GMOフリーランスファクタリングで手持ちの請求書を即日現金化

会員登録不要で取引先にも伝わらないフリーランス向けファクタリング


商品や成果物の納品が完了しても、請求書支払いになっていると売上金を受け取るまでに時間がかかります。 フリーランスの方は資金的な余力があまりないケースも多く、売上金がすぐには入らないことが資金繰りのひっ迫要因となることもあるでしょう。

そこでおすすめしたいのがGMOフリーランスファクタリング。フリーランスの方向けのファクタリングなので、個人でも柔軟に利用できます。そのうえ会員登録不要で最短即日での早期現金化が可能。取引先に請求書の売却が知られることもありません。この記事ではGMOフリーランスファクタリングの特徴や魅力を紹介していきます。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

GMOフリーランスファクタリングの基本スキーム


ファクタリングとは、入金前の請求書をファクタリング会社に売却することで、手数料を支払う代わりに、請求書の支払い期限よりも早いタイミングで現金化が可能なサービスのことです。

借入ではないため、信用情報機関への照会や登録はありません。担保や保証人も不要です。ファクタリング会社の中には、法人を主なターゲットとしてビジネス展開していたり、少額の請求書のファクタリングに応じていなかったりなど、個人が利用しにくいタイプのサービスもあります。

その点、GMOフリーランスファクタリングは、フリーランスでビジネスをおこなう方を主なターゲットとしているサービスなので、個人の方が使いやすく、また、法人が利用することも可能です。

GMOフリーランスファクタリングの4つの魅力

数あるファクタリングの会社の中で、GMOフリーランスには次の4つの魅力があります。すぐにでも請求書を現金化したいというフリーランスの方におすすめのサービスです。

会員登録不要で手続きがカンタン

GMOフリーランスファクタリングは利用に際して会員登録が不要です。初回利用でも最短で請求書の買取審査に進むことがでます。

審査は最短30分と業界最速級

審査は最短30分と迅速に完了。すぐに結果がわかるため、事業に集中できます。また、現金化完了までは最短即日のため、その日中に現金化したいというニーズを持つフリーランスの方にもおすすめです。

手数料は一律9.5%

GMOフリーランスファクタリングの手数料は一律9.5%と単純明快です。ファクタリングサービスによっては、ファクタリングの金額や審査結果によって手数料が変わるため、手続きを進めなければ受け取れる現金額がわからないことが多いですが、同サービスなら初めからいくら現金化できるのか目処が経ちます。

また、10%を割る手数料水準は、個人向けの2者間ファクタリングとしてはリーズナブルな水準です。

現金化は1万円から、上限はなし

GMOフリーランスファクタリングは、1万円から利用可能です。少額の現金化は断られるケースも少なくなく、フリーランスがファクタリングを利用するうえでネックになりがち。その点、GMOフリーランスファクタリングは便利です。

一方で上限もないため、大きな金額の請求書の現金化も相談できます。

GMOフリーランスファクタリングのさらなる3つの特長

GMOフリーランスファクタリングには、まだまだフリーランスの方にとって嬉しい特長がありますので、紹介していきます。

買取審査は請求書のみで進められる

ファクタリング会社によっては、契約書や銀行の明細、取引関連の資料などの提出を求めるところもありますが、GMOフリーランスファクタリングの買取審査に必要なのは請求書のみ。審査を受けるための書類準備に手間がかからず、すぐに手続きを進められます。

取引先にファクタリング利用の事実が知られない

GMOフリーランスファクタリングは、取引先の承諾を得ずにファクタリングを進められる、いわゆる2者間ファクタリングです。

そのため、取引先にファクタリングを利用している事実が伝わらないため、資金状況に疑念を持たれたり、取引関係に影響が出たりする心配は不要。もちろん、GMOフリーランスファクタリングから取引先に連絡をすることはありません。

東証プライム上場企業のGMOペパボの連結企業が運営

GMOフリーランスファクタリングを運営しているGMOクリエイターズネットワークは上場企業であるGMOペパボの連結子会社です。財務面やガバナンス面など信頼度の高さはもちろん、安心して依頼することができるでしょう。

フリーナンスとの違いは?

同じGMOクリエイターズネットワークが運営するフリーランス向けサービス「フリーナンス」でも「即日払い」というファクタリングサービスを提供しています。両者の違いを簡単にまとめました。

こんな人にはGMOフリーランスファクタリングがおすすめ

両者を比較すると、次のようなタイプの人は、GMOフリーランスファクタリングを利用するのがおすすめです。

  • 単発利用なので会員登録は手間に感じる
  • 損害賠償保険などの付帯サービスは不要
  • 審査書類を簡略化したい
  • 早く審査結果を知りたい

逆に保険サービスなども利用したい人には、フリーナンスの方が適しているとも言えます。自分の意向を踏まえて、適したファクタリングサービスを利用しましょう。

GMOフリーランスファクタリングの利用手順

ここからは、実際にGMOフリーランスファクタリングを使うときの手順を紹介します。

1.請求書をアップロード

まずはGMOフリーランスファクタリングのサイトに請求書をアップロード。その上で入力フォームに必要事項を記入すれば申し込みは完了です。

2.審査結果を待つ(最短30分)

GMOクリエイターズネットワークから、最短30分程度で審査結果がメールで送られてきます。

3. 写真付き公的身分証を提出

審査結果を受けて、ファクタリングを進める場合は、顔写真好きの身分証明証をGMOフリーランスファクタリングのWebサイトを通じて提出します。提出後、本人確認審査がおこなわれます。

4. 指定口座への入金を確認する

本人確認が終われば、指定口座に請求書の買取り額から手数料を引いた金額が入金されます。

5. 指定口座に弁済額を振り込む

請求書の記載金額を取引先から受領したら、請求書の支払い期日の翌営業日までに、GMOクリエイターズネットワークの指定口座に弁済金額を振り込みます。

以上で一通りの取引が完了です。

フリーランスの資金繰りにGMOフリーランスファクタリングを活用しよう

フリーランスでの取引が増えると、仕事の完了と現金の受領にタイムラグが生じることで、資金繰りが不安定になりがち。今回紹介したGMOフリーランスファクタリングは、個人でも利用できるよう1万円という少額から対応してるファクタリングサービスです。

法人向けであったり、最低金額が大きすぎたりして、これまでファクタリング会社をうまく活用できなかったフリーランスの方は、ぜひGMOフリーランスファクタリングで資金繰りを安定させましょう。

GMOフリーランスファクタリングを早速利用したい人、もう少し詳しく知りたいという人は、ぜひこちらのURLにアクセスしてみてください。

関連記事
フリーナンスを利用してフリーランスの仕事環境を整えよう
有力な現金調達方法のひとつファクタリングとは?

(監修: GMOクリエイターズネットワーク株式会社
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ