注目のスタートアップ

オンデマンド乗合タクシー向け配車システム「TAKUZO」などを提供する「バイタルリード」が資金調達

company

2023年6月20日、株式会社バイタルリードは、資金調達を実施したことを発表しました。

バイタルリードは、オンデマンド乗合タクシー向け配車システム「TAKUZO」の提供や、公共交通計画・観光振興・地域活性化計画策定などのコンサルタント事業、島根県への旅行をサポートする旅行事業を手がけています。

「TAKUZO」は、定額乗合タクシーの仕組みを支援するAIオンデマンド配車システムです。

全体最適を軸としたアルゴリズムにより、1運行あたりの利用客数を最大化して運行コストを低減し、安価な定額サービスの実現を支援します。

また、導入前には事業者の事業性評価を検証し、採算の取れる目標会員数などを算出することも特徴としています。

今回の資金調達により、「TAKUZO」や地域に寄り添った公共交通計画コンサルタントの全国展開の基盤づくりなど、成長に向けた取り組みを加速させます。


過疎地域では、採算性の悪化やモータリゼーションの進展などが要因となり、路線バスや鉄道といった公共交通の撤退が相次いでいます。

こうした公共交通の衰退は、地方の利便性の大幅な低下を引き起こします。これによりさらに地方の衰退が進むと考えられます。

地方では都心と比べて自動車の保有比率が高いのですが、しかし一部の高齢者など自動車を運転できない人も多く、さらに高齢化の進展により自動車を運転できない人が増加することも予測されています。

過疎地域においても公共交通は住人の重要な移動手段であり、そのため公共交通の衰退した地域では、自治体などが運営するコミュニティバスや乗合タクシーなどが運行される事例が増加しています。

たとえば、国土交通省の資料「地域交通をめぐる現状と課題」(2019年9月9日)によると、コミュニティバスの導入市町村数は、2006年に887だったものが、2016年には1281へと増加しています。また乗合タクシー(デマンド型)の導入市町村数は、2009年に137だったものが、2016年には516へと増加しています。

このようにコミュニティバスや乗合タクシーのニーズは年々増加しており、それに伴い効率的な運行などを実現するシステムのニーズも高まっています。

こうした状況のなか注目されている交通システムが、デマンド交通です。

デマンド交通とは、利用者の予約に応じ、運行経路やスケジュールを柔軟に組み立てて運行する交通サービスのことです。

コミュニティバスや乗合タクシーなど路線定期型交通との根本的な違いは、予約がなければ運行しないという部分です。これにより輸送効率を高め、運行におけるコストを低減します。

デマンド交通は予約に応じて最適なルートを計画しなくてはならないため、配車システムは重要な基幹システムとなっています。

バイタルリードは、定額制(サブスク)のオンデマンド乗合タクシーを実現するための配車システム「TAKUZO」の提供を通じ、地方における交通の課題解決を目指しています。

企業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI TAKUZO アルゴリズム オンデマンド システム タクシー バイタルリード 乗合タクシー 交通 公共交通 地域活性化 地方 最大化 株式会社 資金調達 過疎地域 配車
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産の企画・開発「Unito」が7,000万円調達 サブスク住居「unito」をリリース
2020年2月25日、株式会社Unitoは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、外泊したら家賃が安くなる住居「unito(ウニット)」のサービス・サイトをオープンしたこ…
子育て地図アプリを開発する「iiba」が資金調達
2023年1月23日、株式会社iibaは、資金調達を実施したことを発表しました。 iibaは、子育てにいい場所を地図上で発見・共有できる地図アプリ「iiba」を開発しています。 遊び場・飲食店・授乳室…
電動トゥクトゥクを活用したモビリティサービスを展開する「eMoBi」が4,000万円調達
2023年2月14日、株式会社eMoBiは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 eMoBiは、電動トゥクトゥクを活用したモビリティサービスを展開しています。 2021年に、公共…
空間活用・無人運営を実現する「StayX」展開の「matsuri technologies」が20億円調達
2022年3月24日、matsuri technologies株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 空間活用・無人運営を実現するソリューション「StayX」や、民泊向けP…
トークン・エコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」運営の「GINKAN」が2.8億円調達
2020年6月2日、株式会社GINKANは、総額約2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 トークン・エコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営しています。 AIがグルメ通の口…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】