注目のスタートアップ

創薬バイオベンチャーの「セルアクシア」が6.4億円調達

company

2022年8月19日、セルアクシア株式会社は、総額約6億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

セルアクシアは、従来の治療法では治せなかった難治性疾患に対して画期的な有効性を示す新規細胞治療薬の実用化を目指し、研究開発を行っています。

ひとつめの開発パイプライン「E-MNC(CA-702)」は、自己免疫疾患のひとつであるシェーグレン症候群を対象としたものです。

2022年8月現在、5つの大学病院と連携し、第2相試験(Phase2企業治験)を進めています。

今回の資金は、「E-MNC(CA-702)」の治験と薬事承認・上市に向けた活動、もうひとつのパイプライン「ダイレクトコンバージョン(DC)プロジェクト」の実用化に向けた研究開発、海外展開のための基盤整備に充当します。

シェーグレン症候群とは、臓器特異的自己免疫疾患のひとつです。免疫が涙腺や唾液腺に反応することを特徴としています。

主に50歳代が発症することが多く、またその9割が女性となっています。

初期症状としては、目が乾くドライアイや、口が乾くといったドライマウスが現れます。また、耳下腺や顎下腺に炎症が起こり腫れることもあります。ほかにも疲れやすい、関節が痛むといった症状を伴うこともあります。

症状が進行すると肺や腎臓に病変が現れ、命に関わることもあります。

原因がわからず有効な治療法が確立されていないため、国の指定難病のひとつなっています。

国内のシェーグレン症候群の患者は約7万人とされています。しかし、身近な症状であるため、潜在的患者がもっと存在すると考えられています。

セルアクシアは、高機能細胞の役割に注目し、難病の病態に最適な高機能細胞を体外で増殖させ治療薬として用いることで、難病の治療を実現する治療法の開発を目指しています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ セルアクシア バイオベンチャー 創薬 株式会社 治療 治療薬 研究開発 細胞 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

高機能性ペプチドDRPを用いた創薬を展開する「Veneno Technologies」が2億円調達
2022年1月25日、Veneno Technologies株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 高機能性ペプチドDRPを用いた創薬を中心に事業を展開しています。 DRP分子…
スタートアップ起業家専門の投資銀行事業を展開する「ファイナンス・プロデュース」が「JDSC」から資金調達・資本業務提携
2022年10月7日、株式会社ファイナンス・プロデュースは、株式会社JDSCからの資金調達と、戦略的な資本業務提携を決定したことを発表しました。 ファイナンス・プロデュースは、スタートアップ起業家専門…
事業開発に強みを持つコンサルティングファーム「コロニー」が「ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス」と資本業務提携
2022年6月10日、コロニー株式会社は、株式会社ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 コロニーは、外部人材を活用しながらクライアント企業の戦略…
「プレシジョン」が一般向けに医学情報サイト「お医者さんオンライン」/診療所向けにAI診療支援システムを無償提供
2021年2月17日、株式会社はプレシジョンは、2,000名の著名医師による医学情報データベースを活用し、一般向けに家庭の医学情報サイトとして無償公開、診療所向けにはAI診療支援システムを無償提供する…
微小重力環境を再現する装置など提供の「スペース・バイオ・ラボラトリーズ」が1億円調達
2020年6月24日、株式会社スペース・バイオ・ラボラトリーズは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 地上で模擬的に微小重力環境を再現する重力制御装置「Gravite(グラビテ)」や…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ