創業支援など展開の「MAKOTO WILL」と事業承継プログラム「ロカビズ」運営の「Local Local」が業務提携

tips

2020年10月15日、株式会社MAKOTO WILLは、Local Local株式会社は、業務提携したことを発表しました。

MAKOTO WILLは、地方自治体と連携した創業支援や、人材誘致・育成事業などを展開しています。

Local Localは、地場産業と若手経営者人材をマッチングし事業承継の促進を図るプログラム「ロカビズ」を運営しています。

今回の提携により、MAKOTO WILLが東北の自治体・地銀と連携し事業承継ニーズのある事業者の発掘を行い、Local Localが発掘した全国の若手経営者人材とマッチングし、東北地方においての事業承継の促進を目指すようです。

中小企業庁は2016年11月に発表した資料『事業承継に関する現状と課題について』によると、2020年頃に数十万の団塊経営者が引退期にさしかかるとされています。

また、60歳以上の経営者のうち50%超が廃業を予定していますが、廃業予定起業の約3割の経営者が同業他社よりも良い業績を上げているというデータもあります。

そのため、このような企業が維持している雇用・技術・ノウハウが失われることを防ぐため、事業継承の推進が必要となっています。

事業継承支援体制の課題としては、金融機関・自治体・商工会議所などの支援機関にとってはセンシティブな問題であることや、体制が未整備であること、人材・ノウハウが不足していることが挙げられています。

また、事業継承のひとつの解決策として、中小企業のM&Aを手掛ける事業者が出てきましたが、まだプレイヤーの絶対数が足りていない状況にあります。

そのため、事業継承のための公的な専門機関の設置や、事業継承を支援する民間企業の充実、新たな事業継承サービスの開発などが必要となっています。

事業継承は、起業のひとつの方法として注目されています。しかし事業継承はゼロからの起業とはまた違ったノウハウが必要となります。創業手帳は、無料で創業コンサルティングを行っています。また、起業家や専門家の生の声を基に記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Local Local MAKOTO WILL ロカビズ 事業承継 創業支援 株式会社 業務提携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ