地域農業の担い手の経営を継承した後継者向け補助金「経営継承・発展等支援事業」 11/25〆切

subsidy

一般社団法人全国農業会議所は、令和4年度「経営継承・発展等支援事業」の2次募集について発表しました。

地域農業の担い手の経営を継承した後継者が、経営継承後の経営発展に関する計画(販路の開拓、新品種の導入、営農の省力化等)を策定し、同計画に基づく取り組みを行う場合に補助金を交付します。

対象者
地域農業の担い手(中心経営体等)の先代事業者(個人事業主または法人の代表者)から経営に関する主宰権の移譲を受けた後継者(親子、第三者など先代事業者との関係は問いません)。

補助金は、上限100万円(国と市町村が1/2ずつ負担)。

応募手続き
補助金事務局である全国農業会議所の定めに基づき、市町村がこの事業による補助を受ける後継者を募集します。
詳しくは全国農業会議所のホームページをご確認ください。

農業経営の継承は、農地・機会・設備などの有形資産と、技術・ノウハウなどの無形資産を次の世代へと引き継ぐことです。

一般的なビジネスにおける事業の引き継ぎは事業承継と呼ばれており、子などの親族や、社内で育てていた幹部候補などに事業を譲ることがよく行われていました。

近年は引き継ぐことを希望する親族が減少したこともあり事業承継自体も減少していたのですが、貴重なノウハウや事業が失われてしまうことが問題となり、M&Aなどによる第三者への事業承継も増えてきています。

一方、農業においてはこの事業承継(経営継承)において大きな課題を抱えています。

農林水産省の「農業の経営継承に関する手引き」によると、業種別の後継者不在率については農林水産は他業種と比べて突出して高いというわけではありません。

一方、5年以内に経営を引き継ぐ後継者を確保している農業経営者は、24.4%で、確保していないが71.1%となっています。

さらにその確保している後継者についても親族が95.4%と、親族内承継が前提となっています。経営外部の人材に引き継ぐことを想定しているのは1.3%しかいません。

農業における親族内承継では、すでに子が専業・兼業として実家の農業に従事しているというケースが想定されており、この場合、経営者(親)はすでに経営継承にあたって必要な知識を学び終えていると思っている割合が高いと見られています。

これは、継承に必要な期間についての意識調査では、農林水産業において経営の移行期間が3年以上と答えたのは32.1%であり、他業種が45%~60%と高い割合にあることから推察されています。

実際に経営継承の段階になってトラブルが発生するというケースも多く、適切な経営継承のためには事前に準備をすることが重要です。

「経営継承・発展等支援事業」は、この経営継承を支援するための補助金です。

事業継承は、起業のひとつの方法として注目されています。しかし事業継承はゼロからの起業とはまた違ったノウハウが必要となります。創業手帳は、無料で創業コンサルティングを行っています。また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 一般社団法人全国農業会議所 事業承継 経営継承 経営継承・発展等支援事業 継承 補助金 農業
詳細はこちら

令和4年度「経営継承・発展等支援事業」

事業承継手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

植物の高温・乾燥耐性を高めるバイオスティミュラント資材を開発する「アクプランタ」が8,000万円調達
2022年6月29日、アクプランタ株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アクプランタは、植物をさまざまな環境ストレスから守るバイオスティミュラント資材を開発していま…
農業向けドローン・ソリューション提供の「スカイマティクス」がMBOと9億円の調達を実施
2019年10月1日、株式会社スカイマティクスは、総額約9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、この資金調達により、経営陣が議決権の過半数を保有します。 創業株主である三菱商事株式会社は…
公共制度・補助金の認知・申請を簡単にするチャットサービス提供の「Civichat」が1,500万円調達
2021年5月25日、株式会社Civichatは、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 公共制度を行使する際に障壁になる認知や申請の手間などの手続きを簡素化する、LINE@上のサービ…
事業継承支援などの「セレンディップ・コンサルティング」が12億円調達!
セレンディップ・コンサルティング株式会社は、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、中部地方の地方銀行や、名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー1号投資事業有限責任組合などです…
静岡県浜松市で地産地消を主とした食品卸・商品開発・販路開拓などを手がける「Yui support」が2,500万円調達
2021年10月8日は、Yui support株式会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 静岡県浜松市で、農業を通じた地方創生事業を展開しています。 具体的には、地産地消を…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ