「日本商業不動産保証」が即座に運転資金を確保できる保証サービス「敷金半額くん」をリリース

tool

2020年4月27日、株式会社日本商業不動産保証は、「敷金半額くん」の提供を開始することを発表しました。

「敷金半額くん」は、現在眠っている賃貸オフィスの敷金を流動化させ、一部を運転資金に置き換えることで多くの企業経営をサポートするサービスです。

敷金を掘り起こすことで、企業の経営安定や前向き資金ニーズへの寄与を目的としています。

日本商業不動産保証はほかに、オフィス・店舗など商業用不動産の賃貸に関わる預託敷金(保証金)に代わる制度として保証を提供しています。

新型コロナウイルス感染症の流行により、企業における様々な課題が顕在化してきています。

これをビジネス・チャンスと捉える企業は、これらの課題を解決するためのサービスを次々とリリースしています。

資金は企業経営においてなによりも重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の資金繰りや、資金繰り表の作成術について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ リリース 不動産 敷金半額くん 新型コロナウイルス 日本商業不動産保証 株式会社 運転資金
詳細はこちら

“コロナ・ショック”の影響を考慮し、手元資金を確保したい国内企業を支援するため眠っている多額の資金を流動化し、即座に運転資金を確保できる保証サービス「敷金半額くん」を提供開始

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ