起業直後の決済端末のおすすめは?決済端末の種類や価格相場などまとめて解説

決済端末のおすすめは「スマレジ・PAYGATE」 。今なら初期費用・マルチ決済端末料金ともに無料!

店舗ビジネスを起業するにあたって考えなければならないことの一つが決済手段です。昨今のフィンテックの発展で、キャッシュレス決済の選択肢は一気に多様になりました。店舗事業者はそうした消費者のニーズにどう応えるべきなのか、態度を決定する必要があります。また、実際にどのような決済端末を店舗に導入するのか、決めなければなりません。

そこで本記事では、店舗事業者に必要な決済端末の種類や価格相場、おすすめの決済端末などについてまとめてご説明します。昨今のビジネスにおいては、決済端末の違いによっても消費者の反応は違ってくるので、最適な決済端末を選択することは非常に重要です。ぜひ最後までご覧ください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

決済端末の種類

昨今、コンビニをはじめとする多くの事業者が決済端末を店舗に導入しています。それらの決済端末は主としてキャッシュレス決済に対応するためのものです。店舗での支払いにキャッシュレス決済を利用する消費者も増えてきているため、ほとんどの事業者は創業直後からキャッシュレス決済端末を導入しています。それでは、キャッシュレス決済端末にはどのような種類があるのでしょうか。

以下の5種類のキャッシュレス決済端末があります。

・電子マネー決済端末
・アプリ決済端末
・クレジットカード決済端末
・キャリア決済端末(スマホ決済端末)
・オールインワン決済端末

電子マネー、アプリ、クレジットカード、キャリアのそれぞれの決済手段をすべて実現できるのが、オールインワン決済端末です。最近ではオールインワン決済端末も安くなってきており、オールインワン決済端末を起業直後から導入する事業者も増えてきています。

決済端末の価格相場

キャッシュレス決済端末の価格相場は、それぞれの機能などによってまちまちです。

一般的には、導入費用がかかり、それぞれの決済に対して手数料が上乗せでかかる価格形態になっています。できる機能が増えるほど手数料も増えていく傾向にあるようです。

決済手数料とはまた別に月々の利用料金がかかるものもあります。

そのため、キャッシュレス決済端末の価格相場を算定するのはなかなか難しいところです。大まかに言えば、導入は無料、月額費用も数千円、手数料も3%台といったところでしょうか。

キャッシュレス決済端末機とは

キャッシュレス決済端末機とは、上記でご説明した通り、クレジットカードやアプリ、電子マネーやキャリアなど、さまざまなキャッシュレス決済に対応している決済端末機のことです。

ではそもそも、キャッシュレス決済とは何でしょうか。

キャッシュレス決済とはその名の通り、現金ではない支払い手段のことです。社会のデジタル化やフィンテックの進展、コロナ禍における接触を避ける意識の増大によって、日本社会にも一気にキャッシュレス決済が浸透しました。

もはやキャッシュレス決済を導入していない店舗事業者は、自ら好き好んで機会損失を拡大させているようなものでしょう。

オールインワン決済端末機とは

オールインワン決済端末機とは、上記の通り、クレジットカードやアプリ、電子マネーやキャッシュレスなどのすべての種類の決済機能が搭載されている決済端末機です。

昨今では多くの事業者がオールインワン決済端末機を使っているため、逆にオールインワン決済端末機を使わない事業者は不利になってしまいます。

消費者視点で考えて、できれば起業直後よりオールインワン決済端末機を導入しておきたいものです。

決済端末のおすすめ!「スマレジ・PAYGATE」

数ある決済端末機のなかでも、とりわけおすすめしたいのが今回ご紹介する「スマレジ・PAYGATE」です。「スマレジ・PAYGATE」は、すでに多くの大手企業などにも利用されているオールインワン決済端末機で、主要なクレジットカード、電子マネー、QRコード決済に対応しています。POSとの連携機能もついているため、スピーディーな決済が可能です。

決済手数料はオールインワン決済端末機でありならがお手頃の3.24%〜。また、今ならキャンペーン実施中なので、本来なら30,800円(税込)するプリンター内蔵端末代が無料。さらに、決済手数料の3.24%〜もさらにお得に契約することができます。起業直後で決済端末の導入に悩んでいるあなた。ぜひキャンペーンが終わるまでに「スマレジ・PAYGATE」を導入してみませんか。

決済端末が一つでレジ周りがスッキリ

「スマレジ・PAYGATE」を導入すれば、オールインワン決済端末機なので、決済端末を複数使わないで済みます。レジ周辺の機器は意外と大きいものが多く、何でもかんでもレジの周囲に機械を載せてしまうとお客さまがお金を支払ったり、レジにモノを持ち込んだりする際に不便です。しかし、「スマレジ・PAYGATE」を導入すれば、決済端末が一つに纏まるので、そのようなこともなくなります。

また、もともと端末が小さい上に、手のひらサイズで持ち運べるので、レジ周りが狭い場合はいつも設置しておく必要すらありません。レジの上に置いておかず、お客さまが決済するタイミングで差し出せば、より広くレジ周りを使うことができます。

主要な決済ブランドに対応

オールインワン決済端末機に求められるのは、対応しているブランドの幅広さです。その点、「スマレジ・PAYGATE」であれば問題ありません。

VISAカード・Masterカード・JCBカードはもちろんのこと、PayPayやメルカリPay、LINE Payや楽天ペイなどのキャッシュレス決済、SuicaやPasmoなどの交通系電子マネー、nanacoやWAONなどの電子マネー、さらには楽天EdyやQUICPayなど、ほとんどの主要キャッシュレス決済を網羅しています。

そのため、「オールインワン決済端末機を導入してキャッシュレス決済の需要を幅広くカバーしたい」と考えている方にとってはぴったりの決済端末機と言えます。

スマレジ専用アプリ「PAYGATE・POS」も近日公開

スマレジ専用アプリ「PAYGATE・POS」も近日公開予定です。

スマレジ専用アプリ「PAYGATE・POS」では、オールインワン決済端末一台のみで、レジ機能から決済機能までを連携し、円滑に決済まで完了させることが可能です。スマレジ・POSの商品データを、マルチ決済端末「PAYGATE Station」に表示させることができます。

上記の説明ではイメージが浮かばない方もいるかもしれませんので、実例を挙げます。

例えば、「スマレジ・PAYGATE」は持ち運びができるので、アプリと連携して使用すれば野外でのフードデリバリーでの決済端末で使うこともできますし、屋台などでの決済端末としても利用可能です。

オールインワン決済端末を導入しないデメリット

オールインワン決済端末を導入することは、メリットだらけであることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

メリットはわかったところで、逆にオールインワン決済端末を導入しないデメリットはあるのでしょうか。本項でご紹介します。

機会損失が発生する

オールインワン決済端末を導入せずとも、キャッシュレス決済に対応できるようにしておかなければ、大きな機会損失が発生してしまいます。昨今は多くの方が現金ではなくキャッシュレス決済を利用するようになってきているためです。

また、最近では現金を持ち歩かず、クレジットカードやスマホでしか決済しない方も出てきています。

オールインワン決済端末機などを導入してこうした方々のニーズを汲み取っていかなければ、大きな機会損失が発生してしまうでしょう。

また、コロナ禍明けで増えてくるだろうと思われる外国人観光客の方々も、キャッシュレス決済手段を使うことが多いです。そのため、外国人観光客も視野に入れている店舗ビジネスの場合、キャッシュレス対応は必須になります。

レジ業務に時間がかかる

オールインワン決済端末を導入していない場合には、決済処理に非常に時間がかかります。

従来のレジスターとそれぞれのキャッシュレス決済端末を併用していると、レジ業務が煩雑で仕方ありません。

しかし、オールインワン決済端末機を導入すれば、その煩雑さはなくなります。

VISAカードやMasterカードなどのクレジットカードをはじめ、PayPayや楽天ペイなどのキャッシュレス決済にも対応しているので、少なくともキャッシュレス決済対応についての業務の煩雑さは大きく減らすことができるでしょう。業務時間の効率化も実現し、働き方のホワイト化にも貢献できます。

感染症対策ができない

オールインワン決済端末を導入してキャッシュレス決済を全面的に導入することで、決済の際に現金の受け渡しが減ります。

そのため、無駄な接触を減らすことになり、感染症対策にもなるでしょう。

2022年になりコロナ禍が落ち着きつつあるとはいえ、コロナ禍が社会に残した感染症の強いインパクトはそう簡単には消えません。感染症対策に積極的な店舗を評価する消費者もまだまだ多いでしょう。

そこでオールインワン決済端末を導入することで、消費者に店舗のクリーンさをアピールするといいでしょう。

「スマレジ・PAYGATE」導入は今がお得

「スマレジ・PAYGATE」を導入するなら、今が最大のチャンスです。冒頭でもご紹介した通り、キャンペーン中の今であれば、初期費用が無料であることに加えて、本来なら30,800円(税込)するマルチ決済端末の料金が無料になります。さらに、本来3.24%〜となっている決済手数料もよりお得に利用できます。この機会にぜひ、「スマレジ・PAYGATE」を導入してみませんか。

決済端末は「スマレジ・PAYGATE」がおすすめ

店舗ビジネスを展開するのであれば必ず必要になるレジ。昨今ではキャッシュレス決済を利用する消費者が増えてきているため、キャッシュレス決済端末の導入はほとんど必須と言ってもいい状況になってきています。

なかでも、幅広くほとんどのキャッシュレス決済に対応しているオールインワン決済端末機「スマレジ・PAYGATE」の導入は一番おすすめです。「スマレジ・PAYGATE」であれば、レジ周りもスッキリ使えて、決済も楽々です。

さらに今なら、初期費用無料の上、本来なら30,800円(税込)するマルチ決済端末の料金が無料。3.24%〜の決済手数料もさらにお得になります。起業したばかりでキャッシュレス決済端末をどれにしようか迷われている方はぜひ、「スマレジ・PAYGATE」を導入してみませんか。

関連記事
店舗開業時のPOSレジにおすすめ。個人飲食店でも気軽に無料で使える「スマレジ」

(監修: 株式会社スマレジ
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ