注目のスタートアップ

リチウムイオン電池のレアメタルリサイクル技術開発の「エマルションフローテクノロジーズ」が資金調達

company

2021年10月18日、株式会社エマルションフローテクノロジーズは、資金調達を実施したことを発表しました。

この資金調達は、「リチウムイオン電池のレアメタルリサイクル技術の開発」を事業テーマとして、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施した「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」の2021年度第2回公募に採択されたことによるものです。

エマルションフローテクノロジーズは、国立研究開発法人日本原子力研究機構が開発した溶媒抽出技術「エマルションフロー」をコア技術とした、日本原子力研究機構発のベンチャー企業です。

「エマルションフロー」は、従来の溶媒抽出技術では“混ぜる”・“置く”・“分離する”という3つの工程が必要となっていたものを、“送液”のみでこれら3工程を同時に行うことができる技術です。

エマルションフローテクノロジーズは、「エマルションフロー」を活用することにより、リチウムイオン電池に含まれるレアメタルを低コストかつ高純度に回収する技術の確立を目指しています。

リチウムイオン電池は、スマートフォンや、電気自動車(EV)、産業用ロボットのバッテリーとして幅広く利用されており、我々の生活にはもはや欠かせない存在となっています。

リチウムイオン電池には、リチウム、コバルト、ニッケル、グラファイトなど数種類のレアメタルが使われています。

レアメタルとは、地球上に存在する量が少なくて稀である金属や、技術的・経済的な理由により抽出が困難な金属を指します。

日本でのレアメタルの自給率はおよそ0~2割程度と非常に低く、多くを輸入に頼っています。

そのためレアメタルは供給が不安定で価格の変動が大きいといった課題や、採掘国での違法な採掘などによる環境破壊などの課題を抱えています。

もしレアメタルの供給が寸断されてしまえば、EVの普及といったことが難しくなることが予想されます。

またサプライチェーンの問題だけでなく、EVの急激な普及による需要増加により、コバルトなどのレアメタルの不足が予測されており、リチウムイオン電池などに含まれているレアメタルのリサイクルが必要不可欠となっています。

研究開発を伴うビジネスでは、潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ NEDO エマルションフロー エマルションフローテクノロジーズ リサイクル リチウムイオン電池 レアメタル 技術 株式会社 溶媒抽出技術 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマートホーム・コントローラーなど展開の「Live Smart」が資金調達 「中国電力」と提携
2021年1月14日、株式会社Live Smartは、中国電力株式会社と資本提携契約を締結したことを発表しました。 Live Smartは、スマートホーム・コントローラー「LS Mini Next」や…
トップ・クリエイターから学べる動画プラットフォーム「your school」運営の「TranSe」が1億円調達
2021年2月15日、株式会社TranSeは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下のサービスを提供しています。 ・取締役CSOでありYouTubeクリエイターの大川優介を起点とした…
ローカル・コミュニティやコワーキング・スペース運営の「ATOMica」が1.8億円調達
2020年3月26日、株式会社ATOMicaは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 株式会社ビットキーと株式会社ディーサイングループのジョイント・ベンチャーとして2019…
宇宙機開発事業などを手掛ける「PDエアロスペース」が1億円調達
2020年4月15日、PDエアロスペース株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 高度100kmに到達可能な「完全再使用型サブオービタル宇宙飛行機」の開発や、航空宇宙、自動車、I…
アド・ネットワーク事業展開の「オメガ」が資金調達
2020年2月6日、オメガ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグ・データを活用したアド・ネットワーク事業を展開しています。 また、日本語文字入力・着せ替えキーボード・アプリ「ANY…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ