Webライターになるには?Webライターの魅力と起業独立するために必要なスキルやツールを紹介

創業手帳

Webライターなら副業で稼ぐことはもちろん、起業独立だって夢ではありません

Webライターになるには?

働き方改革やコロナ禍の影響から、スキルアップをしたり、副業を考えたりする方が増えています。

  • 好きなことを活かしたい
  • 自由な働き方をしたい
  • もっとお金を稼ぎたい

そんな思いから、Webライターを目指す人も増えています。Webライターは誰にでも始められる仕事であり、パソコンとインターネットがあればどこででも仕事ができるために人気があります。

しかし、Webライターで月20万円以上稼げる人は少数です。なぜなら、Webライターにはさまざまなスキルが必要だからです。

そこで本記事ではWebライターを目指したい人やWebライターでもっと稼げるようになりたい人のために、Webライターの魅力や必要なスキルについて解説していきます。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

Webライターになるには?

Webライターになるには?

Webライターをやるためには、資格や免許などが必要なく、誰でもWebライターを名乗ることができます。

Webライターになるために必要な機材も、パソコンとインターネット環境があれば十分です。

そのため、Webライターは誰にでもなれるチャンスがあります。

Webライターは簡単に稼げるの?

誰にでも気軽に挑戦できるWebライターですが、誰にでも簡単に稼げるというわけではありません。

Webライターとして稼ぐためには、さまざまなスキルと知識が必要になります。

例えば、あなたが『初心者でも簡単に本格的なおいしいカレーを作る方法』という記事を執筆するとします。しかし、カレーを作ったこともなければ、カレーに必要な材料も良く知らなければ、記事を書くことができません。

仮にカレーの知識が豊富だとしても、何をどういう順番で、どのようにライティングするのかを考えるスキルが無ければ、読んでも読者に何も伝わらない文章になってしまいます。

読者に伝わる文章=価値ある文章が書けなければ、誰もその記事にお金を払うことはありません。

Webライターは簡単に始めることができますが、簡単に稼げるわけではないのです。

でも、安心してください。Webライターはプロとしてのスキルや知識は必要ですが、勉強をしたり努力をしたりすれば、これから習得することが可能です。

しかも、スキルや知識は経験を積みながら高めていくことも可能です。最初は小さな金額しか稼げませんが、徐々にスキルや知識を高めれば大丈夫。

本記事を読めば、どうやって稼げるようになるのかがわかります。Webライターとして徐々に稼げるようになっていきます。

Webライターが稼げる金額は?

Webライターが稼げる金額は?
Webライターが稼げる金額は、文字数と文字単価で変化します。

文字数とは1記事当たりの文字の量です。例えば、1記事2000文字の執筆依頼をこなすのであれば、2000文字以上の記事を書く必要があります。

また、最近のWebライターは、『文字単価』が基準になることが多いです。文字単価とは1記事当たりの文字の単価であり、初心者は『0.5円』くらいが相場となっています。

1記事2000文字の記事を文字単価0.5円で執筆すると、2000文字×0.5円=1000円となります。

文字を書くだけで1000円がもらえると思うとなんだか嬉しい気持ちになりますが、2000文字とは原稿用紙にびっしり書いて5枚分です。

結構な労力です。初心者は何を書くか、どう書くかを考え、執筆し、原稿チェックしてという段取りを踏んでいると半日、もしくは1日以上の時間が必要になるかもしれません。

仮に5時間で仕上げることができたとしても、1000円÷5時間=時給200円。

コンビニやファストフード店でアルバイトをした方が、よほど稼げることでしょう。

しかし、Webライターとして慣れてくると、もっと稼げるようになります。

例えば、本業は続けつつも副業でWebライターを続けてみましょう。3000文字の記事を文字単価1.5円で月に5本くらいなら、ライティングに慣れてくれば平日夜や土日を使えばできるようになっていきます。

3000文字×1.5円×5本=2万2500円となります。

たった2万円ちょっとのように感じますが、今のご時世で会社員が月収を2万円上げるのにはどのくらい大変でしょうか。

Webライターなら会社で昇給を狙うよりも効率的に収入をアップできるのです。

さらに、文字量と文字単価が上がれば驚くほどの稼ぎになることも知っておきましょう。

例えば5000文字の記事を文字単価2円の契約で3時間で書き上げたらどうなるでしょうか?

5000文字×2円÷3時間=3333円となります。

アルバイトはもちろん、正社員でも時給3000円以上稼げる人はそう多くないはず。

クライアントによっては、文字単価が3円以上という契約もあります。文字単価が上がれば上がるほど、Webライターは効率よく稼げるのです。

Webライターとして稼ぐためには?

Webライターとして稼ぐためには?
Webライターとして稼ぐためには、何よりも実績と信頼が大切になります。

どんな記事をどのくらいの品質で書けるのか?その実績を積み上げる必要があります。

誰でも書けるような日記のような記事を書いても意味がありません。誰かのために役立つような有益な記事に仕上げなければならないのです。

例えば、『今日、ラーメンを食べました』
という日記のような記事であれば、今すぐに誰でも書くことができます。ですが、その記事を読みたいという人、お金を払ってでも書いてほしいという人はほぼ皆無でしょう。

なぜなら、見ず知らずの誰かがラーメンを食べたという日記には誰も価値を感じられないからです。

一方、『渋谷の2021年最新ラーメンランキング(すべて実食済)』という記事であればいかがでしょうか?

実食してランキングした渋谷の最新ラーメン情報であれば、読んでみたいという人がグッと増える気がします。また、そのランキングで上位になったお店であれば、お金を払ってでもお店の詳しい情報をもっと追加して欲しいという気持ちになるかもしれません。

Webライターとして稼ぐためには、『誰かの役に立つ記事を書いたという実績』が必要です。そしてその実績をこつこつと積み上げていくことで、Webライターとしての信頼が高まっていきます。

Webライターとしての実績を積み上げるためには、まずは誰かの依頼に対して自分ができる最高品質の記事を書く必要があります。

Webライターの魅力

Webライターの魅力
Webライターにはさまざまな魅力があります。主なWebライターの魅力は以下の通りです。

  • いつでもどこでも働くことができる
  • 自分の得意を伸ばすことができる
  • お金をもらいながら成長できる
  • やり方次第で大きく稼げる
  • 起業独立も可能になる

それぞれを詳しく解説していきます。

いつでもどこでも働くことができる

Webライターはパソコンとインターネットがあれば仕事ができるため、いつでもどこでも働くことができます。

例えば、カフェや旅行先のホテルでも執筆はできますし、早朝や会社から帰った夜でも執筆することができます。

職場でチームを組んで働いていたり、大きな機械や設備が無いと仕事にならない人も多いですが、Webライターはパソコンとインターネットがあるだけで仕事ができます。

子育てしながら家で仕事をすることも、キャンプに行って焚火をしながら仕事をすることもできてしまいます。

世界中を旅しながら仕事をすることも、家から一歩も出ずに仕事をすることも。あなたの好きなスタイルやその日の気分で働く場所や働く時間を決めることができるのです。

自分の得意を伸ばすことができる

文章を書くのが好き、専門的な知識がある、大好きなジャンルがある、そんな得意なことがある人は、ぜひWebライターに挑戦してみましょう。

記事を書くことで自分の得意をますます伸ばすことができます。

アウトドアが好き、子どもが好き、国家資格を持っている、仕事で特殊な作業をしているなど、人より多少秀でていることがあれば、それを尖らせていくことで、自分の知識や経験が価値を生むようになります。

『好きこそものの上手なれ』と言いますが、興味関心がないことに取り組むよりも、好きなことを伸ばす方が楽しいものです。

そして、自分の得意を伸ばせば伸ばすほど、誰かにとって価値のある知識や経験となっていきます。

Webライターは、自分の得意を伸ばすことで、お金を稼ぐことができるビジネスなのです。

お金をもらいながら成長できる

Webライターはお金をもらいながら成長できます。例えば、あなたが営業マンだったとして、『営業に役立つ知識やノウハウをまとめました』という記事を書いたとします。

あなたにはすでに営業マンとしての知識やノウハウがあったとしても、足りない知識やあいまいなノウハウがあったりすると、思うように執筆ができません。自分の知識や経験を整理しつつ、新しい知識をインプットしながら、きれいなアウトプットをしなければいけないのです。

また、執筆自体にもスキルがいるため、記事を書くことによって自分がどんどん成長していきます。

インプットと整理、そしてアウトプットを繰り返していると、驚くほどにその分野について詳しくなり、本業や私生活でも役に立つことがたくさん見つかります。

営業ノウハウの記事を書けば、自身の営業活動で役に立つばかりか、後輩の指導でも執筆の経験が役に立つでしょう。

豊富な知識をきれいにアウトプットできるようになっているため、後輩もあなたの指導がわかりやすいと感じるはずです。人に教えることができるようになると、ますます自分の営業ノウハウにも磨きがかかります。

Webライターという仕事をすることで、報酬も得ながら、あなた自身も成長していくことができるのです。

やり方次第で大きく稼げる

Webライターはやり方次第で大きく稼げる仕事です。

Webライターの報酬は文字数と文字単価で決まることが多いです。Webライターとしての仕事が軌道に乗ってくると、文字数や文字単価が徐々に上がってきます。

1万文字の記事を文字単価3円で月に10本書くことができれば、1万文字×3円×10本=30万円となります。

さらに文字単価が上げることができれば、もっと稼ぐことだって可能です。

夜勤や残業をしても、手取りで10数万円しか稼げない人も多い厳しいご時世ですが、Webライターならパソコンひとつで数十万円を稼げる可能性を秘めているのです。

起業独立も可能になる

Webライターなら、いずれは起業独立も可能です。

ビジネスにおいては売上を伸ばすことが非常に大切ではありますが、同時に経費や固定費が小さいことも大切です。なぜなら、経費や固定費が大きいと、いくら売上が大きくても赤字になってしまうことがあるからです。

例えば、毎月300万円の売上があるビジネスでも、スタッフの人件費やお店の家賃、材料の仕入れ、内装や設備のローン支払いなどが毎月300万円も必要だとしたら、まったく利益が出ていないということになります。

しかし、Webライターであれば必要な備品はパソコンとインターネットだけ。自宅で仕事をすれば事務所も必要ないですし、スタッフを雇う人件費や仕入れに伴う出費もありません。

仮に月に15万円しか稼げなくても、その売上はほぼ利益になるため、贅沢を言わなければ十分に生活できるだけの収入を得ることができてしまいます。

経費や固定費が少ないWebライターは、低リスクでの起業独立が可能なのです。

なお、起業独立する場合は、『創業手帳』を活用するようにしましょう。

起業独立するために必要な知識やノウハウが詰まっていて、無料で取り寄せることができます。起業独立する人は『創業手帳』を1冊持っておいて損はありません。

未経験からWebライターになる方法

未経験からWebライターになる方法
未経験からWebライターになるためには、どんな方法があるのでしょうか?

まずはWebライティングの基礎を勉強しましょう。Webライティングの基礎を勉強するには、初心者向けの本を読むことがおすすめです。

Webライティングの知識が身につくだけでなく、本を読むことで正しい文章、読みやすい文章の勉強になるからです。

AmazonなどでWebライティングの本を取り寄せて、勉強しながら記事執筆を並行してやると良いでしょう。

Webライターの仕事を獲得するには、クラウドソーシングサービスという便利なプラットフォームがありますので、ぜひ活用していきましょう。

代表的なプラットフォームとしては、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

などがあります。いずれも無料で利用することができますので、まずは登録するところから始めていきましょう。

未経験からWebライターとして活動していきたい場合は、はじめは採算度外視で初心者歓迎の案件から挑戦していきましょう。

例えば、2000円で記事を書いてほしいという募集があったら、初心者であることを理由に500円で挑戦してみましょう。クライアントとしては予算よりも安く記事を書いてもらえるわけですから、案件を受注できる確率がぐんと上がります。

そして、Webライティングの本を読んで勉強しながら、最初の案件を頑張ってやってみましょう。

一つの仕事を完了できれば、仕事全体の流れがイメージできるようになるはずです。最初の仕事の反省点や改善点を整理しつつ、次の仕事、その次の仕事と徐々に案件をこなしていきましょう。

最初は時間と労力ばかりがかかり、まったく稼げるようにはなりません。しかし、案件をこなして実績と信頼を積み重ねていけば、徐々に稼げるようになっていきます。

Webライターは誰でも参入できるビジネスですが、誰でも簡単に稼げるビジネスではありません。ビジネスである以上、金額の大小にかかわらずプロとして自分にできる最高の仕事をする必要があります。

未経験でも初心者でも、いまの自分にできる最高の品質があるはずです。品質に妥協せずに、地道に努力を積み重ねていくことで、Webライターとしての実績と信頼が高まっていきます。

最初は何事も大変ですが、挫折せずに乗り越えることで新しいステージが待っているのです。

Webライターに必要なスキル

Webライターに必要なスキル
Webライターとして活躍するためには、主に下記のスキルが必要とされます。

  • ライティングスキル
  • 執筆ジャンルの専門知識
  • SEOやワードプレスの知識
  • コミュニケーションスキル
  • 調査・分析、まとめるスキル

それぞれを詳しく解説していきます。

ライティングスキル

ライティングにはさまざまなコツやルールがあります。正しい日本語を使うとともに、わかりやすい順番でわかりやすい表現を使う必要があります。

例えば、

  • 一文一意
  • 二重否定をしない
  • 指示語を多用しない

なども代表的なライティングスキルです。

一文一意

一文一意とは、文章をわかりやすくするためのコツです。

例えば、『太郎さんはお母さんの手作り弁当を食べ、花子さんは次郎君と公園のブランコやジャングルジムで遊びました。』という文章は、内容が少しわかりにくいです。太郎さんと花子さんという二人の行動が一文になっているからです。

『太郎さんはお母さんの手作り弁当を食べました。花子さんは次郎君と公園のブランコやジャングルジムで遊びました。』と表現した方が、誰が何をしたのがか明確になります。

二重否定をしない

二重否定とは、否定語をさらに否定する表現です。

例えば、『誰も美味しいと言わなかった訳ではない』という文章は、瞬時に意味が伝わりません。『言わなかった』を『訳ではない』と二重で否定しているからです。

『美味しいという人もいた』という文章の方がわかりやすいです。

指示語を多用しない

指示語をとは、『これ、それ、あれ、どれ』などの言葉です。
別名、こそあど言葉ともいいます。指示語を使うと文章がわかりにくくなりますので、多用しない方が良いのです。

例えば、『犬がボールで遊んでいた。それを太郎君は欲しいと思った。だから、すぐにそれを見るためにお店に行った。』この文章は太郎君が欲しいと思った『それ』が、犬ともボールとも取れてしまいます。そのため、お店はペットショップなのか、おもちゃ屋なのか、どちらとも解釈できてしまいます。

『これ、それ、あれ、どれ』などの指示語は読者を混乱させたり、文章をわかりにくくします。

できるだけ指示語は多用しないことがライティングでは大切です。

執筆ジャンルの専門知識

Webライターには、執筆するジャンルの専門知識が必要です。専門知識が無ければ、読者に役立つ記事が書けないからです。

音楽やファッション、本、ドラマ、医療、転職、子育て、旅行、恋愛、金融など、深い専門知識があるほど良い記事が書けるようになるでしょう。

あらゆるジャンルの知識を広く身につけるというよりは、自分が好きだったり得意だったりするジャンルの専門知識を特化させる方が良いでしょう。専門知識を特化させた方が、実績や信頼につながりやすく、文字単価も上がりやすくなるからです。

特に転職、金融、医療、美容、ITなどは稼げるジャンルとされています。

稼げるジャンルの専門知識を磨けると、Webライターとしての収入もアップしやすくなるでしょう。

SEOやワードプレスの知識

多くのクライアントの本質的な願いは、『集客がしたい。売上を伸ばしたい。』ということを理解しておく必要があります。

Webライターに仕事を依頼するクライアントの本質的な願いは、『記事を書いてほしい』訳ではないのです。

集客をしたり、売上を伸ばしたりするためには、SEOを理解しておく必要があるでしょう。SEOを理解し、検索上位に記事を掲載できれば、集客や売上を伸ばしたいクライアントの本質的な願いを達成できるからです。

SEOは専門的な知識ではありますが、基礎的な部分は本を読めば理解できることも多いです。まずは基本的なSEOの知識を本で勉強するようにしましょう。

また、記事を執筆した後にCMSに入稿する作業を頼まれることもあります。仕事の手間は増えますが、その分の単価もアップしてもらえるので、ぜひ身につけておきたい知識です。

代表的なCMSにワードプレスがあります。ワードプレスについても、まずは本を読んで基礎的な知識を身につけておきましょう。

コミュニケーションスキル

Webライターはクライアントの依頼に対して記事を作成していきます。クライアントが求めることは何なのか、どんな記事をいつまでに納品すれば良いのかなど、クライアントの要望をしっかりと理解するためには正確なコミュニケーションが必要です。

返信を早くしたり、報連相を徹底したり、わからないことを質問したりするコミュニケーションスキルはどんな仕事においても大切なことですが、Webライターも同じく大切になっていきます。

コミュニケーションスキルが低いと、仕事がうまくこなせないばかりか、次の仕事の依頼もいただけなくなります。

常にクライアントとのコミュニケーションを大切にしていきましょう。

調査・分析、まとめるスキル

Webライターは、自分の知識や経験だけでは記事の品質を高めることはできません。最新情報を調べたり、競合製品を比較分析したり、誰が読んでもわかるようにまとめたりすることで、記事の品質を高めることができるようになります。

調査・分析、そしてまとめるスキルがWebライターには求められます。

Google検索やニュースサイトを使いこなし、読者に有益な記事が書けるようになりましょう。

Webライターの注意点

Webライターの注意点
Webライターとして活躍するための主な注意点を3つまとめました。

  • 著作権、肖像権
  • 薬機法、景品表示法
  • 情報の信頼性

それぞれを解説していきます。

著作権、肖像権

世の中にある文章や画像には著作権や肖像権という権利があり、保護することが求められます。

Web上に限らず、世の中にはさまざまな文章や画像がありますが、それらを勝手にコピーして使ったり、改変して流用することは許されません。

ライティングの仕事においては、他者の著作権や肖像権を侵害せずに記事作成することが条件になっています。

著作権や肖像権の知識がないと、クライアントの納品物に権利違反のコンテンツが含まれてしまう可能性があります。クライアントがそのまま利用してしまえば、クライアントが権利に違反したことになります。

また、著作権、肖像権を侵害した記事は、契約違反となります。トラブルになった場合、知らなかったでは済まされませんので、他者の著作権や肖像権を侵害しないことが大切です。

薬機法や景品表示法

医療や美容などの分野では、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」、いわゆる薬機法という法律で文章の表現が規制されています。製品やサービスを広告する場合においては、景品表示法という法律で文章の表現が規制されています。

医療や美容の分野や製品やサービスを紹介する分野の記事を書く場合は、薬機法や景品表示法についても知識を身につける必要があります。

情報の信頼性

Webライターは、さまざまな情報を調べたり、比較したりしながら記事を書くことが多いです。しかし、参考にしている情報そのものが間違っていたら、どんなに素晴らしい文章で記事を書いたとしてもまったく価値のない記事になってしまいます。

調査や分析をする場合は、信頼できる情報を利用することが大切です。

調査や分析をする場合は、Web上のコンテンツを利用することが多くなると思いますが、企業や個人が発する情報は古かったり間違ったりしている可能性があります。

国や自治体、ニュース記事など信頼できる組織の最新情報を利用するようにしましょう。

Webライターが知っておきたいツール

Webライターが知っておきたいツール

Webライターが知っておきたいツールをご紹介します。主によく使うツールは以下の通りです。

  • キーワードプランナー
  • ラッコキーワード
  • Googleドキュメント

それぞれを解説します。

キーワードプランナー

キーワードプランナーは、Google検索で使われているキーワードを調査したり、分析したりするために使います。

キーワードプランナーを使えば、キーワードごとの月間検索回数がわかるため、どんなキーワードにどのくらいのニーズがあるのかが調べられます。

SEOで読まれる記事を書くためには、検索需要の調査や分析が大切です。キーワードプランナーを活用することで、読者が何を求め、どんな情報を、どのくらい検索しているのかがわかるのです。

ラッコキーワード

ラッコキーワードを使うことで、Google検索でよく使われている関連キーワードを調べることができます。例えば、『クレジットカード』のことを調べる人は、『クレジットカード 審査』や『クレジットカード 作り方』と言ったキーワードでも検索をしています。

『クレジットカード 審査』と『クレジットカード 作り方』では、知りたいことが異なりますので書くべき記事の内容も変わます。『クレジットカード 作り方』も、さらに調べれば『クレジットカード 作り方 学生』、『クレジットカード 作り方 主婦』と対象者が異なることもわかったりします。

検索意図を深く知るためには、ラッコキーワードで関連キーワードを深堀して調査することが大切です。

Googleドキュメント

Webライターが記事を執筆したり、クライアントとデータをやり取りする場合には、Googleドキュメントを使うことが多くなります。

Googleドキュメントは使い慣れていないと使いづらかったり、使い方がわからなかったりしますので、早めに慣れておきましょう。

Googleドキュメントは、リアルタイムに保存されたり、変更履歴が残ったりするので、慣れればとても便利です。『記事を途中まで書いたのに消えてしまった・・・』なんてことがありませんので、Googleドキュメントを使いこなすようにしましょう。

まとめ Webライターになるには?

まとめ Webライターになるには?
この記事では、Webライターになるための方法や必要な考え方、ツールなどを紹介していきました。

Webライターは誰にでも挑戦できるチャンスがありますが、誰にでも簡単に稼ぐことができるわけではありません。必要な知識やノウハウはたくさんありますし、いざ執筆しようとすると手が止まってしまうこともあるでしょう。

ですが、パソコンとインターネットがあれば、いつでもどこでも働けるという魅力があり、頑張りしだいでは大きく稼ぐことも可能です。

未経験からでもWebライターになれますので、自分のスキルアップのためにもWebライターに挑戦してみましょう。

Webライターなら将来的に起業独立することも可能です。起業独立する場合は、創業手帳もご活用ください。

起業独立を視野にビジネスを始める方は、創業手帳を無料で取り寄せることができます。

関連記事
ライティングの手法を身に付ける方法とは?集客目的にも副業にも
在宅でできるおすすめ副業8選|スマホやPCでできる安全な仕事の選び方

(編集:創業手帳編集部)

補助金ガイド
将来的に起業や独立を考えている人はこちらの記事も参考にしています

この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ