注目のスタートアップ

金属インクジェット印刷による低炭素プリント基板を開発・製造する「エレファンテック」が30億円調達

company

2024年3月30日、エレファンテック株式会社は、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表しました。

エラファンテックは、金属インクジェット印刷による低炭素プリント基板を開発・製造しています。

今回の資金調達により、プリント基板によるサステナブルなエレクトロニクス産業の実現に向け、事業化を推進していきます。


電子機器において不可欠な部品のひとつであるプリント基板は、絶縁体の板やシートに銅箔などの配線を施したものです。これに電子部品をはんだ付けし、電子機器に必要な機能を実装します。

一般的な基板製造方法は、基板全体を銅箔で覆い、印刷する部分を硬化させ、残りを洗い流すものです。しかし、この方法は環境負荷が高いという課題があります。

エレファンテックは、独自の金属インクジェット印刷技術を用いて、環境負荷の低いフレキシブル基板を製造・販売しています。

この金属インクジェット印刷技術により、従来の製造方法と比較して、CO2排出量を75%、水消費量を95%削減しています。また、製造工程がシンプルであるため、迅速かつコスト効率の高い製造を可能としています。

エレファンテック株式会社のコメント

このニュースを受けまして、エレファンテック株式会社よりコメントが届きました。

エレファンテック株式会社
エレファンテックは、世界中の電子回路に革命をもたらす可能性を秘めた、まったく新しい持続可能なプリント基板の製造方法を提供しています。
金属インクジェット技術を活用した独自の製法でプリント基板を生産し、CO2排出量を75%、水消費量を95%削減しました。
さらに、名古屋に設立した量産拠点では、これらの回路が既にディスプレイやセンサーなど、さまざまな用途で活用されています。


清水信哉(しみず・しんや)
エレファンテック株式会社 代表取締役社長
2014年、エレファンテック株式会社(当時社名AgIC株式会社)創業、代表取締役社長就任。
当社創業前は、2012年より、McKinsey&Companyにて製造業を中心としたコンサルティングに従事。
東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 修士課程修了

・今回の資金調達の目的は何ですか?

当社製法の環境に優しいプリント基板の普及に向け、組織拡大・量産体制構築・研究開発などへの投資を継続することです。

・今後の展望を教えてください。

量産製造するプリント基板の種類を拡大し、また生産量を拡大することで、身の回りのエレクトロニクス製品への普及・採用を進めて参ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

エレファンテック社は、今後もプリンテッド・エレクトロニクスの革新的な取り組みを通じて、持続可能な社会の実現に貢献していきたいと考えています。

事業のさらなる成長のためには戦略的な資金調達が重要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB エレクトロニクス産業 エレファンテック エレファンテック製法 ピュアアディティブ法 プリント プリント基板 フレキシブル基板 ものづくり 基板 技術 株式会社 製造 製造業 資金調達 量産化 金属インクジェット印刷 電子回路 電子回路基板
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ホームページ作成SaaS「ペライチ」が印刷・集客の「ラクスル」とアカウント連携を開始
2020年12月10日、株式会社ペライチは、運営する「ペライチ」において、2020年12月7日から、「ラクスル」とアカウント連携を開始したことを発表しました。 「ペライチ」は、プロがデザインしたテンプ…
譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」提供の「Minoru」が「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」と業務提携
2020年10月9日、株式会社Minoruは、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)と業務提携することを発表しました。 Minoruは、家賃を払い続けることで最終的にはマイホームとなる、新しい住…
空飛ぶクルマ開発の「SkyDrive」が15億円調達
2019年9月30日、株式会社SkyDriveは、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸を特徴としている、空飛ぶクルマ“電動垂直離着陸型無操縦者航…
不動産による資産形成をクラウドで支援する「ヤモリ」が5,000万円調達
2021年6月8日、株式会社ヤモリは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産オーナー向けクラウド不動産経営管理サービス「大家のヤモリ」や、管理会社向けクラウド不動産オーナー…
女性専用フィットネスブティックスタジオを運営する「LIFE CREATE」が9.2億円調達
2023年3月28日、株式会社LIFE CREATEは、総額9億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 LIFE CREATEは、女性向けの目的型フィットネスブティックスタジオを4ブラ…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】