注目のスタートアップ

医療機関向けスマートフォンサービス「日病モバイル」を開発・提供する「フロンティア・フィールド」が39億円調達

company

2023年7月4日、株式会社フロンティア・フィールドは、総額39億円の資金調達を実施したことを発表しました。

フロンティア・フィールドは、医療機関向けスマートフォンサービス「日病モバイル」を開発・提供しています。

「日病モバイル」は、専用回線を介した通信によりセキュリティを担保しつつ、職員間での通話・コミュニケーション、ナースコール・電子カルテとの連携、緊急通報などを実現するサービスです。

今後は、通話・PHSの代替としてだけでなく、あらゆる医療システム・医療機器・医療従事者をつなぐハブとして進化させていく計画です。

今回の資金は、組織体制の強化に充当します。


スマートフォンの普及に伴い、医療機関においても医療従事者間のコミュニケーションや、業務効率化に役立つアプリケーションの利用などでスマートフォンが活用されています。

一方、医療機関で扱う情報は、個人情報保護法のなかでも、もっとも守らなくてはならない重要な情報のひとつとして位置づけられているため、医療業務でスマートフォンを利用するには、セキュリティの課題を解決する必要があります。

たとえば、医療機関が保有する情報がサイバー攻撃・ウイルス・人為的なミスなどによって流出してしまうと、患者や関係者に大きな損害を与えてしまうことになります。

さらに最悪なのが、外部からの攻撃によってシステムが使えなくなってしまえば、医療機関の業務が麻痺してしまい、医療そのものに支障が生じる可能性があることが挙げられます。

たとえば、2021年10月には、徳島県つるぎ町立半田病院がサイバー攻撃の被害に遭い、電子カルテや会計などのシステムがダウンし、患者データが利用不可能になり、急患や新規患者の受け入れ停止や手術の延期などが余儀なくされたという事件が起こりました。

このような医療機関を標的としたサイバー攻撃は、コロナ禍による医療機関の急激なデジタル化によって増加しています。これはセキュリティ対策まで手が届いていない医療機関が多いことが理由であるため、医療機関ではセキュリティを担保しながらデジタル化を推進する必要があります。

フロンティア・フィールドは、外部から直接アクセスができない通信ネットワークである閉域網を利用した医療機関向けスマートフォンサービス「日病モバイル」の提供により、医療機関においてセキュリティを担保したデジタル化に貢献しています。

適切なセキュリティの構築ができず顧客や社会に損害を与えてしまうと大きな損失となるため、事業活動・成長に必須のものと位置づけて取り組んでいくことが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

また、社内体制を根本的に変更するようなシステム構築の場合は、資金調達なども必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX コミュニケーション サービス スマートフォン セキュリティ ネットワーク フロンティア・フィールド モバイル モバイル通信 医療従事者 医療機関 情報セキュリティ対策 携帯電話 日病モバイル 株式会社 病院 資金調達 通話 閉域ネットワーク 電子カルテ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

点検DXロボットやロボットの統合管理プラットフォームを手掛ける「ugo」が資金調達 「安川電機」「川崎重工業」と協業
2022年10月28日、ugo株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、ロボットの統合管理プラットフォーム「ugo Platform」を、株式会社安川電機が開発する産業用ロボット「MO…
入出荷予約受付サービス「telesa-reserve」 遠隔受付とドライバーの健康状態を記録できる機能がリリース
2021年4月12日、株式会社TSUNAGUTEは、提供する「telesa-reserve(テレサリザーブ)」の新機能として、遠隔受付とドライバーの健康状態を記録できる機能をリリースしたことを発表しま…
ナレッジ共有ツール「Qast」運営の「any」が6,500万円調達
2020年4月2日、any株式会社は、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社内のナレッジ共有ツール「Qast(キャスト)」を運営しています。 Q&AとWikiにより、社内のナレ…
アバター技術により人間を生身から解放する「AVITA」が設立 5.2億円を調達
2021年9月7日、AVITA株式会社は、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人と関わるロボットやアバターの研究開発を行う石黒浩氏(大阪大学大学院基礎工学研究科教授)が設立…
自動接客ツール「anybot」開発・運営の「エボラニ」が3.4億円調達
2022年2月21日、エボラニ株式会社は、総額3億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 自動接客ツール「anybot(エニーボット)」を開発・運営しています。 接客用のチャットボット…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】