注目のスタートアップ

フレッシュペットフード「ココグルメ」などを手がける「バイオフィリア」が3.7億円調達

company

2024年1月24日、株式会社バイオフィリアは、総額3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

バイオフィリアは、犬用フレッシュペットフード「CoCo Gourmet(ココグルメ)」、猫用フレッシュペットフード「Miao Gourmet(ミャオグルメ)」を開発・販売しています。

ヒューマングレードの新鮮な国産肉・野菜を使用し、食材本来のおいしさや栄養価を実現する低温加熱調理にこだわるフレッシュペットフードです。

また、調理・配送・保管など、顧客に届くまでのすべての工程において人間の食品同等の基準で管理していることを特徴としています。

国内のフレッシュフードブランドとして初となる海外進出を進める計画であり、海外事業の足がかりとして台湾への進出を予定しています。

今回の資金は、海外進出に向けた販路開拓、人材採用の強化、新商品開発・広告宣伝による新規顧客獲得、サプライチェーン強化などに充当します。


少子高齢化によりペット全体の飼育頭数は減少傾向にあるものの、ペット市場自体は微増傾向にあります。これは、ペットの家族化が進んだことにより、1頭あたりの消費額が増加したことが主な要因です。

とくに消費額が増加しているのが、フレッシュペットフードに代表されるプレミアムペットフードや動物病院です。

従来から市販されてるペットフードは、原料である肉・魚・野菜などを粉砕し、加熱、成形したドライフードが主流です。

このうち安価なものは、人間用の食材としては適さないグレードの原料を利用することでコスト低減を図っていることがあります。

このことは消費者にも広く知られるようになっており、愛するペットにも人間品質のフードを食べさせたいというニーズが高まり、プレミアムペットフードの市場が拡大しているのです。

バイオフィリアのフレッシュペットフード「ココグルメ」は、フレッシュフードにおいて国内シェアNo.1(2022年)を誇り、累計販売食数1億2,000万食、会員愛件数20万頭を突破しています。

株式会社バイオフィリアのコメント

このニュースを受けまして、株式会社バイオフィリアよりコメントが届きました。

今回の資金調達の目的は何ですか?

リテール事業の強化や新商品の開発等、国内でも更に多くのお客さまにサービスを届けるのはもちろんのこと、海外進出にも積極的に挑戦するフェーズとなり、そのための布石として今回の資金調達があります。

この調達でバイオフィリアは明確に次のステージへと移りました。これまで以上に熱量を上げて、事業活動を愚直に展開していきます。

今後の展望を教えてください。

「動物の幸せから人の幸せを」というバイオフィリアの理念のもと、ココグルメでは「世界で最も愛されるブランドになる」という目標を掲げています。

そのために10年後売上1,000億円の長期目標を設定し、全メンバーが本気でこの目標の達成を狙い、信じ、熱狂するという、スタートアップとして最高のコンディションになっております。

まずは国内で手作りフードを、ココグルメを当たり前の選択肢にすることが今後の展望ですが、それだけではありません。

ココグルメは日本のお客さまと一緒に作った最高の商品です。お客さまのお声や愛犬への切なる願いを受けて改善に改善を重ねられており、お客さまの愛犬に対する愛情や思いや夢を託され、その全てを一身に背負っているサービスです。

私たちには、こんなに最高のココグルメを世界でも広めていかなければいけない、という強い使命感があります。ココグルメを世界でも当たり前の選択肢にして、最も愛されるブランドとなって、世界中の愛犬と飼い主の皆さまを幸せにすることが私たちのミッションです。

読者へのメッセージをお願いします。

日本の一人当たりGDPは世界で23位まで低下したというニュースは記憶に新しいかと思います。

私たちの動物福祉、アニマルウェルフェアの領域は、元々日本は国際的に水準が低いという課題感がありましたが、ここにきて日本の国際的地位の低下に対して私は強く使命感を抱く様になっており、その思いは私だけではなく皆さんの多くが憂慮されていることだと思っています。

私は「世界で最も愛されるブランドを作る」という目標のもと世界にも挑戦し、必ず成功させ、「日本のスタートアップだって海外でやれるんだぞ!」という姿を皆さんにも見せていきたいです。

みなさんもチャレンジして一緒に日本を元気にしていきましょう。私も皆さんからパワーをもらいたいです。

事業の拡大には戦略的な資金調達やシナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法などを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CoCo Gourmet D2C Miao Gourmet ココグルメ バイオフィリア フレッシュペットフード ペット ペットフード ミャオグルメ 動物 株式会社 海外展開 海外進出 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「アドウェイズ」がARを活用した体験型広告「AR カメラフィルター広告」をリリース
2020年8月17日、株式会社アドウェイズは、「AR カメラフィルター広告」の提供を開始したことを発表しました。 「AR カメラフィルター広告」は、AR(拡張現実)を活用し、スマートフォンのブラウザ上…
高度な蓄電池制御技術を保有する「NExT-e Solutions」が「大阪ガス」と資本業務提携
2022年9月14日、NExT-e Solutions株式会社は、大阪ガス株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 NExT-e Solutionsは、独自の蓄電池の制御技術(BMS…
食品・化粧品・医薬品産業向けAIロボットを開発する「Closer」が1億円調達
2023年5月10日、株式会社Closerは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Closerは、食品、化粧品、医薬品(三品)産業を中心とした製造現場向けに、AI画像処理・ロボット制御…
「VR内見」などビジネスVR事業展開の「ナーブ」が16億円調達
2019年9月30日、ナーブ株式会社は、総額16億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産の内見にVRを活用する「VR内見」や、VRと遠隔通話による無人店舗サービス「どこでもストア」、VRで…
オンライン賃貸プラットフォーム「airdoor」を運営する「エアドア」が1.5億円調達
2023年4月25日、株式会社エアドアは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エアドアは、オンライン賃貸プラットフォーム「airdoor(エアドア)」を運営しています。 管…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】