注目のスタートアップ

心疾患診断アシスト機能を搭載した「超聴診器」を開発する「AMI」が1億円調達

company

2022年3月1日、AMI株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

心疾患診断アシスト機能付き遠隔医療対応聴診器「超聴診器」を開発しています。

心電・心音の同時計測と、独自のアルゴリズム・データ処理によって、心臓聴診において、周囲の音に左右されず、精密かつ素早く医師の診断をアシストする情報を提供することを目的とした聴診器デバイスです。

人間の耳では聴くことのできない非可聴周波数帯まで解析でき、これまで取りこぼしていた診断も可能となります。

また、「超聴診器」を活用した遠隔医療を実現するため、遠隔聴診対応ビデオチャットシステムの開発も行っています。

日本において心疾患はがんに次いで死亡率の高い病気です。

昔は心疾患の兆候を捉えるために聴診器を使用していました。現在は医療機器が発展し、心臓超音波装置(エコー検査)によって心臓の動き・逆流・狭窄の有無が把握できるようになっています。

一方で、心臓超音波装置などは持ち運べる大きさではなく、備えつけている医療機関でしか検査を受けることはできません。そのため、突然の死を招くことの多い心疾患の兆候を日常的に把握することにはハードルがあります。

AMIは、この課題を解決するため、心疾患診断アシスト機能付き遠隔医療対応聴診器「超聴診器」を開発しています。

心音に関する医療的な知見は多く蓄積されているため、もし手軽に扱うことのできる聴診器をテクノロジーによってサポートすることができれば、もっと気軽に心疾患を早期発見することが可能となるのです。

「超聴診器」は、高度なスキルを必要とする聴診器での診察において、心音・心電データをテクノロジーによって解析することで医師の診断のアシストを実現します。

また、心音・心電をデータとして取得できるようになれば、遠隔医療・診察の実現も可能となります。

どの医療機関・クリニックにも配備されるようになれば、突然死を招く心疾患の早期発見・早期治療に大きく貢献することになるでしょう。

最先端の技術は、医療における課題を解決する可能性があるなど、様々な領域で必要とされています。技術開発には多くの資金が必要となるため、資金調達に関するノウハウを知っておくとよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AMI デバイス ヘルスケア 医療 医療機器 心臓 株式会社 疾患 聴診器 診断 資金調達 超聴診器 遠隔医療
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ノーコードでフルメッシュ型クラウドVPNを10分で導入できる新サービス「Wissy」β版募集開始
2022年1月24日、株式会社Notchは、新サービス「Wissy」のβ版ユーザーの募集を開始したことを発表しました。 「Wissy」は、数行、もしくはノーコードでUXの高いプライベートネットワーク(…
HRTechをベースとしたプロダクトなど開発の「HAB&Co.」が資金調達
2020年7月22日、株式会社HAB&Co.は、資金調達を実施したことを発表しました。 採用特化型・人材募集サイト開設・運用サービス「SHIRAHA(シラハ)」や、ハローワークの求人番号を入力するだけ…
アート作品の分割保有プラットフォーム「STRAYM」運営の「SMADONA」が資金調達
2020年2月17日、SMADONA株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、アート作品の分割保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」のα版のサービス提供の開始も併せて発表…
灯油自動発注配送管理システム「GoNOW」提供の「ゼロスペック」が2.3億円調達
2020年11月11日、ゼロスペック株式会社は、総額約2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 灯油の自動発注配送管理システム「GoNOW」を開発・運営しています。 顧客の灯油タンク…
AI学習プラットフォーム運営の「アイデミー」が8.3億円調達
2020年1月30日、株式会社アイデミーが、総額8億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI学習プラットフォーム「10秒で始めるオンラインAI学習サービスAidemy」を運営してい…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ