「日本M&Aセンター」が全国21会場でセミナー「地方の経営者にも知ってもらいたい!新しい事業承継のカタチ」を開催

event

2021年8月5日、株式会社日本M&Aセンターは、「地方の経営者にも知ってもらいたい!新しい事業承継のカタチ」を開催することを発表しました。

「地方の経営者にも知ってもらいたい!新しい事業承継のカタチ」は、事業承継や成長戦略に課題を持つ中堅・中小企業の経営者に向け、事業継承の方法と成功の秘訣を伝えるセミナーです。

セミナーは、2部構成となっており、第1部ではM&Aコンサルタントにより各エリアの企業の現状・将来予測・M&Aの状況を解説します。

第2部では、中小企業が実施すべきM&Aについて、新たな考え方・視点や活用法を実際の事例を交えながら案内します。

開催日時:2021年8月20日~11月17日
会場:全国21会場

中小企業庁が2016年11月に発表した資料「事業承継に関する現状と課題について」によると、2020年頃に数十万の団塊経営者が引退期にさしかかるとされています。

また、「2020年版 小規模企業白書」によると、社長年齢別に後継者の有無について確認すると、60代では約半数、70代は約4割、80代は約3割で後継者が不在となっていることがわかります。

このうち黒字経営であるほか、貴重な経営資源を保有している企業も多数あると考えられ、事業継承の推進が必要となっています。

事業継承支援体制の課題としては、金融機関・自治体・商工会議所などの支援機関にとってはセンシティブな問題であることや、体制が未整備であること、人材・ノウハウが不足していることが挙げられています。

とはいえ、事業継承のためのM&Aを手掛ける事業者もいくつか登場しており、今後も市場が広がっていくと考えられます。

事業継承は、起業のひとつの方法として注目されています。しかし事業継承はゼロからの起業とはまた違ったノウハウが必要となります。創業手帳は、無料で創業コンサルティングを行っています。また、起業家や専門家の生の声を基に記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ M&A セミナー 事業継承 地方 地方の経営者にも知ってもらいたい!新しい事業承継のカタチ 日本M&Aセンター
事業承継手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

住まい相談プラットフォーム「すんで」運営の「住んで埼玉」が3,310万円調達
2021年3月10日、株式会社住んで埼玉は、総額3,310万円の資金調達を実施したことを発表しました。 住まい相談プラットフォーム「すんで」を運営しています。 希望している街に住んでいるメンターに相談…
「創業手帳」によるセミナー「キャッチコピーの作り方講座」が1/20に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は「キャッチコピーの作り方講座」を2021年1月20日(水)に開催することを発表しました。 「キャッチコピーの作り方講座」は、キャッチコピー=伝わる文章だと捉え、伝わる文章を書くための…
講師の育成・ブランディングが行えるセミナー・プラットフォーム「セミナーズ」がリリース
2019年11月21日、ラーニングエッジ株式会社は、「セミナーズ」をリリースしたことを発表しました。 「セミナーズ」は、業界最安値の決済手数料2.9%で利用できる、セミナー・プラットフォームです。 セ…
起業家応援プロジェクト「起業家交流ゼミ」が、12月3日から鳥取県で開催!
起業家交流ゼミに申し込む 鳥取県信用保証協会が主催する起業セミナー「起業家交流ゼミ」が、12月3日・4日にかけて開催されます。 「起業家交流ゼミ」とは、創業して間もない中小企業の方や半年以内に創業する…
ベンチャー企業向けコーポレート領域支援の「WARC」が3億円調達 マネーフォワードと資本業務提携
2020年11月17日、株式会社WARCは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の事業を展開しています。 ・ベンチャー企業を中心とした成長企業に対し、経営課題の解決・経営管理体制…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ