「日立ハイテク」と「しまね信用金庫」が業務提携

2020年10月14日、株式会社日立ハイテクは、しまね信用金庫と、ビジネスマッチング契約を締結したことを発表しました。

ビジネスマッチング契約とは、金融機関が自金庫の取引先企業をビジネスパートナーとして紹介し、事業拡大・事業強化などの経営課題解決をサポートするものです。

日立ハイテクは、研究開発現場における試作に必要な基礎知識や、技術動向に関する情報を材料メーカーや加工・計測事業者に取材し、Webメディア「みんなの試作広場(みんさく)」で記事として公開しています。

今回の提携により、しまね信金の顧客に対し、「みんさく」を技術・製品を紹介する場として紹介し、製品・サービスの販売強化に向けた取り組みを支援します。

ITサービス関連のベンチャー企業は日常や業務の課題を、PCやスマートフォンのソフトウェアやサービスにより解決して成長してきました。

しかしソフト面からでは、医療や農業などにおける大きな課題の真の解決にはつながりませんでした。そのため、ハードウェアの面、つまりものづくりの領域が社会課題の解決において注目されています。

しかし、たとえばロボット業界は、材料などの要素分野との連携については強く意識されてこなかったという状態でした。

また、材料メーカーは、効果的なアプリケーションに遭遇していないため、棚上げされたままの研究レベルの成果をいくつも保有しているようです。そのため、材料などの要素分野との協業や共同研究がものづくりのイノベーションのために重要だといわれています。

大学発ベンチャーなど、大きな変革をもたらすような技術を保有している企業はいくつもあります。そのような企業と提携や共同研究が行えれば、大きなイノベーションを起こせるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、人脈の広げ方や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ しまね信用金庫 ビジネスマッチング契約 みんさく みんなの試作広場 メディア ものづくり 日立 日立ハイテク 株式会社 業務提携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ