ホテルの空き部屋を活用した旅行の行き先がランダムに決まる宿泊予約サイト運営の「Xtraveler」が資金調達

company

2021年6月30日、学校法人武蔵野大学は、株式会社Xtravelerが資金調達を実施したことを発表しました。

Xtravelerは、武蔵野大学において2021年4月に新たに開設されたアントレプナーシップ学部1年生の関根康太氏が代表取締役、データサイエンス学部1年生の山野一樹氏が最高技術責任者を務めるスタートアップです。

シリコンバレーで社会課題解決のビジネスモデルに取り組む半年間の人材育成プログラム「Hitachifrogs」に参加し、プログラム期間中に創業しました。

2021年6月現在、ホテルの空き部屋を有効活用するため、ガチャガチャによって(ランダムで)旅行の行き先が決まる予約サイトを開発しています。

ホテル・旅館の空室対策と、おもしろい旅の提供を両立させることを目指しています。

観光庁の「令和2年版観光白書」によると、2019年の客室稼働率は全体で62.1%となっており、約4割が空室であることが明らかになっています。

また、東京都と大阪府の客室稼働率はそれぞれ79.7%と79.5%と高い水準であり、地方の宿泊施設ほど客室稼働率が悪く、地方への旅行と宿泊体験の充実が課題となっていることがわかります。

地方観光の課題には様々なものがあり、たとえば観光地が駅・空港から遠く2次交通を必要とするが2次交通が不便であることや、地方の情報発信力の弱さ、受け入れ体制の整備の遅れなどが挙げられます。

地方観光の課題は複合的であるため、Xtravelerなどがどのように解決を目指すのか注目が必要です。

大きな課題を解決するビジネスは、ビジネスとして成立させるためにハードルがあることも少なくなく、継続的な資金を必要とします。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Hitachifrogs Xtraveler サイト ホテル 予約 宿泊 旅行 株式会社 武蔵野大学 活用 空室 観光 資金調達 部屋
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Gunosy」創業者の福島氏がブロックチェーン技術の「LayerX」をMBO
2019年7月12日、株式会社Gunosyは、子会社である株式会社LayerXを、創業者の福島良典氏にマネジメント・バイ・アウト(MBO)で事業譲渡することを発表しました。 また、AnyPay株式会社…
チャットボット・サービスの「tripla」が2.5億円調達!
平成30年8月7日、tripla株式会社は、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 観光事業者向けに特化したチャットボット・サービス「triplaチャットボットサービス」を展開…
ドローン・パイロット育成などドローン関連事業展開の「SKYESTATE」が資金調達
2019年11月29日、SKYESTATE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サンフロンティア不動産株式会社です。 ドローン・パイロットの育成事業や、ドローンを活用した動画制…
SNS営業自動化の「チャットブック」が1億円調達
2019年12月17日、株式会社チャットブックは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SNS営業を自動化してくれる顧客獲得システム「ChatBook」を運営しています。 国内外有数のC…
ライフ・プランニングなどFinTechサービス展開の「MILIZE」が3.3億円調達
2019年12月2日、株式会社MILIZEは、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 保険証券電子化アプリ「miruho(ミルホ)」や、ライフ・プランニングと資産負債管理の統…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ