注目のスタートアップ

「ジェイタマズ」が資金調達 インサイドセールス向けSaaS「OPTEMO」を正式リリース

company

2022年11月8日、株式会社ジェイタマズは、資金調達を実施したことを発表しました。

また、「OPTEMO(オプテモ)」を正式リリースしたことも発表しています。

「OPTEMO」は、自社アプリやWebサイトに訪問した顧客の操作画面を確認しながら、その場でコール(通話)や画面の制御を行うといった商談を始められるツールです。

これにより、顧客のすぐに話したいというニーズを満たす音声通話や、訪問した顧客の状況を確認した上での企業側からの音声通話による声がけを実現できます。

また、ジェイタマズは東北大学データ駆動科学・AI教育研究センターと共同研究を開始し、Webサイトで企業と顧客が最適なコミュニケーションを実現するためのAIの開発を開始しています。

今回の資金は、エンジニア・ビジネスサイドの採用強化、サービス拡充に向けた開発、組織体制の強化、マーケティング活動などに充当します。

コロナ禍により、従来の足で稼ぐ営業から、デジタルを活用したオンラインでの営業であるインサイドセールス(内勤営業)への転換が大きく進みました。

インサイドセールスとは、商談先に直接出向くのではなく、電話・ビデオ通話・デジタルツールによってオンラインで行う営業のことです。

集客・リード獲得において一般的なものが、Web広告やSNSを利用したLP(ランディングページ)への誘導です。

そしてLPから資料請求や問い合わせをしてくれた顧客に対して営業をかけることになりますが、入手した連絡先に連絡するまでにある程度の時間がかかるため、電話に出てもらえない、メールに返信してもらえない、日程調整が必要となるといった課題が生じています。

「OPTEMO」は、LP・Webサイトに訪問した顧客にその場ですぐにアプローチをかけることが可能であるため、これまでWebサイトに訪れてはいたが、商談にはつながっていなかったという顧客にもリーチすることができるようになります。

株式会社ジェイタマズのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ジェイタマズ 代表取締役 小池桃太郎氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

開発体制を強化し、さらにお客様へ貢献できるプロダクト、サービスへと進化するために資金調達を行いました。

採用も積極的に行っており、エンジニアはもちろん、ビジネスサイドのコアメンバーも体制を強化して事業を前へ進めていきたいと思います。

・今後の展望を教えてください。

新たなWEB体験を通じて、日本の商習慣を変えたいと思います。

まずはお客様1人1人に貢献していくことが大事だと思っています。

・読者へのメッセージをお願いします。

創業手帳は私自身が創業時にお世話になり、冊子やメディアを拝見させていただきながらここまで来ました。

まだまだ我々は進化していきたいと思っておりますので、皆さんと一緒に盛り上げていきたいと思っています。

営業は企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は満足できる営業ができないかもしれません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ OPTEMO Web接客 インサイド・セールス インサイドセールス オプテモ コミュニケーション ジェイタマズ 商談 株式会社 資金調達 通話 音声
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

新規事業に出会えるプラットフォーム運営の「Spready」が1.1億円調達
2022年1月20日、Spready株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 新規事業に出会えるプラットフォーム「Spready(スプレディ)」、相互理解サポートツー…
クラウドファンディングサービスなど運営の「READYFOR」が17億円調達
2022年7月13日、READYFOR株式会社は、総額17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 READYFORは以下のサービスを展開しています。 ・クラウドファンディングサイト「READYF…
在庫分析クラウドシステム「FULL KAITEN」提供の「フルカイテン」が2億円調達
2022年1月6日、フルカイテン株式会社は、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 在庫分析クラウドシステム「FULL KAITEN」を開発・提供しています。 日々更新される販売データ・在庫デ…
「リアルテックホールディングス」が糖鎖ナノテクノロジーを用いた迅速PCR検査法の開発・受託研究の「スディックスバイオテック」に投資を実施
2020年12月21日、リアルテックホールディングス株式会社は、株式会社スディックスバイオテックへの投資を実施したことを発表しました。 スディックスバイオテックは、糖鎖ナノテクノロジーを用いた迅速PC…
越境ECの「Inagora」が53億円調達
2020年1月10日、Inagora株式会社は、総額53億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先である、スギホールディングス株式会社の子会社である株式会社スギ薬局、CITICグループ傘下の…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ