注目のスタートアップ

小型光中継衛星を利用した光即応通信ネットワークサービスの構築を目指す「ワープスペース」と「損害保険ジャパン」が資本業務提携

company

2023年3月9日、損害保険ジャパン株式会社は、株式会社ワープスペースと、資本業務提携したことを発表しました。

ワープスペースは、中軌道において小型光中継衛星による光即応通信ネットワークサービス「WarpHub Intersat」の構築を目指しています。

このサービスは、衛星-衛星間、衛星-地上間の高速かつ大容量の通信を可能にする通信ネットワークサービスです。

2025年頃に商用1号機の打ち上げを予定しています。その後、複数基を打ち上げて衛星コンステレーションを構成し、広範囲・高頻度のサービス提供の実現を目指します。

今回の提携は、宇宙産業拡大への貢献と、宇宙テクノロジーを活用したサービス向上を目的としています。


世界の宇宙ビジネスの市場規模は、2010年に約27兆円だったものが、2019年には約40兆円にまで成長しています。また、2040年代には100兆円以上の市場規模へと成長することが予測されています。

宇宙ビジネスの成長は、打ち上げコストが低くなる超小型衛星が実現されたことが要因のひとつです。

こうした衛星の小型化により世界の人工衛星の打ち上げ数は増加しており、2011年に129機だったものが、2021年には1,809機となっています。2030年頃までには年間4,000機以上になるとも予測されています。

こうした衛星サービスをさらに普及させるには、他時間で大量の情報を安全に地上に送信する技術が必要となります。

しかし従来の電波・マイクロ波は使用できる周波数帯が逼迫化しており、通信の大容量化に限界があります。

ワープスペースは、この宇宙での通信の課題を解決するため、光通信機器を搭載した衛星を打ち上げ、地上と常時接続するネットワークシステムを構築することを目指しています。

このネットワークシステムは、3基の中継衛星を中軌道に投入することで、ほぼ常にいずれかの衛星が地上局と通信をしている状態を作り出します。

データを伝送したい衛星は、この中継衛星にデータを転送し、中継衛星を介して地上へとデータを送ることができます。

株式会社ワープスペースのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ワープスペース Chief Marketing Officer 高橋亮太氏よりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

ワープスペースは光通信によるデータ中継ネットワーク網の構築を進めているベンチャー企業です。

今回損保ジャパン様からは「資本」と「業務」の両面にて支援いただくことで、開発体制の強化や、衛星開発のための部材調達、また、昨今重要性が増すセキュリティの強化をはかっていく所存です。

また、損保ジャパン様としては私たちの中継衛星が地球中軌道というこれまで民間による使用が少なく、かつ、これから低軌道の混雑状況から利用が進むと思われる軌道におけるリスク査定などを行い、保険商品の開発などにつなげることや、損保ジャパン様の会社として目指す「お客さまが楽しみながら、健やかで幸せな人生を実現できる「安心・安全・健康のテーマパーク」に沿って、これに宇宙技術が貢献できるとの考えより、私たちの通信インフラの整備を支援することで、宇宙事業者の課題解決や、その先での社会課題の解決につなげたいという考えがあります。

・今後の展望を教えてください。

今後は中継衛星初号機となる「霊峰」の開発を、2024年から2025年にかけて目指すサービスインに向けて進めていくとともに、更に開発を進めていくための次の資金調達を実施していく予定です。

・読者へのメッセージをお願いします。

損保ジャパン様とは「安心・安全・健康」な社会を目指すことで志を共にしており、宇宙通信の革新によって衛星データの利活用の幅が広がれば、災害支援の迅速化や港湾物流の円滑化など、さまざまな社会課題の解決を実現できると考えております。

今回の提携によって私たちのビジョンの実現までまた一歩前進できたと考えており、損保ジャパン様には感謝申し上げますとともに、ここまで至るためには様々な方々のご理解やご支援なしには難しく、改めていつもご支援・ご声援をいただいている皆さまには格別の感謝を申し上げます。

今後ともどうぞ、宜しくお願いいたします。

最新技術を活用したプロダクトの開発には豊富な資金が必要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ WarpHub InterSat ネットワーク ワープスペース 中継 光中継衛星 光即応通信ネットワークサービス 宇宙 宇宙ビジネス 小型 損保ジャパン 損害保険ジャパン 株式会社 構築 衛星 資本業務提携 通信
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

日本・台湾アライアンスのEVメーカー「Lean Mobility」が台湾企業連合から28億円調達
2024年2月22日、Lean Mobility社(Lean Mobility株式会社(愛知県)と Lean Mobility Inc.(台湾))は、台湾の自動車関連企業連合から総額28億円の出資を受…
買い物代行サービス「ツイディ」運営の「ダブルフロンティア」が資金調達
2020年4月20日、ダブルフロンティア株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東芝テック株式会社です。 ダブルフロンティアは、地域密着型の買い物代行サービス「ツイディ(twid…
食に特化した事業承継プラットフォームを展開する「まん福ホールディングス」が12億円調達
2024年6月3日、まん福ホールディングス株式会社は、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 まん福ホールディングスは、食に特化した事業承継プラットフォームとして、後継者が不在にある食に…
人材紹介ビジネスに特化したクラウド求人データベース「agent bank」などを展開する「ROXX」が10億円調達
2022年11月2日、株式会社ROXXは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ROXXは、人材紹介ビジネスに特化したクラウド求人データベース「agent bank」、オンライン完結型…
会員制予防ケアサービスや法人向けオンライン診療サービスを手がける「アンドエル」が資金調達
2024年7月4日、アンドエル株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、会員制予防ケアサービス「AndL Doc」と、法人向けオンライン診療サービス「AndL Work」をリリースした…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】