注目のスタートアップ

医療用画像処理ソフトウェア「Holoeyes MD」などを提供する「Holoeyes」が4億円調達

company

2023年8月29日、Holoeyes株式会社は、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Holoeyesは、医療用画像処理ソフトウェア「Holoeyes MD」、同じ3Dホログラムを複数人で共有できる「Holoeyes MD」のオプション機能「Holoeyes VS」、医療教育用VRコンテンツの投稿・閲覧サービス「Holoeyes Edu」を提供しています。

医用画像を3D-VR化し、直感的な立体として再現することで、医師・医療者を支援する情報共有プラットフォームを提供し、医療技術の定量化と再現性を実現することを目指しています。

今回の資金は、人材の拡充、技術開発の強化などに充当します。


VR(Virtual Reality:仮想現実)は、専用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)などによって仮想空間を現実であるかのように疑似体験させる仕組み・技術のことです。

VRはこれまでにない没入型の体験を提供でき、ゲームやライブエンターテインメントの領域で大きな成長が見込まれています。

また、産業界での活用も進められており、たとえば不動産の領域では、賃貸物件の内見などで活用されています。

とくに医療の領域ではさまざまな応用が考えられます。

たとえば、手術のシミュレーションをVRで行うことで、より実際の手術に近い形でのシミュレーションが可能となり、スムーズかつクオリティの高い手術を実現できます。

ほかにも医学生の実習でVRを活用することで、安価でありながら現実と変わらないような実習が可能になります。

そして将来的には、高精度なロボットアームとVRを活用することで、医師がVRで患者を確認しながら遠隔で手術を実現できるようになると考えられています。

Holoeyesの技術は、患者から得たデータを3D人体データにすることで、従来よりも視覚的に表示し、診療・手術を支援するものです。

最新技術の開発には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3D Holoeyes Holoeyes Edu Holoeyes MD Holoeyes VS VR VRコンテンツ ソフトウェア プラットフォーム ホログラム 共有 医師 医療 情報共有 技術開発 支援 教育 株式会社 画像処理 立体 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ショート動画マーケットプレイスを提供する「Kamilas4am」が資金調達
2023年11月6日、kamilas4am株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、資金調達額は前回ラウンドと合わせ、約5,000万円となりました。 Kamilas4amは、縦型…
金融教育イベント「キッズフリマ」を企画・運営する「HONEYTHING」が「ワイズインテグレーション」と業務提携
2022年8月12日、株式会社HONEYTHINGは、株式会社ワイズインテグレーションと業務提携契約を締結したことを発表しました。 HONEYTHINGは、金融教育イベント「キッズフリマ」を企画・運営…
国際物流スタートアップの「Shippio」が10.6億円調達
2019年11月11日、株式会社Shippioは、総額10億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ソフトウェアと、フォワーディング・サービスを組み合わせ、日本で初となるデジタル・フォ…
シェアサロン「SALOWIN」を展開する「サロウィン」が15億円調達
2023年8月31日、サロウィン株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 サロウィンは、シェアサロン「SALOWIN」と、開業資金0円で美容室開業の夢を叶えられるサービス「AL…
海上通信プラットフォーム「コースタルリンク」を開発する「フューチャークエスト」が資金調達
2022年10月5日、フューチャークエスト株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 フューチャークエストは、海上通信プラットフォーム「コースタルリンク(CoastalLink)」を開発してい…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】