「クラウドエース」と「JQ」が共同でDX全社構想立案コンサルティングサービス「DXランチャー」を提供開始

2020年10月15日、クラウドエース株式会社は、株式会社JQと共同で、「DXランチャー」の提供を開始したことを発表しました。

クラウドエースは、 Google Cloudを専門としており、クラウドの導入設計から運用・保守までをワンストップでサポートしています。

JQは、DXに向けた基幹システム刷新の構想・計画作成などのプロジェクトマネジメント事業などを展開しています。

今回、共同で提供する「DXランチャー」は、全社においてどのようなDXの取組みができるかを網羅的に整理するサービスです。

AI、IoT、ロボティクス、xRなどのデジタル技術ソリューションをマップした「DX ビジョンマップ」をおよそ1カ月程度で作成し提供します。

クラウドエースは、「DXランチャー」の販売と、機械学習ライブラリの「TensorFlow」やデータウェアハウスの「BigQuery」など「Google Cloud」のテクノロジーを活用したシステム構成の設計・導入などを担当するようです。

経済産業省は、もし2025年までに日本企業のDX化が成功しなければ年間最大12兆円の経済損失が発生する可能性があると指摘しています。

しかしDXには、既存システムが複雑化・老朽化しているために導入が進まない、老朽化したシステムの刷新にコストがかかる、システムが部署ごとに違う、社内にITスキルを持つ者がいないなど多くの課題があります。

そのため、これらの課題を解決するため、DXを実現するためのコンサルティング・サービスがいくつも提供されはじめています。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ DX DXランチャー JQ クラウド クラウドエース コンサルティング サービス システム 株式会社

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ