注目のスタートアップ

決裁者マッチングプラットフォーム「チラCEO」を運営する「オンリーストーリー」が9.55億円調達

company

2022年8月10日、株式会社オンリーストーリーは、総額約9億5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

オンリーストーリーは、決裁者マッチングプラットフォーム「チラCEO」を運営しています。

6,000人以上が登録しており、ニーズや企業規模などの条件から企業の経営者・決裁者に直接メッセージを送ることができます。

また、売りたいニーズと買いたいニーズをセットで投稿し反応できる掲示板機能により、法人購買ニーズをチェックしマッチングすることもできます。

今回の資金は、登録決裁者数増加のためのマーケティング強化・購買ニーズの獲得・収集、開発体制の強化、カスタマーサクセス体制の強化などに充当します。

また今後、新サービスとして、BtoBセールスサービスプラットフォーム「セールスムーズ」をリリースする予定です。

従来のBtoBセールスにおける新規顧客開拓では、アポをとらずに企業に直接訪問する飛び込み営業が代表的な手法でした。

しかし、この足で稼ぐスタイルの営業は、新型コロナウイルス感染症の流行によって難しくなってしまいました。

コロナ禍においては、アポを取らずに企業に押しかけると迷惑になってしまいますし、テレワークなどによって社員が少なくなっている状況では相手方の業務に負担をかけてしまいます。

そのためコロナ禍の営業ではオンラインを活用したサービスの注目が高まっています。

また、オンラインでの商談においても、受注を決定してくれる決裁者の把握やアプローチは重要です。

こういった背景から、決裁者に直接アプローチできるマッチングプラットフォームが登場し、さまざまな企業で利用されるようになってきています。

リソースが不足している創業期は、営業に多くを投資することは難しいかもしれません。しかしコロナ禍によって営業の環境は大きく変化し、営業のデジタル化が進んだことで、効率的な営業を実現できるサービスが多数提供されています。これらを活用することで創業期でも成果を上げることができるはずです。「冊子版創業手帳」では、営業の成功率を上げることができる営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB ONLY STORY オンリーストーリー セールス チラCEO プラットフォーム マッチング 営業 株式会社 決裁者 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンライン接客プラットフォーム/チャットボット「BOTCHAN」展開の「wevnal」が6億円調達
2021年9月22日、株式会社wevnalは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン接客プラットフォーム/チャットボット「BOTCHAN」を展開しています。 チャットボットを…
患者中心の医療情報プラットフォーム開発の「Arteryex」が資金調達
2020年3月13日、Arteryex株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 企業向けヘルスケア・アプリ「健康銀行」を提供しています。 また、ブロックチェーンを活用し、患者自身が医療情報を…
神経・精神疾患領域における革新的な新薬を開発する「アキュリスファーマ」が68億円調達
2021年10月28日、アキュリスファーマ株式会社は、総額約68億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、フランス・パリに本社を置く製薬会社Bioprojet Pharmaとの間で、睡眠障害…
ハウスクリーニングや修理・手入れのプロとユーザーをつなぐプラットフォーム運営の「ユアマイスター」が23億円調達
2022年1月6日、ユアマイスター株式会社は、総額約23億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハウスクリーニングや修理・手入れのプロフェッショナルとユーザーをマッチングするECプラットフォーム…
尿によるがんの早期発見技術を開発する「Craif」が資金調達
2022年4月12日、Craif株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Craifは、酸化亜鉛ナノ構造体とマイクロ流路を組み合わせた独自のデバイス「ナノワイヤデバイス」により、尿中に含まれ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ