注目のスタートアップ

iPS細胞を利用した水疱性角膜症に対する再生医療等製品開発の「セルージョン」が11億円調達

company

2022年1月7日、株式会社セルージョンは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。

「増殖性に優れるiPS細胞から角膜内皮代替細胞を効率的に作り出す技術」と「簡便な手技で属人的技術を不要とする細胞移植法」を組み合わせ、角膜移植適用症例の半数以上を占める水疱性角膜症に対する再生医療等製品「CLS001」の開発を行っています。

「CLS001」は、2021年7月にヒトでの安全性を評価する医師主導臨床研究の実施承認を得ています。準備が整い次第、慶應義塾大学病院において臨床が開始される予定です。

今回の資金は、「CLS001」の国内・海外の臨床試験の準備や、研究・組織体制の強化、後続パイプラインの研究開発に充当されます。

2006年に山中伸弥教授率いる京都大学の研究グループがiPS細胞を発表してから、16年が経過しました。

iPS細胞は万能細胞ともいわれ、患者から採取した体細胞からiPS細胞を作れば、拒絶反応のない移植用組織や臓器の作成が可能となるため、移植を希望する待機患者を救うことができると期待されています。

しかし実用化に向けた計画は想定よりも遅れており、2022年1月現在においても実用化に至ったiPS細胞関連の再生医療はありません。

もちろん研究が進んでいないわけではなく、2020年11月時点で、全国の8施設でiPS細胞を用いた臨床試験が行われています。

臨床試験はヒトでの有効性と安全性を検証するステップであるため、順調に進めば近いうちに治療法として実用化されることでしょう。

今回資金調達を行ったセルージョンは、iPS細胞を用いた水疱性角膜症の治療法を開発しています。

水疱性角膜症とは、角膜の移植以外では失明を防ぐことができない疾患であり、全世界で1,300万人以上の待機患者が存在しています。

しかしながら、角膜提供ドナーが少ないこと、角膜移植手術に高度なスキルが必要とされることなどにより、角膜移植はわずか年間約18万件しか実施されていません。

セルージョンの治療法が実用化されれば、全世界1,300万人の患者が救われることとなります。

研究開発を伴うビジネスには多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ iPS細胞 セルージョン 再生医療 医療 株式会社 角膜移植 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

特定技能外国人受入企業の申請・管理業務をサポートするクラウドサービス「SMILEVISA」提供の「CROSLAN」が3,000万円調達
2021年12月15日、株式会社CROSLANは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 特定技能外国人を受け入れる企業の申請・管理業務をサポートするクラウドサービス「SMILEV…
化粧品ECプラットフォーム「NOIN」運営の「ノイン」が資金調達
2022年3月17日、ノイン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。引受先は、アクサ生命保険株式会社です。 ノインは、化粧品ECプラットフォーム「NOIN」を運営しています。 メイクアップ術…
バーチャル・イベント/バーチャル・ポップアップ・ストア開設サービス「Vrooom」がリリース
2020年12月18日、株式会社UNIVRSは、「Vrooom(ブルーム)」の提供を開始したことを発表しました。 「Vrooom」は、バーチャル・イベントやバーチャル・ポップアップ・ストアを開設できる…
譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」提供の「Minoru」が「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」と業務提携
2020年10月9日、株式会社Minoruは、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)と業務提携することを発表しました。 Minoruは、家賃を払い続けることで最終的にはマイホームとなる、新しい住…
小売業界向けデータ活用ソリューション提供の「Flow Solutions」が1.5億円調達
2019年9月26日、株式会社Flow Solutionsは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 小売向けのストア・コミュニケーション・プラットフォーム「InSight」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ