注目のスタートアップ

生成AIを活用した商品画像自動生成サービス「Fotographer.ai」を提供する「Fotographer AI」が1.4億円調達

company

2024年2月6日、Fotographer AI株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Fotographer AIは、生成AIを活用した商品画像自動生成サービス「Fotographer.ai」を提供しています。

ECサイトやマーケティングで使用する商品画像を自動生成するAIサービスです。

商品画像をアップロードし、作成したい商品イメージをテキストで入力するかテンプレートを選択することで、クリエイティブな商品画像を作成できます。

また、ブランドイメージなどを学習し、ブランド独自のクリエイティブの提案・作成ができる機能も提供しています。

今回の資金は、プロダクト開発、マーケティング、採用・組織体制の強化に充当します。


近年、AI技術が急速に発展し、社会・産業での活用が進められています。

一方で、AI活用には専門的な知識が必要となるため、専門知識がない人・組織は、自身の用途に合ったAIサービスが登場するのを待つか、あるいはAIを組み込んだツールを独自に開発するしかありませんでした。

しかし生成AIの登場はその状況を大きく変えました。

生成AIは、日常的に利用する言葉(テキスト)による命令によって、画像・動画・テキスト・音などのデータを生成するAIのことです。

この生成AIは高精度かつスピーディにデータを出力してくれるため、より多様な領域でAI活用を可能にしています。

たとえば画像生成AIは、写真を撮影したり、画像を加工したり、イラストを描いたりするよりも圧倒的に素早く、ユーザーがイメージした画像を生成することができます。

Fotographer AIは、この生成AIを活用し、商品画像を自動生成するAIサービス「Fotographer.ai」を提供しています。

商品画像はECサイトやマーケティングなどで利用する画像のことです。

ECサイトやマーケティングでは、魅力的な商品画像は、その商品の訴求力に大きく影響してきます。しかし商品の移り変わりが早い事業者や、小規模で画像制作などにコストをかけられない事業者では、リッチな商品画像を用意したりすることは困難です。

「Fotographer.ai」はこうした課題を解決します。イメージ通りの商品画像を短時間で作成できるため、コスト削減を図りつつ迅速に作成し、施策を展開することが可能となります。

AIは、これまで非効率的だった業務の大幅な効率化を実現するなど、大きな革新をもたらしています。AIの活用は企業の利益を最大化するために重要な取り組みであるため、もし非効率的な業務があるのならば、最適なAIソリューションを探すことが必要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考になさってください。

また、システムの整備においては資金調達が必要となることもあるでしょう。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB EC Fotographer.ai サービス フォトグラファーAI マーケティング 作成 写真 商品 商品写真 商品画像 株式会社 生成AI 画像 自動生成 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

創薬型の農薬スタートアップ「アグロデザイン・スタジオ」が1億円調達
2020年1月16日、株式会社アグロデザイン・スタジオは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 現在、“撒くと環境汚染が減り作物の成長がよくなる硝化抑制剤”、“特定の害虫を選択的に退治…
「ジャングルX」が「SBIホールディングス」と資本提携 Web3事業推進に向けたJV設立に関して基本合意
2022年11月14日、ジャングルX株式会社は、SBIホールディングス株式会社との資本提携とシンガポールでの合弁事業会社設立に関して基本合意したことを発表しました。 ジャングルXは、オリジナルのスポー…
ワーク・シェアリング・サービス運営の「タイミー」と近鉄グループの総合人材サービス提供の「Kサポート」が業務提携
2020年10月26日、株式会社タイミーは、株式会社Kサポートと業務提携契約を締結したことを発表しました。 タイミーは、空いた時間に働きたい人と、すぐに人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリン…
不動産のAI査定サービス「HowMa」運営の「コラビット」が資金調達
2021年8月17日、株式会社コラビットは、資金調達を実施したことを発表しました。 不動産のAI査定サービス「HowMa」を提供しています。 物件情報を入力することで、オンライン上で簡単に自宅の価格や…
産業用ドローンメーカーの「プロドローン」と「名古屋鉄道」が資本業務提携
株式会社プロドローンは、名古屋鉄道株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 プロドローンは、推奨ペイロード20kgの量産マルチコプター「PD6B-Type3」や、2時間飛行可能で耐侯…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】