注目のスタートアップ

「三菱UFJ銀行」がWeb3・メタバース事業を手がける「TBT Labグループ」と資本業務提携

company

2023年5月12日、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の連結子会社である株式会社三菱UFJ銀行は、TBT Lab株式会社の子会社であるJP UNIVERSE株式会社と、ログシス株式会社の計6億円の株式取得を決定し、TBT Labグループと資本業務提携を締結したことを発表しました。

JP UNIVERSEは、『ファイナルファンタジーXV』のディレクターを務めた田畑端氏が立ち上げたメタバーススタジオです。メタバース空間構築ツール「PEGASUS WORLD KIT」や、メタバースプラットフォーム「RYUGUKOKU」の構築・運営を行っています。

ログシスは、ユーザーのメタバース空間内における往来を容易にする決済機能付き身分証明書「MULTI MAGIC PASSPORT」の開発・運営を行っています。

TBT Labは、2023年2月、メタバースやデジタルコンテンツが集う共通基盤(オープン・メタバース)を活用したジャパン・メタバース経済圏(JMEZ)創出の構想を立ち上げ、MUFGを含む国内企業10社と基本合意を締結しています。

JMEZ推進のため、経済圏創出に必要となる認証、決済、データなどの金融プラットフォーム機能の開発を進めていく計画です。

この提携により、MUFGとTBT Labグループは、メタバース経済圏の創出に向けた取り組みを加速させます。


メタバースとは、おおまかに言えばインターネット上に構築された仮想空間のことであり、大規模かつ自由度の高さを特徴としています。

メタバースには、ブラウザからアクセスできるタイプから、VRゴーグルなどの専用デバイスを使用するタイプまで、さまざまな種類が存在します。

とくにVRゴーグルを使用するメタバースでは、現実の制約を超えた空間や動作を実現できるため、ゲームや音楽ライブなどのエンターテインメント分野で注目を集めています。

さらに、ビジネスにおける活用例も模索されており、すでに仮想空間を活用した不動産の内覧やモデルハウス、大規模な商談会などで利用されており、将来的な成長が期待されています。

TBT Labは、2023年2月28日、国内企業10社と、ジャパン・メタバース経済圏の創出に向けた基本合意書を締結しました。

この構想は、ゲーミフィケーション、FinTech、ICTなど各々のテクノロジーやサービスを統合したオープンメタバース基盤を構築し、この基盤により、プラットフォーム内メタバース同士の連携や、異なるメタバースプラットフォーム同士の相互運用を可能にすることで、新たな社会インフラとして整備することを目指しています。

メタバースは時間的・物理的制約がある人でも、さまざまなサービス・体験にアクセスできるという特徴があります。その特徴から行政・福祉サービスとしての活用も考えられています。

こうした社会インフラとして機能させるには、商業利用されるメタバースとの相互利用・運用・連携などが実現されることも重要となります。

事業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーが見込める他社との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ JMEZ JP UNIVERSE MUFG TBT Lab TBT Labグループ Web3 ジャパン・メタバース経済圏 データ メタバース ログシス 三菱UFJ銀行 子会社 株式会社 決済 田畑端 認証 資本業務提携 金融プラットフォーム
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Chatwork」と「OLTA」が業務提携 「Chatwork 早期入金 powered by OLTA」をリリース
2019年12月5日、OLTA株式会社と、Chatwork株式会社は、業務提携契約を締結したことを発表しました。 これにより、Chatworkが提供するビジネス・チャット・ツール「Chatwork」に…
グロースマーケティング事業を展開する「ソルブレイン」が「三井物産」と資本業務提携
2023年4月1日、株式会社ソルブレインは、三井物産株式会社と、資本業務提携を行ったことを発表しました。 ソルブレインは、事業内外に散らばるデータを一元化・可視化し、企業が抱える経営課題を発見し解決へ…
DXの相談窓口を運営する「ユーティル」が5.4億円調達
2023年12月15日、株式会社ユーティルは、総額5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ユーティルは、Web制作に関する相談カウンター「Web幹事」、動画制作に関する相談カウンタ…
看護師のジョブマッチングアプリ「N/thestory(ジストリー)」を運営する「thestory」が1.2億円調達
2024年5月31日、株式会社thestoryは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 thestoryは、看護師のジョブマッチングアプリ「N/thestory(ジストリー)…
テレワーク人材マッチング・プラットフォーム運営の「Remoteoffer」とオンライン秘書サービス提供の「your team.」が業務提携
2020年10月16日、株式会社Remoteofferは、your team.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Remoteofferは、リモートワーク・テレワーク人材に特化したSaaS型…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】