注目のスタートアップ

浮体式垂直軸型洋上風車を開発する「アルバトロス・テクノロジー」が1億円調達

company

2022年9月14日、株式会社アルバトロス・テクノロジーは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

アルバトロス・テクノロジーは、浮体式垂直軸型洋上風車(Floating Axis Wind Turbine: FAWT)を開発しています。

浮体式洋上風車とは、海面に土台を浮かべ、その上に風車を建てるという風力発電設備です。

アルバトロス・テクノロジーの浮体式垂直軸型洋上風車は、浮体自体も回転するというコンセプトの風車です。

海水自体が風車の軸受となり、最大で20度の傾きを許容するため、強風下でも安定した稼働が可能です。

さらに、風車部分は低コストで製造でき、組立・設置についてもクレーンを使わないため安価となっています。

従来の水平軸型の風車と比べ、設備費用を半分近くに削減し、保守・運転維持の削減も見込んでいます。

今回の資金は、小型海上実験機の設計・開発に充当します。

複数の大手電力会社と海運会社との連携によって小型実験機を製作し、2024年度に海上実験を開始する予定です。

風力発電は、太陽光発電と違って夜間でも発電可能であることや、環境負荷の低さが注目されており、欧州では主流な再生可能エネルギーとなっています。

日本においても風力発電の可能性が模索されていますが、日本の国土は欧州よりも風が弱く安定的ではないことから、風力発電の効率が悪いということが課題となり導入が進んでいません。

海上は風を遮るものがないため、陸よりも強い風が吹くのですが、国内は海底に土台をつくれるような遠浅の海が少ないという課題がありました。

そのため日本では水深が深い海でも設置が可能な浮体式洋上風車が必要です。

一方で、浮体式洋上風車は製造・設置・保守にコストがかかることから採算性が悪いという課題を抱えています。

アルバトロス・テクノロジーは、従来型の浮体式洋上風車よりもコストの削減を実現する浮体式垂直軸型風車(FAWT)により、国内において洋上風力発電を実現することを目指しています。

さらに既存の浮体式洋上風車は海外のスタートアップが手掛けており、材料・部品などは海外から調達しなくてはならず、国内の製造業に還元できません。

しかしアルバトロス・テクノロジーは地域経済にも貢献するため、風車・発電機を含めて高い国内調達率を実現しています。

前人未到のプロダクトの開発には多くの資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、ベンチャー・キャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FAWT Floating Axis Wind Turbine アルバトロス・テクノロジー 再生可能エネルギー 株式会社 洋上風力発電 浮体式垂直軸型洋上風車 浮体式洋上風車 資金調達 風力発電 風車
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ライブ配信関連事業展開の「ライバー」が2億円調達
2020年2月20日、株式会社ライバーは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 自社プラットフォームを持たず、クリエイターの企画・運営や、多数プラットフォームや関連企業との連携によりライ…
時間管理ツール「TimeCrowd」提供の「タイムクラウド」が2,550万円調達
2021年4月14日、タイムクラウド株式会社は、総額2,550万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ニューノーマルな働き方に対応した時間管理SaaS「TimeCrowd」を提供しています。 労…
リファラル×エンジニアで切り込めるか エンジニア同士で仕事紹介できるサービス運営の「Re:Build」が3,000万円調達
株式会社Re:Buildは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンジニア同士で仕事紹介できるサービス「Tadoru」を運営しています。 システム開発を依頼したい企業が、“タ…
お魚サブスク「Fishlle!」展開の「ベンナーズ」が3,200万円調達
2022年1月17日、株式会社ベンナーズは、総額3,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 お魚のサブスクリプションサービス「Fishlle!(フィッシュル)」を運営しています。 魚のフー…
「Lbose」運営の新規事業開発チーム「ATTEND biz」が「ヒトバデザイン」と共同で働く場所の記録共有サービスをスタート
2021年1月18日、株式会社Lboseは、運営する新規事業開発チーム「ATTEND biz(アテンドビズ)」と、株式会社ヒトバデザインが共同で、「SMART WORK KIT(スマートワークキット)…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ