てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara」運営の「ノックオンザドア」が資金調達

2020年5月14日、ノックオンザドア株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara(ナナカラ)」を開発・運営しています。

てんかん患者の発作の記録と、服薬履歴の記録を家族で簡単に共有することができるスマートフォン向けアプリです。

てんかん発作は、抗てんかん薬でコントロールします。症状により複数の薬を飲むこともあります。

治療のためには日々の発作と服薬の記録が必要となりますが、詳細な記録として発作時の動画を求められることもあります。そのため、てんかんの記録は複雑化しており、正確な記録を残すことが難しい状態にありました。

ノックオンザドアは、「nanacara」により、正確にてんかんの記録・管理できる仕組みを構築することと、その記録を必要な時に正確に伝えることができるプラットフォームを目指しています。

てんかんの有病率は、1,000人に5~8人(日本全体で60万人~100万人)といわれています。

てんかんの治療は抗てんかん薬による薬物治療が主となっています。そのためてんかんは長期間つき合っていかなくてはならない疾患なのです。

てんかん治療の記録・管理が簡単になることは、患者・家族の負担を減らすでしょうし、また蓄積されたデータはてんかん治療に役立つことでしょう。

医療の課題を解決するビジネスは、専門的な知識を要するものが多く参入障壁は高いかもしれません。しかしこのような治療の管理をするプラットフォーム・ビジネスは、それほど障壁は高くなく、開発費用も高くならないでしょう。「冊子版創業手帳」では、新たなビジネスを創造するために役立つフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ nanacara ノックオンザドア プラットフォーム 患者 服薬 株式会社 管理 記録 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集