注目のスタートアップ

小型SAR衛星の開発・運用と観測データを活用したソリューションサービスの提供を行う「Synspective」が70億円調達

company

2024年6月20日、株式会社Synspectiveは、総額70億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Synspectiveは、小型SAR衛星の開発・運用と、衛星による観測データを活用したソリューションサービスの提供をワンストップで行っています。

2024年3月13日に、自社4機目となる小型SAR衛星「StriX-3」を打ち上げ、軌道投入と通信・アンテナ展開に成功しています。

2020年代後半には、30機のSAR衛星コンステレーションを構築し、広範囲・高頻度の地上観測を可能にするシステムの構築・運用を目指しています。

今回の資金は、小型SAR衛星の開発・製造・打上・運用、量産施設の本格稼働に向けた準備、衛星データソリューションの開発とグローバル展開などに充当します。


2010年時点で約27兆円だった世界の宇宙ビジネス市場規模は、2023年には約54兆円に成長しました。さらに、2040年までに140兆円を超えるという予測もあります。

この急速な成長の背景には、超小型衛星の進化と打ち上げコストの低下が大きく寄与しています。これにより、多くのスタートアップが市場に参入しています。

人工衛星の打ち上げ数も大幅に増加しており、経済産業省によると、世界の人工衛星の打ち上げ数は2011年の129機から2022年には2,368機へと大幅に増加しています。

これらの衛星はリアルタイムまたは準リアルタイムで地上の情報を収集することができ、インターネット環境が整備されていない地域でもデータ取得が可能です。そのため、衛星データの活用が今後ますます重要となると考えられています。

Synspectiveは、2020年代後半に30機の小型SAR衛星コンステレーションの構築を目指しています。

この衛生コンステレーションとは、複数の衛星を打ち上げて地球全体をカバーするネットワークを形成するシステムです。これにより、広範囲・高頻度の地上観測を可能にするシステムの実現を目指しています。

ビジネスの大きな成長のためには戦略的な資金調達が必要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるための方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB SAR システム ソリューション データ ワンストップ 宇宙 宇宙ビジネス 小型SAR衛星 株式会社 構築 衛星 衛星コンステレーション 観測 資金調達 運用 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「BeeX」が「Google Cloud」のライセンス販売と自動監視サービスを新たに開始
2022年6月23日、株式会社BeeXは、「Google Cloud」のライセンス販売と自動監視サービスを新たに開始することを発表しています。 ライセンス販売サービス「BeeXPlus for Goo…
届けたい情報を必要とする人のもとに届けるための自動化プラットフォーム「Ecomedia」開発の「Scalably」が資金調達
2022年3月2日、Scalably株式会社は、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 誰かが発信するエコシステム情報を、届けたい人々に伝え続けるための自動化プラットフォーム「Ec…
画像・映像認識AIアルゴリズムの「ACES」が介護者支援スタートアップの「aba」に行動認識技術を提供
2020年12月24日、株式会社ACESは、株式会社abaに、行動認識技術の提供を開始したことを発表しました。 ACESは、画像映像認識AIアルゴリズムにより、リアル産業のビジネス・プロセスやバリュー…
「オリコン」がダンスのオンラインレッスンサービス「スポともダンス」などを提供する「だんきち」に出資
2022年7月29日、オリコン株式会社は、株式会社だんきちへの出資を決定したことを発表しました。 だんきちは、ダンスのオンラインレッスンサービス「スポともダンス」、スポーツ領域のオンラインレッスンアプ…
フリーランス向け賃貸与信アプリ「smeta」など運営の「リース」が7,000万円調達
2020年3月31日、リース株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フリーランス向け賃貸与信アプリ「smeta(スメタ)」や、フリーランス向け家賃債務保証サービス「s…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】