを初心者ながらご自身で作りたい方はぜひご覧ください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

企業ホームページは初心者でも安く簡単に作れる?

「企業ホームページを初心者が作るのは難しいのでは」と思ってしまうのも仕方ありません。しかしながら、最近は初心者の方であっても企業公式レベルのきちんとしたホームページを作成できるツールがたくさん出てきています。ツールを使えば、テンプレートを少しいじるだけで、企業公式ホームページとして恥ずかしくないクオリティのホームページが作成できます。

「あまりホームページに費用をかけたくない」という場合であっても、無料とまではいきませんが、非常に安いコストでホームページ作成ができる時代になりました。

最低限、サーバー代、あるいは、ホームページツール代は必要になります。ホームページはインターネットサーバー上にHTMLファイルをアップすることで見れるようになるので、どうしてもサーバー代だけは必要になるのです。また、企業ホームページの場合、独自ドメインを取得することが一般的なので、ドメイン代もかかります。これら2つをあわせても、費用を最低限にまで抑えれば年間数千円で済みます。

初心者が自分で企業ホームページを作成するポイント

初心者が企業ホームページを自分で作成する際のポイントがあります。本項でご紹介するポイントを押さえておけば、企業として相応しいクオリティのホームページ作成をするのに役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドメイン名

ドメイン名とは、インターネット空間上のアドレスのことです。ホームページのURLは「http(s)://」まではどのホームページも一緒ですが、それ以降が異なっています。「http(s)://」の部分はご自身で自由に選択可能です。

企業ドメインの末尾には「.com」や「.co.jp」などを選択することが一般的です。とくに「.co.jp」は日本企業のホームページであることを示すドメインなので、企業ホームページを作る際には末尾は「.co.jp」にするといいかもしれません。

「http(s)://」と、末尾の「.com」や「.co.jp」などの間には、企業独自のドメインを設定できます。自社の英語名など、わかりやすくシンプルなアルファベットで構成するといいでしょう。

テンプレートが豊富なツールを使う

自社の企業公式ホームページを初心者が作成する場合、まずはホームページ作成サービスやツールを使って作るのがおすすめです。全くの初心者がゼロからプログラミングスキルを使って、現代の企業公式ホームページを作るのは困難なためです。

ホームページ作成サービスやツールを利用すれば、豊富にあるホームページのテンプレートを利用してホームページが作成できます。あらかじめ用意されているテンプレートのなかには、企業が利用するホームページに必要な機能や項目がデザインされています。

そのため、全く経験のないホームページ作成初心者の方であっても、ホームページ作成サービスのテンプレートを利用すれば、企業ホームページが簡単に作成できてしまうのです。

ホームページの機能・構成

初心者が企業ホームページを作る際、どのような機能やページを作るのか、迷ってしまうことでしょう。基本的には、最低限、企業の基本情報とサービス概要が記されていれば、企業公式ホームページとしても問題ないでしょう。

しかし、それだけではホームページの機能として片手落ちです。ホームページが優れている点は、継続的な更新を通して情報発信をしていける点にあります。その上、SNSとは違い、タイムラインに情報が流れて後から参照できない状況になりにくいです。

ホームページの役割とは?

初心者の方がホームページを作成するにあたって、あらためてホームページがビジネスをする上で果たすことのできる役割について知っておきたいのではないでしょうか。本項でご説明します。

インターネット上の「看板」になる

ホームページはいわば、インターネット上の「看板」のようなものです。企業の代表者は誰なのか、サービスの内容はどのようなものなのか、設立年はいつで、どの地域で運営しているのかなど、基本的な情報を伝えます。

また、サービスの内容自体を深く掘り下げて伝えることもできます。商品やサービスを使うだけではわからない商品情報についても、ホームページという自社媒体だからこそゆっくりと詳しく知ってもらうことが可能です。

さらに、ホームページがあるということで、ユーザーからの信用を得られます。インターネットが本格化してきた時代にあって、「ホームページがない」 = 「信用がない」ということにもなってしまうかもしれません。

24時間365日全世界に営業できる

ホームページはインターネット上に情報を置いておくことができます。インターネットは原則上、24時間365日全世界からアクセスがあるため、ユーザーに対していつでも営業をかけることができるようになります。

ホームページ上でユーザーに対して役に立つような記事コンテンツを置いておいたり、サービス紹介の記事を置いておくことで、インターネットユーザーに対して営業をかけられます。SNSに比べて、詳しくて「深い」情報を伝えられるホームページは、営業にぴったりのメディアです。

Web広告を利用できるようになる

ホームページがなければできない広告手法に、Web広告があります。GoogleやYahoo!のWeb広告は、広告をクリックした先のホームページがなければ利用できません。現代のインターネットユーザーのほとんどは、GoogleやYahoo!で検索を利用していますので、多くのユーザーに広告を使ってリーチするには、Web広告を利用するのが有効です。

Web広告は、ユーザー一人ひとりの年齢や性別、趣味嗜好などを細かく細分化してターゲティングした上で配信できる点が大きなメリットです。リピーターのみに絞って広告配信もできます。そのため、チラシや新聞広告、テレビ広告などよりも広告の精度が高いです。

また、Web広告は1日数百円程度の少額から始められます。そのため、事業を創業したばかりの起業家の方であっても、気軽に利用できるでしょう。

ホームページは見られなければ意味がない

よく言われることですが、ホームページは見られなければ意味がありません。自社ホームページのURLを知っている方であれば当然ホームページにアクセスできますが、割合としては少数です。ほとんどのユーザーは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用してキーワードを検索し、その結果としてホームページにたどり着くでしょう。

つまり、検索エンジン上で特定のキーワードで検索した結果、自社ホームページが検索結果の上位に表示されないようでは、自社ホームページが見られない可能性も高くなってしまうのです。例えば、渋谷で居酒屋を経営している場合、「渋谷 居酒屋」とGoogleなどで検索した際に、検索結果の上位にヒットしなければ、せっかく自社ホームページを作ってもあまり見てもらえません。

検索エンジン上でホームページを見てもらうための施策をSEO(検索エンジン最適化)と呼びます。以下、SEOの概要を、「コンテンツSEO」と「テクニカルSEO」に分けてご説明します。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、読む価値のある記事コンテンツを制作し、投稿することを通して、検索エンジンで検索した際に、自社ホームページをより容易に見つけてもらえるようにするための施策です。一番わかりやすい施策は、ユーザーが「読みたい」と感じるような記事コンテンツを作ることです。

例えば、美容室を営んでいる事業者の方であれば、髪が痛まないようにするヘアケア方法などをホームページで発信するのもいいでしょう。記事を実際にインターネットユーザーが読むことで、次第にその記事コンテンツが検索結果上で上位に表示されやすくなっていきます。その結果として、自社ホームページも見つけてもらいやすくなります。

テクニカルSEO

テクニカルSEOは、ホームページ作成初心者の方にはやや難易度が高いです。ぱんくずリストを作ったり、記事コンテンツの見出しにキーワードを盛り込むなど、いろいろな施策があります。

テクニカルSEOで必要なことを盛り込んでゼロからプログラミングしたホームページを作成するのはプロでないとできません。しかし、ホームページ作成サービスやツールを使えば、初心者でも、テクニカルSEOで必要な機能があらかじめ盛り込まれた状態のホームページを作成できますので、問題ありません。

初心者でも自分でホームページが作れる「ペライチ」

ホームページ作成初心者でもご自身でホームページが簡単に作れるホームページ作成サービス「ペライチ」の魅力をご紹介します。

初心者でも簡単!3ステップで作れる

ホームページ作成サービス「ペライチ」を利用すれば、初心者でも簡単に3ステップだけでホームページが作成できます。最初に、豊富なデザインテンプレートからデザインを選びます。次に、ホームページに掲載したい会社概要やサービス概要などの情報を文章や画像で作り込みます。

最後に、公開ボタンを押せば、インターネットにホームページが公開されます。難しいことはほとんどありません。ご自身で考えるべきポイントは、ホームページに載せる文章や画像の内容だけです。

日本語サポートが手厚い

ホームページ作成サービスの数は年々増えてきていますが、純国産のサービスは意外と少ないです。そんななか、「ペライチ」は純国産のホームページ作成サービスなので、わからないことがあったりした際にはすぐに日本語にてサポートが受けられます。海外製のサービスですと、サポート対応も英語対応が中心になりますので使いづらいです。

また、「ペライチ」はユーザーコミュニティの育成にも力を入れています。ちょっとした質問であればユーザーコミュニティに質問を投げることですぐに解決できる仕組みもありますので、ホームページ作成初心者の方であっても心配ありません。

オプション機能も充実

ホームページ作成初心者の方であっても、さまざまな機能を利用してみたいと思うのではないでしょうか。問い合わせフォームやスケジュールの予約機能、ECサイト機能など、高機能なホームページを作りたい場合であっても、「ペライチ」を利用すれば簡単に作れます。

ECサイトの高機能なホームページは、プログラミングをして作ろうとなると数百万円以上かかることもザラにあります。「ペライチ」を利用すれば、そのような高機能サイトでも手軽に安く作れてしまう点は大きな魅力です。

ホームページ作成初心者は「ペライチ」を使おう

創業したばかりの頃や、これから創業をする際には、ホームページ作成が必須です。しかし、初心者が企業ホームページをゼロから作るのは非常に難易度が高いです。

「ペライチ」を利用すれば、初心者の方でも3ステップで企業公式ホームページに相応しいホームページが簡単に、安く、作れてしまいます。ホームページ作成にお悩みの方はぜひ利用してみてください。

(監修: 株式会社ペライチ
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ