注目のスタートアップ

EVシェアリングサービスやEV蓄電池を活用したエネルギーマネジメント事業展開の「REXEV」が6.3億円調達

company

2021年10月13日、株式会社REXEVは、総額約6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

小田原・箱根を中心としたe-モビリティ特化型シェアリングサービス「eemo(イーモ)」や、企業の電気自動車(EV)の導入や活用をトータルでサポートする事業を展開しています。

また、複数のe-モビリティの蓄電池を束ねるVPP(仮想発電所)サービスや、蓄電池の電力をほかの場所でも使えるようにするV2Xサービスの開発・実証実験を行っています。

今回の資金は、自治体や企業のEV転換を支援するソリューションサービスの開発や、EVエネルギーマネジメント技術の開発などに充当されます。

SDGs(持続可能な開発目標)が示されたことにより、世界的にクリーンなエネルギーである再生可能エネルギーの普及に向けた取り組みが推進されています。

日本においても再生可能エネルギーは普及しており、2020年の再エネ割合は20.8%になったと推計されています。

2021年10月時点で、政府は、2030年度の再エネ割合としては36~38%とする方針を示しています。

再生可能エネルギーには、太陽光、風力、地熱、バイオマスなどがあり、季節や天候によって発電量が変動するものが多いため、現時点では再生可能エネルギーのみでエネルギーを賄うのは難しいとされています。

しかし将来的にはほぼすべてのエネルギーを再生可能エネルギーに代替することが望ましく、安定供給を実現するための研究開発や実証実験を進められています。

安定供給のために有効だと考えられているのが、蓄電池を活用することです。

しかし蓄電池を単独で使用しても無駄が発生したり、足りなくなってしまうことも考えられます。

そこで発電設備や蓄電池・蓄電設備を束ね、遠隔制御することでひとつの発電所のように機能させる、VPP(バーチャルパワープラント、仮想発電所)という仕組みが考えられています。

蓄電設備のひとつとして、停車時には遊休バッテリーとなるEVの蓄電池も活用することができます。またEVの蓄電池は動かすことができるため、寒冷地や災害現場などに移動させられることもメリットです。

研究開発を主体とした事業では、成長のために豊富な資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eemo EMS EV REXEV VPP イーモ エネルギー・マネジメント シェアリング 仮想発電所 株式会社 蓄電池 資金調達 電気自動車
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ドローン販売やトレーニングなどドローン事業展開の「Drone Future Aviation」が1億円調達
2020年1月28日、株式会社Drone Future Aviationは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Drone Fundです。 海外のドローン「Griff」「YAPE…
医療通訳サービス「mediPhone」など展開の「メディフォン」が11億円調達
2022年6月30日、メディフォン株式会社は、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 医療通訳サービス「mediPhone(メディフォン)」や、健康管理SaaS「mediment(メディ…
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が80億円調達
2020年3月4日、APB株式会社は、総額約80億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」を開発・販売しています。 活物質に樹脂被覆を行い、樹脂集電体に塗布…
プリペイドカード型の福利厚生サービスを提供する「miive」が5.8億円調達
2022年7月20日、株式会社miiveは、総額5億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 miiveは、エンゲージメントを向上するEX(従業員体験)プラットフォーム「miive」(2…
事業承継促進プラットフォーム「relay」が立ち上げ 2020年春に本サイト開設予定
2020年2月13日、株式会社ライトライトは、「relay(リレイ)」の立ち上げを発表しました。 また、同日にティザー・サイトにリリースされました。 本サイトの開設は、2020年春を予定しています。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ