注目のスタートアップ

コンピュータービジョン技術を活用したサービスを提供する「TIGEREYE」が3億円調達

company

2023年10月31日、株式会社TIGEREYEは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

TIGEREYEは、クラウドコンピュータービジョン技術(セキュリティテック)を活用し、生体認証基盤、人物属性・物体認知・行動追跡・予測などのサービスを提供し、スマートシティ構想の実現を支援しています。

今回の資金調達により、以下の事業・取り組みに注力します。
・リアルタイムにクラウドで、ブラウザで利用できるコンピュータービジョン技術(セキュリティテック)「TIGEREYE COMPUTER VISION FRAMEWORK」
・セキュリティレベルに合わせてセキュリティ強度を変更できる認証機能「TIGEREYE AUTH SCORING」
・顔認証AIプロダクト「顔パスファミリー」の販売促進
・広報・プロモーション
・優秀な人材の確保


コンピュータービジョンとは、システムが画像や動画などの視覚データを認識できるようにする技術です。近年のAI技術の発展に伴い、より正確で高度なコンピュータービジョンが実現されています。

コンピュータービジョンは非常に広範な領域で活用可能な技術です。

製造業では工場の異物検査の自動化や不良品検査、医療では医用画像の分析支援や患部の特定、セキュリティ分野では顔認証システム、自動車では自動走行に必要な周囲の判断などが例として挙げられます。

TIGEREYEは、顔認証を中心としたクラウドコンピュータービジョン技術により、スマートシティ化に貢献することを目指しています。

スマートシティ構想とは、安心・安全で持続可能な都市を実現するため、IoT・AI・ロボットなどのテクノロジーを活用する都市づくり・街づくりのことです。

スマートシティは、高齢化の進展や、東京一極集中による地方の衰退、近年多発する大規模な自然災害などの社会課題を解決するものとして重要であり、現在国・自治体・企業などが協力して構想を進めています。

スマートシティ構想においてコンピュータービジョンは、生体認証、防犯、人流分析、災害対策などにおいて活用されます。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB TIGEREYE カメラ クラウド コンピュータービジョン セキュリティ セキュリティテック 技術 株式会社 生体認証 画像 認証 資金調達 顔認証
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

映画視聴中に関連グッズを直接購入できる動画配信体験サービス「ROOM cinema」がローンチ
2022年3月7日、株式会社SEPALは、「ROOM cinema」をローンチしたことを発表しました。 「ROOM cinema」は、映画視聴中に関連グッズを画面から離脱せずに直接購入できる動画配信体…
医療業界向けシステム・アプリ受託開発などの「ジーワン」がIT営業アウトソーシングの「BCC」と資本提携
2022年5月23日、ジーワン株式会社は、BCC株式会社からの出資を受け入れたことを発表しました。 ジーワンは、医療向けにHXデザイン(ヘルスケアエクスペリエンスデザイン)、システム・ウェブサイト開発…
ブロックチェーンを活用した新規事業開発支援の「CryptoPie」とブロックチェーン関連サービスの提供などの「CryptoLab」が業務提携
2020年10月20日、株式会社CryptoPieは、株式会社CryptoLabと業務提携契約を締結したことを発表しました。 CryptoPieは、2016年からブロックチェーン業界に携わり、ベンチャ…
内視鏡の画像診断支援AIを開発する「AIメディカルサービス」が80億円調達
2022年4月26日、株式会社AIメディカルサービスは、総額80億円の資金調達を実施したことを発表しました。 がん関連病変の内視鏡検査で、専門医の診断を支援するAIシステムを開発しています。 2022…
工場の現場作業を高精度に解析する画像認識ソフトウェア「Ollo Factory」を展開する「Ollo」が2億円調達
2022年7月11日、株式会社Olloは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Olloは、作業を高精度に解析する画像認識ソフトウェア「Ollo Factory」や、高精度の顔認証ソフ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】