起業直後に開設する法人口座のおすすめは?来店不要・ウェブ面談で口座開設できるメガバンクをご紹介

起業直後、インターネット申込でスピーディーに法人口座を開設するならみずほ銀行がおすすめ

起業してから考えなければならないことの一つに、銀行口座をどうするかという問題があります。事業を拡大していくにあたっては法人口座を開設するのが必須です。しかし、起業したばかりの忙しい日々の中、手間がかかるイメージが強く審査に通るかどうかも不透明な口座開設は、優先順位が低くなりがちでしょう。

しかし、審査に時間がかかる法人口座であっても、店舗に出向かず口座開設ができる銀行であれば、本業の合間に手早く手続きを完了させられます。とはいえ、オンラインで口座開設できる銀行はほとんどネット銀行で、その後のこと(融資や補助金・助成金などの申請)を考えると一部制約が出てきてしまうのも事実です。

そこでおすすめしたいのが、みずほ銀行の法人口座です。みずほ銀行の法人口座なら、24時間365日、インターネットでの申込が可能で、ウェブ面談を利用することにより店舗に出向くことなく口座開設が完了します。メガバンクでは国内初、みずほ銀行だけがリモートで口座開設プロセスを完結できる支店を全国に拡げています。メガバンクの信用力やサポート力に加えて、口座開設の利便性も加わったみずほ銀行の法人口座、ぜひあなたも検討してみませんか。

本記事では、法人口座開設で考慮すべきポイントや、おすすめの銀行、みずほ銀行の法人口座の魅力などについてまとめてご紹介します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

法人口座を作れないとどうなる?

法人口座を開設しないまま事業をスタートさせることは可能ですが、デメリットも大きいです。まず、法人であるにもかかわらず法人口座がない場合、取引先からの信頼を得にくく、ビジネスのスタートラインにすら立てないことがあります。また、法人口座がないと融資や補助金、助成金などの対象にならない場面も多く事業拡大のチャンスを失うことになりかねません。
せっかく始めたビジネスを確実に発展させていくためにも、起業直後に法人口座を開設する必要があります。

法人口座開設のメリット

次に、法人口座を開設することのメリットを確認しましょう。

まず、法人口座を保有している=その金融機関の審査を通過している、という意味になりますので、取引先や金融機関からの信用が得やすくなります。そのため、融資や補助金、助成金などの申し込みも行いやすくなるでしょう。また、公私のお金の流れがしっかり分けられるようになりますので、経理業務も明確になります。開設した法人口座に口座振替による自動引き落としを設定したり、法人名義のビジネスカードを紐付けることも可能になりますので、キャッシュレス決済も大きく進みます。

以上のように、法人口座を開設するメリットは非常に大きいといえます。

法人口座を開設するのにおすすめの銀行はどこ?

どの銀行を選ぶかによって、申込後のスピードや、その後のビジネス展開などにも影響が出てくるため、法人口座を開設する銀行は慎重に選びたいものです。

メガバンク、地方銀行、ネット銀行、それぞれにメリットがありますので、自社の事業実態にあった口座を選択されることをおすすめします。

本項では、メガバンク、地方銀行、信用金庫、ネット銀行それぞれのメリットをさらに詳細にご紹介します。

メガバンク

みずほ銀行をはじめとしたメガバンクに法人口座を開設するのが一番おすすめです。

メガバンクに法人口座を開設すると、取引先から信用を得られるので、仕事上のやり取りもスムーズにできます。一部地方銀行やネット銀行などが対応していない海外取引などにも対応しているので、サービス面で制約を感じる場面は少ないでしょう。また、日本政策金融公庫の融資指定口座にも安心して利用できますし、将来的には個別融資の相談や、後述するみずほ銀行のスタートアップ支援プログラムなど、充実した様々なサポートを受けられる可能性があります。

やるべきことが多過ぎて、何かと時間のない創業期。早めにビジネスのインフラ面を固めて本業に集中したい経営者の皆さまには、みずほ銀行「法人口座開設ネット受付(来店不要・ウェブ面談)」のご利用がおすすめです。一度検討されてみてはいかがでしょうか。

地方銀行

地域密着型のビジネスを展開していきたい方の場合は、地方銀行で法人口座を開設するのもおすすめです。

地方銀行で法人口座を開設すると、地方のビジネスや人脈に詳しい地方銀行から様々な紹介を受けられる可能性が高まります。また、地方のお金の流れに詳しい地方銀行だからこそできる融資などのスキームについても相談できるでしょう。担当者が変更になったりする可能性も低く、親身に相談しやすい点もメリットです。

一方で、地方銀行の法人口座では海外への送金や振り込みなどができない場合が多く、海外でのビジネス展開を視野に入れている企業にとっては不都合な場面も出てくるでしょう。また、手数料もやや高めです。

信用金庫

起業したばかりの新設企業の場合、信用金庫で法人口座を開設するのもおすすめです。信用金庫はもともと公益性がある金融機関なため、起業したばかりの新設企業であっても積極的に相談に応じてくれます。また、信用がまだない創業期であっても、法人口座を開設しやすいこともメリットです。

一方、信用金庫はビジネスの規模が小さいため、手数料が高くなりがちです。また、資本金が9億円を超えるか、従業員数が300名以上になると、信用金庫の会員を脱退しなければならない縛りもあります。

ネット銀行

ネット銀行の法人口座は店舗を持たずに人件費を抑えているので、口座維持手数料がかからない点が魅力です。また、インターネット専業なので申込も全てオンラインで完結できる手軽さ・素早さも魅力と言えるでしょう。24時間365日、オンラインで振込や決済ができます。

メガバンクのように高額の融資ができないことや、税公金の支払や海外への送金等で制約が出る補助金等の申請に使えないこともある点には留意しておきたいところです。

店舗に出向かず法人口座を開設できる?

上述したように、ネットバンクだけでなく、最近ではメガバンクでも店舗に出向くことなく法人口座を開設できるようになってきました。中でもみずほ銀行では、47都道府県にウェブ面談での口座開設が可能な店舗を拡大しています。

法人口座開設ならみずほ銀行がおすすめ

「起業した直後で日中は仕事に集中したいから、銀行に出向く時間がない」という方には、オンラインで24時間365日申し込めるうえ、口座開設までのプロセスをリモートですべて完結できるみずほ銀行で法人口座の開設を検討されることをおすすめします。

みずほ銀行の法人口座なら、ウェブ明細で取引の情報などを気軽に把握できるうえ、インターネットバンキングや法人用キャッシュカードの利用で資金決済はいつでも利用できます。また、メガバンクのなかでも特に創業期のお客さま支援に力を入れており、将来的に融資の相談、ビジネスマッチング、各種経営支援サービスを受けられる可能性も高いです。さらに、銀行だけではなく、信託や証券など、総合金融グループとしてフルラインのサポートも期待できます。

みずほ銀行法人口座の魅力

みずほ銀行の法人口座にはたくさんの魅力があります。本項では、みずほ銀行の法人口座が有する魅力をご紹介します。

ウェブで情報が閲覧しやすい

みずほ銀行の法人口座なら、「みずほWEB帳票サービス」を利用して各種取引帳票をインターネット上で閲覧できて便利です。取引帳票は13ヵ月間閲覧できます。また、忙しい起業直後の時期であっても、インターネットから振り込み・残高照会・入出金明細照会が可能な「みずほビジネスWEB」を利用すれば、忙しい業務の合間を縫って発注先に振り込みなどをすることが可能です。スマホからも利用できるので、お金の流れをいつでも把握しておくことができます。

キャッシュカードを発行してATMで気軽に利用

みずほ銀行の法人口座は、当然キャッシュカードを発行することが可能ですが、さらに「法人口座開設ネット受付(来店不要・ウェブ面談)」であれば、初期発行手数料も無料になるそうです。キャッシュカードがあれば、いつでも気軽にATMからお金の流れを確認したり、振り込みなどを実施できます。みずほ銀行は国内ATM拠点数がメガバンク中No.1です(2022年8月現在)。そのため、国内どこからでもATMを気軽に利用できます。イオン銀行ATMもみずほ銀行ATMとして利用できます。

「みずほビジネスデビット」も10枚まで発行可能

みずほ銀行の法人口座を開設すると同時に、「みずほビジネスデビット」カードを利用できるようになります。事業活動を円滑に進めるために、現場社員が使えるキャッシュレス決済手段として多くの事業者の方々が「みずほビジネスデビット」を利用されています。デビットカードなので、決済と同時に口座から利用金額が引き落とされます。経費精算の手続きを省けるため、業務効率化に大いに役立つでしょう。

インターネットで利用金額の上限を設定できるため、リスクコントロールが可能です。また、世界中のVISA加盟店で使えるので、海外での買い付けなどにも便利です。年会費がいくら使っても無料であること、1つの法人口座で10枚まで「みずほビジネスデビット」カードを発行できることも魅力です。

起業家がみずほ銀行の法人口座を選ぶメリット

ITなどの先端産業でイノベーションを起こそうと画策しているスタートアップ起業家の方には、みずほ銀行で法人口座を開設するメリットが特に大きいです。というのも、みずほ銀行には独自のスタートアップ支援プログラム「M’s Salon」があるためです。

「M’s Salon(エムズサロン)」とは、みずほ銀行がグループの総力を上げてスタートアップを支援するプログラムです。資金調達サポートはもちろんのこと、日本を代表するようなサポートカンパニー約60社とのビジネスマッチングの機会、事業遂行ノウハウの提供など、様々なサポートを期待できます。

みずほ銀行と関係性が深いベンチャーキャピタルとのマッチング機会や、様々なピッチイベント、オープンイノベーション創出のためのセミナー開催など、イベントは盛りだくさん。メンターにも家入一真氏や宇野康秀氏をはじめとした著名なスタートアップ起業家が名を連ねています。

「M’s Salon」にはみずほ銀行のお取引先でなければ入会できません※。この機会を逃さないよう、みずほ銀行の法人口座を開設してみませんか。
※M’s Salonの入会には審査がございますので、あらかじめご了承ください。

みずほ銀行法人口座利用者の声

みずほ銀行の法人口座は、口座開設プロセスがインターネット申込で可能な手軽さが起業家にも評価されています。

オーガニック農作物のマーケットプレイス「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン代表取締役の秋元里奈氏からは、「日中は銀行に行く時間がなかったので、夜中に自宅のパソコンから申し込みできたのが嬉しかったですね。また、1週間で口座開設が済み、ほっとしたのを覚えています」とそのスピードについての評価がありました。

90年代の古着の買付をし、インターネットなどで販売を行う株式会社10double/取締役の平野剛士氏からは、「バイヤーを複数人抱えており、買付は月間で数十件発生します。それぞれが買付の都度立替をしていると、その後の精算手続きが煩雑になってしまいますし、また良い品物に出会った際には彼らの判断で迅速に購入する必要があるため、弊社では『みずほビジネスデビット』を活用しています」と、「みずほビジネスデビット」の利便性について好意的なコメントをいただいています。

みずほ銀行で法人口座を開設しよう

これまで、メガバンクにおける法人口座開設プロセスは店舗への「来店」が前提でしたネット銀行などは元々オンラインに特化した口座開設を実装していましたが、一般的にメガバンクは、セキュリティや審査の厳重さの問題から、完全リモートで口座開設を実施することが困難でした。しかし2022年7月、国内のメガバンクではじめて、みずほ銀行が全国の対象店舗で店舗に出向かず口座開設を行うことを可能にしました。これにより、より多くの起業家がみずほ銀行の法人口座を開設できるようになると考えられます。

従来よりあったメガバンクとしての信用やサポート力に加えて、口座開設の手軽さ・スピードが加わったみずほ銀行の法人口座を開設しない手はありません。起業したばかりでどの銀行の法人口座を開設しようか悩まれている方は、一度みずほ銀行での法人口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

(監修: 株式会社みずほ銀行
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ