注目のスタートアップ

企業分析SaaSを開発・運営する「バフェットコード」が資金調達

company

2024年3月19日、バフェットコード株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

バフェットコードは、企業分析SaaS「バフェット・コード」を開発・運営しています。

上場企業データベースのエンリッチ化(データの強化)だけでなく、スタートアップや未上場企業の領域でも多様な用途を想定した構造化データを整備しています。

2022年秋からスタートアップデータベースの公開を開始し、2023年春にスタートアップ以外の未上場企業をカバーするための拡充を図っています。

2024年2月現在、約20万社のデータを有する企業情報プラットフォームとなっています。

「バフェット・コード」では、これらデータをWebアプリケーションやWeb API経由で提供しています。

ユーザーは「バフェット・コード」を利用することで、企業調査・分析にかかる時間を従来比で95%削減することができます。

今回の資金は、エンタープライズ向けサービスの拡販に向けた営業体制の強化や、機能開発に充当します。


多様な企業でデータ活用が進められている中、企業情報の活用はより多様化しています。

上場企業は、投資家・株主・債権者などのステークホルダーに対し、必要な情報提供を行うことが義務づけられています。

これら公開されている情報は、その企業と取引を考えている企業や競合企業などにとって重要な情報にもなります。

こうした企業情報は特に営業活動において活用が進んでいますが、近年は、経営管理、M&A、新規事業創出、与信管理、カスタマーサクセスなどさまざまな領域で利用されることが増加しています。

バフェットコードは、企業情報のさらなる活用を促すため、上場企業のみならず、スタートアップ・未上場企業において充実した企業情報データベースを整備し、提供しています。

事業を大きく成長させるには戦略的な資金調達が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB SaaS スタートアップ データベース バフェット・コード バフェットコード ビッグデータ 企業 企業情報 分析 情報 未上場企業 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

モバイル・オーダー・プラットフォーム提供の「LBB」が「おおさか社会課題解決ファンド」から資金調達
2021年2月22日、株式会社LBBは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大阪信用金庫とフューチャーベンチャーキャピタル株式会社が共同設立する「おおさか社会課題解決ファンド」です。 L…
給料即日サービス「Payme」の「ペイミー」が7億円調達
2019年7月8日、株式会社ペイミーは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 給与即日払いサービス「Payme」を運営しています。 企業の勤怠データと連携し、実労働時間から給与計算を行っ…
量子関連技術の活用を目的としたコンピューターサイエンスアルゴリズムを開発する「Quanmatic」が2.5億円調達
2023年3月1日、株式会社Quanmaticは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Quanmaticは、量子関連技術の活用を目的としたコンピューターサイエンスアルゴリ…
ゲームパブリッシャーの「イザナギゲームズ」が4.3億円調達 中国の「ビリビリグループ」と業務提携
2022年2月8日、株式会社イザナギゲームズは、総額4億2,980万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、中国のHODE HK Limited(ビリビリグループ)と業務提携契約を締結したこ…
リモート人材事業の「キャスター」が6億円調達
2020年4月9日、株式会社キャスターは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・アシスタント・サービス「CASTER BIZ」や、採用業務の一括代行サービス「CASTER B…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】